モイズ・キスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モイズ・キスリング
モイズ・キスリングの肖像(アメデオ・モディリアーニ作)
本名 モイジェシュ・キスリング(Mojżesz Kisling)
生誕 1891年1月22日
ポーランドの旗 ポーランドクラクフ
死去 1953年4月29日(62歳)
フランスの旗 フランスヴァール県サナリー・シュル・メール
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
分野 エコール・ド・パリ
テンプレートを表示

モイズ・キスリング(Moïse Kisling、1891年1月22日 - 1953年4月29日)は、エコール・ド・パリ(パリ派)のポーランド人画家

キスリングは、20代後半には画家として成功し、パリ派の陽気で面倒見の良いリーダーだった。「モンパルナスの帝王」とも呼ばれた。自殺したパスキン、アルコール中毒のモディリアーニユトリロなど破滅型のイメージの強いエコール・ド・パリの画家たちの中では珍しく幸福な生涯を送った画家である。

スイスジュネーヴプティ・パレ美術館に、世界最大のコレクションがある。

生涯[編集]

1891年1月22日ポーランドクラクフユダヤ人として生まれる。地元クラクフの美術学校で、印象派の影響を受けたユゼフ・パンキエヴィッチに師事する。

1910年、19歳でパリに出て、モンマルトルで画家として本格的に絵を描き始める。

1912年ピカソブラックらの活動拠点モンマルトルのバトー・ラヴォワール(洗濯船)に移り住む。 同年、サロン・ドートンヌアンデパンダン展に出品。

1919年、ギャルリー・ドリュエにて個展を開催。 好評を博し1920年代には画家として成功する。

第一次世界大戦では、自ら志願して外人部隊に従軍。ソンムの戦いで重傷を負い、兵役を解かれてスペインで療養する。その功績により1916年にフランス国籍を得る。

第二次世界大戦勃発後、再び志願して従軍するがフランス降伏後にアメリカに亡命し、ニューヨークワシントンD.C.で展覧会を開いた後にカリフォルニアに居を定めた。終戦後の1946年、フランスに戻る。

1953年4月29日、南フランスヴァール県の港町サナリー・シュル・メールにて没。同県のラ・ヴァレット=デュ=ヴァールのラ・ヴァレット墓地に埋葬されている[1]