クラクフ大公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラクフ大公国
Großherzogtum Krakau
Wielkie Księstwo Krakowskie
クラクフ共和国 1846年 - 1918年 ポーランド第二共和国
クラクフ大公国の国旗 クラクフ大公国の国章
(国旗) (国章)
クラクフ大公国の位置
公用語 不明
首都 クラクフ
大公
1846年 - 1848年  フェルディナント1世
1848年 - 1916年  フランツ・ヨーゼフ1世
1916年 - 1918年  カール1世
変遷
クラクフ蜂起(成立) 1846年11月16日
アウスグライヒ 1867年
サン=ジェルマン条約(独立) 1910年9月10日

クラクフ大公国(クラクフたいこうこく、ポーランド語: Wielkie Księstwo Krakowskie)またはクラカウ大公国ドイツ語: Großherzogtum Krakau)は、1846年11月16日クラクフ共和国オーストリア帝国に併合された後、創設された。クラクフ大公の称号は1846年から1918年までオーストリア皇帝の正式な称号の1つだった。ワルシャワ公国の残った部分であるクラクフ共和国は、ウィーン会議の結果として機能的に独立した保護領とされた。不成功に終わったクラクフ蜂起によって、オーストリアに併合されるまで、共和国はプロイセン王国、オーストリア帝国、ロシア帝国の三国の影響を受けていた。同時に、ガリツィアブコヴィナを含むオーストリアの管理国の正式名称は「オシフィエンチム公国ザトル公国を含むクラクフ大公国と、ガリツィア・ロドメリア王国」に変えられた。これらの国々は、正式には別々で、それぞれ異なった国章と国旗があった。しかし管理目的のため、1つの行政区画となった。公国には地方自治(Komisja Gubernialna)があった。