14区 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリ・14区の位置

パリ14区 (14く、14e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである [1]。第14区、パリ14区ともいう。市の南部にあり、セーヌ川の南側に位置している。

概要[編集]

パリの14区は、13区とともに、市の南部にある行政区。「オプセルヴァトワール区 (Arrondissement de l'Observatoire)」と呼ばれることもある [2]セーヌ川の南の地域にある。南には、ペリフェリック (パリ環状道路)に沿う形で市の境界線が敷かれており、南東はヴァル=ド=マルヌ県に、南東以外はオー=ド=セーヌ県に接している。人口は、132,844人 (1999年。人口の推移等詳細については後述)。

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその14番目にあたることから、「14区」と名づけられた。14区の北部を中心に、6区7区15区の一部にかけての地域はモンパルナスと呼ばれ [3]モンマルトルとともに芸術の街として世界的に名が知られており、高村光太郎藤田嗣治ら、日本人の芸術家たちも多く集まった [4]。また、区内には、パリ天文台モンスーリ公園モンパルナス墓地などがある。

地理[編集]

14区は、13区とともに、パリ南部に位置している。セーヌ川の南の地域にある [5]。面積は、5.62 平方キロメートル。

北は、同じパリの行政区である6区に接しているが、北東の一部は5区に接している。南は、ペリフェリック (パリ環状道路)に沿う形でパリ市の境界線が敷かれ、ヴァル=ド=マルヌ県オー=ド=セーヌ県の各自治体、南東はジャンティイ、南はモンルージュ、南西はマラコフに接している。東は13区に接し、西は15区に接している。

地区(カルチェ)[編集]

パリの行政区は、それぞれ4つの地区(カルチェ)に区分されている。14区を構成する4地区のコードと名称は、次のとおりである。

住民[編集]

人口[編集]

14区の人口は、1954年に181,414人となり、ピークに達した。しかし、その後は減少を続け、1999年にはピーク時の7割程度の132,844人となった。2005年の推計では134,700人と見積もられており、人口の回復が見込まれている。

また、人口の減少とともに人口密度も減り続けており、1999年の人口密度は、ピーク時の7割程度の23,634人となっている。人口の推移の詳細は、次のとおりである。

区人口 市人口 区人口/市人口 区人口密度 市人口密度 備考
1872年 69,611 1,851,792 3.76% 12,384 21,303
1954年 181,414 2,850,189 6.36% 32,274 32,788 人口がピークに達する。
1962年 178,149 2,790,091 6.39% 31,693 32,097
1968年 167,093 2,590,771 6.45% 29,727 29,804
1975年 149,137 2,299,830 6.48% 26,532 26,457
1982年 138,596 2,176,243 6.37% 24,657 25,035
1990年 136,574 2,152,423 6.35% 24,297 24,761
1999年 132,844 2,125,246 6.25% 23,634 24,449
2005年 134,700 2,166,200 6.22% 23,964 24,920 人口は推計。

歴史[編集]

政治・行政・司法[編集]

主な官公庁・公共機関[編集]

経済[編集]

主な店舗・商業施設[編集]

安全[編集]

警察等[編集]

健康・福祉[編集]

保健・医療[編集]

生活[編集]

上水道[編集]

墓地等[編集]

学術・研究[編集]

研究施設[編集]

教育[編集]

その他[編集]

  • 国際大学都市 (シテ・アンテルナシオナル・ユニヴェルシテール・ド・パリ、Cité Internationale Universitaire de Paris

文化施設[編集]

美術館・博物館[編集]

映画館・劇場[編集]

宗教施設[編集]

教会・寺院[編集]

観光・憩い[編集]

建築[編集]

公園・緑地等[編集]

旧跡・記念碑等[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

高速道路・有料道路[編集]

道路[編集]

広場・交差点[編集]

パリの「広場 (プラス、Place)」は、しばしば2以上の道路が交差する場所に位置し、中心の「島」を道路が周回するロータリー状の交差点となっている場合が多い。中心の「島」部分は、オベリスク緑地等に利用されている場合もあり、凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場は世界的に有名である。14区の広場や交差点には、次のようなものがある。

著名な居住者[編集]

学者[編集]

  • 河上肇 (経済学者)
    • 1914年、パリでの下宿先を探していた河上肇は、同時期のパリに下宿していた島崎藤村の世話で、グランド・オテル・ド・ポール=ロワイヤル (ポール=ロワイヤル大通りBoulevard de Port-Royal) 117番地)に滞在した。道路を挟んだ反対側には島崎藤村の滞在先(5区)があり、河上肇の部屋からはその部屋の明かりが確認できたという [11]

文化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


  1. ^ フランス語の 「14e 」 = 「quatorzième 」 は、英語の「fourteenth 」 に相当する序数。「第14の」 「14番目の」を意味する。したがって、原語の「14e arrondissement 」を直訳すると「第14区」となる。
  2. ^ レジフランスLégifrance). “地方自治一般法典 (Code Général des Collectivités Territoriales (CGCT))” R2512-1条. 2008年6月26日閲覧.
  3. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、p.282.
  4. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、p.283.
  5. ^ セーヌ川左岸の地域にあたる。
  6. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、pp.294-295.
  7. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007~2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、p.282.
  8. ^ JTBパブリッシング編 『ワールドガイド ヨーロッパ2・パリ』、JTBパブリッシング、2006年、p.185.
  9. ^ 1911年アポリネールは、モナ・リザ盗難事件の容疑者として収監された(のちに無罪が証明され、釈放)。また、1923年大杉栄は、メーデーで演説して逮捕され、この刑務所に収監された(のちに追放処分)。和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、p.321.
  10. ^ 福井憲彦稲葉宏爾 『世界歴史の旅 パリ 建築と都市』、山川出版社、2003年、p.170.
  11. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、pp.293, 305.
  12. ^ 朝日晃野辺山暁治 『とんぼの本 佐伯祐三のパリ』、新潮社、1998年、p.93.
  13. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、pp.302-303.
  14. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、pp.306-307.
  15. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、pp.310-311.
  16. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、pp.312-313.
  17. ^ 和田博文真銅正宏竹松良明宮内淳子和田桂子 『パリ・日本人の心象地図 1867-1945』、藤原書店、2004年、p.318.

参考文献[編集]

  • MICHELIN編、『Plan Atlas 56 – Paris du Nord au Sud – 』、ISBN 978-2-06-710591-1、MICHELIN、2007年 (仏語。パリ市内の詳細地図。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]