ジュール・パスキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュール・パスキン
『ランチ』1923年
"Le Déjeuner"

ジュール・パスキンJules Pascin、本名 ユリウス・モルデカイ・ピンカス(Julius Mordecai Pincas)、1885年3月31日 - 1930年6月5日)はブルガリア人の画家エコール・ド・パリ全盛の1920年代モンパルナスで華やかな浪費生活をし「モンパルナスの王子」の異名を得た。「パスキン」は、本名のピンカスのアナグラム

ブルガリアのヴィディン穀物商を営むユダヤ系一家に生まれる。1902年ヨーロッパ北アフリカアメリカなどを旅行。ウィーンミュンヘンベルリンなどでデッサンを学ぶ。ミュンヘンで「ジンプリツィシムス」の挿絵画家として専属契約を結び、早くも素描家として高い評価を得る。

1905年パリ移住。本格的に油画に取り組む。この年から「パスキン」の名を用いるようになる。サロン・ドートンヌアンデパンダン展に作品を発表する。1913年ニューヨークで行われた大規模な展覧会「アーモリー・ショー」に選抜され出展(アーモリー・ショーはアメリカで初めて本格的にヨーロッパのモダンアートが紹介された展覧会。デュシャンが『階段を降りる裸体No.2』を出展し名声を博した)。

1914年第1次世界大戦を逃れてロンドンへ。ニューヨークへ行き展覧会に出品。具象的な作品を描き始める。その後、フロリダキューバへ行く。1918年にエルミヌ・ダヴィットと結婚し、アメリカの国籍を取得。

第1次世界大戦終結後の1921年、パリのモンマルトルに居を定める。独自の画風を確立し、成熟期を迎える。カフェの「ル・ドーム兄弟」や「ラ・クーポール」などで華やかな社交生活を送るも、アルコール依存症鬱病に苦しむようになる。そして、友人ペル・クローグの妻のリュシーと不倫関係になるが、彼の堕落した生活が原因で別れる。

1930年6月5日、自宅アトリエ浴槽で手首を切ったうえ、首を吊って自殺。ドアに文字で「ADIEU LUCY」(さよなら、リュシー)と書かれていた。

パスキンの葬儀が行われた6月7日、パリのすべてのギャラリーは閉じてに服した。サントゥアン墓地までの5km近い道のりを、何千人もの知人がパスキンのの後に列を成したという。彼の遺体は一年後、モンパルナス墓地に再埋葬された[1][出典無効]