フランシス・ピカビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ピカビア

フランシス=マリー・マルティネス・ピカビア(Francis-Marie Martinez Picabia, 1879年1月22日 - 1953年11月30日)は、20世紀前半の画家詩人美術家

パリキューバ大使とフランス人の間に生まれ、1913年アーモリーショー以降アメリカとヨーロッパを行き来した。1945年にはパリに戻り、最後はパリにて没す。74歳没。モンパルナス墓地に埋葬されている。

横尾忠則はピカビアに私淑し、ピカビアの作品をモチーフにした作品を制作している。

時期により、その作品のスタイルがめまぐるしく変わったことでも有名。主たるスタイルとその時期は、以下のとおり。

  • 印象派の時代(1902-1909)
  • フォーヴキュビスムオルフィスムの時代(1909-1914)
  • 機械の時代(1915-1924)
  • ダダの時代(1915-1924):ニューヨーク・ダダのメンバーでもあった
    • 「機械の時代」と「ダダの時代」をひとまとめにする考え方もある
  • 怪物の時代(1924-1927)
  • 透明の時代(1927-1932)
  • 模索の時代(1932-1939)
  • 具象の時代(1940-1944)
  • 抽象の時代(非具象の時代)(1945-1951)

大のカーマニアであり、生涯に自動車を127台も買い換えた逸話が残っている[1]

日本における主要な展覧会[編集]

  • ピカビア展・百の顔をもつダダイスト(西武美術館、1984年)
  • 疾走するダダイスト・ピカビア展(伊勢丹美術館・いわき市立美術館・近鉄アート館、1999年-2000年)
    • (注)展覧会カタログには、雑誌『391』の復刻版が付録でついている

日本語の主要文献[編集]

  • 上記各展覧会の展覧会カタログ
  • ユリイカ1989年9月号・<特集>ピカビア--生成変化するダダイスト

脚注[編集]

  1. ^ 1999年、伊勢丹博物館で開催されたピカビア展の広告より

関連項目[編集]