ピエールフィット=シュル=セーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pierrefitte-sur-Seine
Blason ville pierrefitte.svg
Mairie de Pierrefitte-sur-Seine.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=サン=ドニ県
(arrondissement) サン=ドニ小郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 93059
郵便番号 93380
市長任期 ミシェル・フルカード
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) communauté d'agglomération Plaine Commune
人口動態
人口 28,338人
2007年
人口密度 8 310人/km²
住民の呼称 Pierrefittois
地理
座標 北緯48度57分56秒 東経2度21分41秒 / 北緯48.9655555556度 東経2.36138888889度 / 48.9655555556; 2.36138888889座標: 北緯48度57分56秒 東経2度21分41秒 / 北緯48.9655555556度 東経2.36138888889度 / 48.9655555556; 2.36138888889
標高 平均:m
最低:37 m
最高:97m
面積 3.41km² (341ha)
Pierrefitte-sur-Seineの位置
Pierrefitte-sur-Seine
公式サイト site web de la mairie de Pierrefitte-sur-Seine
テンプレートを表示

ピエールフィット=シュル=セーヌPierrefitte-sur-Seine)は、フランスイル=ド=フランス地域圏セーヌ=サン=ドニ県コミューン

地理[編集]

17世紀のカッシーニ地図に書かれたピエールフィット

ピエールフィットはサン=ドニの北にあり、N1道路でパリからおよそ10km離れている。コミューンは主としてペイ・ド・フランス地方に含まれるが、北西の境界はパリ盆地の侵食されたケスタであるビュット=パンソン(fr)の裾野にあたる。

地図上では小さな河川の存在が認められるが、数世紀にわたる洪水の危機回避のため土地が干拓されたことにより、多くは埋め立てられた。1964年7月、かつてのセーヌ県とセーヌ=エ=オワーズ県が再編され、セーヌ=サン=ドニ県が誕生し、ピエールフィットも後者に含まれた。

交通[編集]

  • 鉄道 - RER D線ピエールフィット=スタン駅。パリメトロ13号線がコミューンの東端を通る。
  • 道路 - A1、A15、A86、N1、N301、N16

歴史[編集]

20世紀初頭のピエールフィット

ピエールフィットという名は、ラテン語のPetra ficta、Petra fritaまたはPetra fixa(固い、または凍った土地の上のメンヒル)から派生した。

9世紀からこの土地はサン=ドニ修道院の所有で、百年戦争中の15世紀には一部が破壊された。18世紀のピエールフィットは、農民と、ビュット=パンソンの麓で漆喰用の石膏を取り出す石切り場人夫がいる村だった。

1856年、パリ=クレイユ間の鉄道がピエールフィットを通ることになった。これにより、ピエールフィットは裕福なパリ住民のための小さな余暇地となっていった。普仏戦争では砲撃で町が荒廃した。

1896年当時、町には2468人が暮らしていた。彼らの経済活動は主として2つの会社、一つは40人を雇用するカーテン製造会社、もう一つは30人が働く鉄道部品会社に依存していた。加えて食料品卸売り会社があった。農業は野菜栽培と草花の育苗がワイン製造に替わって中心となり、ワイン用ブドウ栽培は徐々に消滅した。

画家モーリス・ユトリロは、幼少時代をピエールフィットの祖母の元で育てられた。

姉妹都市[編集]