ラ・ヴァレット=デュ=ヴァール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
La Valette-du-Var
Blason ville fr La Valette-du-Var (Var).svg
La Valette du Var - 13.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) ヴァール県
(arrondissement) トゥーロン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 83144
郵便番号 83160
市長任期 クリスティアーヌ・ウンメル
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération Toulon Provence Méditerranée
人口動態
人口 21 439人
2008年
人口密度 1 383人/km²
住民の呼称 Valettois
地理
座標 北緯43度08分18秒 東経5度58分59秒 / 北緯43.1383333333度 東経5.98305555556度 / 43.1383333333; 5.98305555556座標: 北緯43度08分18秒 東経5度58分59秒 / 北緯43.1383333333度 東経5.98305555556度 / 43.1383333333; 5.98305555556
標高 平均:m
最低:37 m
最高:701 m
面積 15.5km² (1 550ha)
La Valette-du-Varの位置(フランス内)
La Valette-du-Var
La Valette-du-Var
公式サイト www.lavalette83.fr
テンプレートを表示

ラ・ヴァレット=デュ=ヴァールLa Valette-du-Var)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ヴァール県コミューン

地理[編集]

トゥーロン都市圏に属し、トゥーロンの西に位置する。

ファロン山やクードン山のふもとにひろがる、現在は高度に都市化された小さな肥沃な谷に位置する。

歴史[編集]

銅器時代青銅器時代にはすでに山中の洞窟に人が定住していた。ローマ侵攻前にリグリア人がオッピドゥムをつくっていた。

地元の学者たちは昔から、ローマ人がVallis Laetaのまちをつくったと唱えているが、おそらくそれは農場を中心としたヴィッラで、そのいくつかはオリーブ・オイル生産専用であった。

現在のラ・ヴァレットの位置に村がつくられたのは中世である。村はカストルムとなった。

1720年には黒死病が流行し、村の人口の3割が失われた。17世紀から18世紀にかけて、毎回失敗に終わったトゥーロン攻略に巻き込まれ、失望した敵はヴァレットを荒らして火を放った。19世紀から第二次世界大戦後までのラ・ヴァレットは、農業収入に依存する村だった。

アルジェリア独立戦争によって国を脱出したピエ・ノワールたちが帰国し、ラ・ヴァレットの人口が急増した。コミューン南部のラ・クピアーヌ地区に新たな住宅郡が建設された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
6 949 11 194 14 745 18 296 20 687 21 739 22 067

source = Ehess[1][2]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]