ウラジーミル・マヤコフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル・マヤコフスキー
Влади́мир Влади́мирович Маяко́вский
Mayakovsky 1912.jpg
誕生 1893年7月19日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国バクダジ
死没 1930年4月14日(満36歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
職業 詩人
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ジャンル 戯曲
文学活動 ロシア・アヴァンギャルド
代表作 『革命賛歌』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
妻のリーヤと

ウラジーミル・ウラジーミロヴィッチ・マヤコフスキーВлади́мир Влади́мирович Маяко́вский1893年グレゴリオ暦7月19日ユリウス暦7月7日 - 1930年4月14日)は、20世紀初頭のロシア未来派ロシア・アヴァンギャルド)を代表するソ連詩人

生涯[編集]

両親共にコサックの出で、グルジアで生まれる。1906年に父親が亡くなると、家族と共にモスクワに移住。そこでマルクス主義文学に傾倒するようになり、またロシア社会民主労働党に加わるようになる。その後ボリシェヴィキのメンバーとなるが、このため3回逮捕される。投獄中に詩作を始め、バイロンシェイクスピアトルストイアンドレイ・ベールイコンスタンチン・バリモントなどを読む。釈放後モスクワ絵画・彫刻・建築学校に入学。数年後に政治活動を問われて中退するものの、そこで後にロシア・アヴァンギャルドを担う芸術家たちと邂逅することになる。

1912年に処女詩集『社会の趣味への平手打ち』を出版、その中に所収された「夜(Ночь)」「朝(Утро)」は政治的なメッセージを持ち学校を中退する原因となる。1915年リーヤ・ブリックロシア語版英語版と結婚。第一次世界大戦では兵役に志願するも断られ軍の自動車学校に勤務、十月革命を目撃し赤軍に参加した水兵を鼓舞する「左翼行進曲」を発表する。マヤコフスキー以前のロシア詩は、シラボ・トニック韻律法が盛んだったが、マヤコフスキーは別のリズムを作り出し、日常語や俗語、奇抜な言葉づかいを導入した。

マヤコフスキーの手がけたポスター
「寒いのは嫌だろう。飢えたくもないだろう。食ってみたいだろう。一杯飲りたいだろう。──だから直ぐにでも突撃作業班(ウダルニク)に加われ」というコピーがマヤコフスキーの作

革命後は風刺劇『奇怪なる喜劇』(1918年)で好評を博し、共産党のプロパガンダポスターの制作にも関与。評論や映画シナリオも書いた。

1923年芸術左翼戦線(レフ)を結成し、ソ連初期の芸術界をリードした。だが、ヨシフ・スターリンが主導権を握ると共に彼も体制に幻滅感を抱き始め、1930年にモスクワの仕事場でピストル自殺を遂げた。

主な著作[編集]

[編集]

  • 「夜」「朝」
  • 「革命賛歌」
  • 「左翼行進曲」
  • 「愛」
  • 「背骨のフルート」
  • 「ハラショー」
  • 「同志レーニンとの会話」
  • 「声をかぎりに」(未完)

など

戯曲[編集]

  • 『奇怪なる喜劇』

論文[編集]

  • 「詩はいかにつくるべきか」

出典・参考文献[編集]

  • 『マヤコフスキー詩集』 草鹿外吉訳、飯塚書店、1968年。
  • 草鹿外吉 『ジュニア版 世界の詩人 ロシア・ソビエト』 さ・え・ら書房、1972年。
  • コロスコフ著 斎藤一枝・斎藤洋太郎訳 『共産主義のためのたたかいにおけるマヤコフスキー』 原著1958年、翻訳、光陽印刷、1989-1991年。
  • マヤコフスキー叢書『ズボンをはいた雲』 小笠原豊樹訳、入沢康夫序文、土曜社、2014年
  • マヤコフスキー叢書『悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー』 小笠原豊樹訳、土曜社、2014年予定
  • マヤコフスキー叢書『背骨のフルート』 小笠原豊樹訳、土曜社、2014年予定

外部リンク[編集]