ニコラ・ド・スタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコラ・ド・スタール: Сталь, Никола де: Nicolas de Staël1914年1月5日 - 1955年3月16日)は、ロシア生まれの画家。

サンクトペテルブルクにロシア貴族の子息として生まれる。ロシア革命のため亡命を余儀なくされ、ベルリンブリュッセルに住んだ。ブリュッセルでは美術アカデミーでデッサンを学ぶ。1938年にパリに移った。1939年、外人部隊に入る。亡命者の不安、理想主義者の不安が原因とみられる。しかし、ブラックやレジェとの出会いによって、芸術上でも大きな成果を上げ、表面的には平安な時期が始まる。晩年は現実への叙情的な回帰が、具象的な表現へと変化していく。1955年、アンティーブで自殺した。