オルペウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オルペウス古希: Ὀρφεύς, Orpheus, フランス語: Orphée)は、ギリシア神話に登場する吟遊詩人であり、古代に隆盛した密儀教であるオルペウス教の始祖とされる。

日本語では、オルフェウス、時にフランス語での発音の影響から、オルフェとも表記される。

冥府のオルペウス

概説[編集]

アポロドーロスによれば、ムーサイのひとりカリオペーオイアグロスの子として、ただし名義上の父親はアポローン神として、オルペウスは生まれたとされる[1]。またオルペウスの父はトラーキア王であったともされ、グレイヴズはオイアグロスをトラーキア王としている[2]。竪琴の技はアポローンより伝授されたともいう。その技は非常に巧みで、彼が竪琴を弾くと、森の動物たちばかりでなく木々や岩までもが彼の周りに集まって耳を傾けたと言われる。

冥府くだり[編集]

詩人とエウリュディケー
オルペウスの頭部

オルペウスの妻エウリュディケーが毒蛇にかまれて死んだとき、オルペウスは妻を取り戻すために冥府に入った。彼の弾く竪琴の哀切な音色の前に、ステュクスの渡し守カローンも、冥界の番犬ケルベロスもおとなしくなり、冥界の人々は魅了され、みな涙を流して聴き入った。ついにオルペウスは冥界の王ハーデースとその妃ペルセポネの王座の前に立ち、竪琴を奏でてエウリュディケーの返還を求めた。オルペウスの悲しい琴の音に涙を流すペルセポネに説得され、ハーデースは、「冥界から抜け出すまでの間、決して後ろを振り返ってはならない」という条件を付け、エウリュディケーをオルペウスの後ろに従わせて送った。目の前に光が見え、冥界からあと少しで抜け出すというところで、不安に駆られたオルペウスは後ろを振り向き、妻の姿を見たが、それが最後の別れとなった[3]

アルゴー探検隊[編集]

オルペウスは、イアーソーン率いるアルゴー船探検隊(アルゴナウタイ)にもヘーラクレースらとともに加わった。人間を歌で誘惑し殺害する女魔物セイレーンに歌合戦を挑み一座を鼓舞、無事に海峡を渡った。このとき、ただ1人テレオーンの子ブーテースのみが誘惑に負けて命の危機に陥ったが、アプロディーテーが彼を奪ってリリュバイオンに住ませた[4] [5]

オルペウスの死[編集]

妻を失ったオルペウスは女性との愛を絶ち、オルペウス教を広め始めた。ディオニューソストラーキアに訪れたとき、オルペウスは新しい神を敬わず、ただヘーリオスの神(オルペウスは、この神をアポローンと呼んでいた)がもっとも偉大な神だと述べていた。これに怒ったディオニューソスは、マケドニアのデーイオンで、マイナス(狂乱する女)たちにオルペウスを襲わせ、マイナスたちはオルペウスを八つ裂きにして殺した[6]

マイナスたちはオルペウスの首をヘブロス河に投げ込んだ。しかし首は、歌を歌いながら河を流れくだって海に出、レスボス島まで流れ着いた。オルペウスの竪琴も、レスボス島に流れ着いた[7]。島人はオルペウスの死を深く悼み、墓を築いて詩人を葬った。以来、レスボス島はオルペウスの加護によって多くの文人を輩出することとなった。また、彼の竪琴はその死を偲んだアポローン(一説にはアポローンの懇願を受けたゼウス)によって天に挙げられ、琴座となった。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス 『ギリシア神話』 一巻 III 2
  2. ^ グレイヴズ 『ギリシア神話』 28章a
  3. ^ ibid. 28章c
  4. ^ アポロドーロス 『ギリシア神話』 一巻 IX 16
  5. ^ ibid. IX 25
  6. ^ グレイヴズ 『ギリシア神話』 28章d
  7. ^ ibid. 28章d, g

参考書籍[編集]

  • アポロドーロス 『ギリシア神話』 岩波書店
  • ロバート・グレイヴズ 『ギリシア神話』 一巻本 紀伊國屋書店
  • 呉茂一 『ギリシア神話』 新潮社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]