オルフィスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オルフィスム(オルフィズム。Orphism, Orphisme)とは、キュビスムの影響を受けた、フランスにおける絵画の一傾向の呼称。

その傾向は、ピカソジョルジュ・ブラックのキュビスム作品における抽象化をより押し進め(一部には、抽象絵画といってもいいような作品も含まれる)、一方で、2人の作品では(一時)失われた色彩を自由に使った華麗な作品となっている。

具体的な画家としては、諸説あるものの

などがあげられる。シンクロミズムに属する画家を含める考え方もある。(上記のうち、特に、ドローネーとクプカが、最も抽象化の方向を押し進めた。)

この呼び名は、ピュトー・グループの一部の作家の作品等を指して、1912年ギョーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire; 1880年-1918年)が呼んだことにはじまる。オルフィスムという言葉の由来は、ギリシャ神話のオルフェウス(竪琴の名手。Orphée)にあり、アポリネールは、この傾向に属する作品の色彩の豊かさを、「音楽」に託して比喩的に示そうとしたといわれる。

オルフィスムの終わりは、1914年ごろとされている。

オルフィスムについては、作家または作品に必ずしも共通性がなく、ジャンル分けとして余り意味や必要がないのではないか、という批判も強く、キュビスムに解消してしまう論者もいる。

関連項目[編集]