フランティセック・クプカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
František Kupka, ca 1928

フランティセック・クプカまたはフランチシェク・クプカ(František Kupka, 1871年9月23日 - 1957年6月24日)は、20世紀の画家。抽象絵画・非具象絵画の最初期の作家の1人。遅くとも、1911年から1912年にかけて制作された抽象作品が存在する。フランチセック・クプカと表記する場合もある。

オーストリア=ハンガリー帝国領東ボヘミア(現チェコ)のオポチノに生まれ、パリ郊外のピュトーにて没する。

ウィーンの美術アカデミーで学ぶ。初期には、幻想的な具象絵画を制作している。その後パリに移り、具象絵画から、キュビスムの影響を受けて次第に抽象化が進み、1911年から1912年ごろには完全な抽象絵画に至った。1910年代、1920年代は、カラフルで有機的な抽象作品であったが、1931年には、アプストラクシオン・クレアシオンの主要メンバーともなり、1930年代には、幾何学的傾向が強まっていった。

一般に、オルフィスムの画家に分類されることが多い。

日本における主要な展覧会[編集]

日本語の主要文献[編集]

  • 上記展覧会の展覧会カタログ

関連項目[編集]