シャイム・スーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャイム・スーティン
『シャイム・スーティンの肖像』(アメデオ・モディリアーニ画、1916年)
生誕 Chaïm Soutine
Хаим Соломонович Сутин

1893年1月13日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 スミラヴィチ
死没 1943年8月9日(50歳)
ナチス・ドイツの旗 軍政下フランス パリ
教育 エコール・デ・ボザール
運動・動向 エコール・ド・パリ/表現主義

シャイム・スーティン(Chaïm Soutine、Chaim Soutine、Haim Sutin(ハイム・スーチン)、Chaim Sutin(カイム・スーティン)などのつづりも。1893年1月13日 - 1943年8月9日)はロシア生まれのフランス画家である。ロシア語での表記はハイム・ソロモノヴィチ・スーティン(Хаим Соломонович Сутин)。

おもにパリで活動した。エコール・ド・パリの画家の一人に数えられる。彼自身が出自を語らなかったことなどから、近年までは彼が絵画を学んだリトアニア出身だと思われていた。

来歴[編集]

1893年、ロシア帝国(現在のベラルーシミンスク州)のスミラヴィチユダヤ人家庭の11人兄弟の10番目として生まれた。父は修繕屋をしていたが、村ではもっとも貧しい一家だったという。スーティンは体も弱く、家の手伝いも出来ない為、兄弟たちから邪魔者扱いをされていた。そのような中で絵画に興味を持つようになったが、貧困及び宗教的戒律を理由に絵を描くことを認められなかったことから故郷を去り、1910年から3年間、リトアニアヴィリニュスにある美術学校で学ぶ。

1913年、友人のピンクス・クレメーニュミシェル・キコイーヌと共にパリに出たスーティンはしばらくエコール・デ・ボザールフェルナン・コルモンのアトリエに通い、エミール・ベルナールに師事すると共に集合アトリエのラ・リュッシュ(蜂の巣)の仲間と交際するようになる。そこではマルク・シャガールフェルナン・レジェなどが集団生活をしていたが、特にアメデオ・モディリアーニは野生児も同然だった彼の面倒をよくみていた(彼によるスーティンの肖像画が3点残されている)。モディリアーニは、1枚も絵が売れず「汚し屋」と酷評されたスーティンを知り合いの画商の元に連れて行き、スーティンの絵の良さを説明し、無理やり絵を買わせたという。のちにフランス人のポール・ギヨーム、ポーランド人のレオポルド・ズボロフスキーなどスーティンの絵を扱う画商はいたが、依然彼の絵はなかなか売れず生活は相変わらず貧しかった。また、藤田嗣治とも親しかった。

1920年にモディリアーニが亡くなったあたりからスーティンの作風に変調が生じる。パリでの人間関係を避け、1919年から1922年にかけて滞在した南仏セレで書かれた一連の風景画は構図、タッチ共に激しく歪み、精神的不安が反映されている[1]

そうした中1923年1月1日、バーンズ・コレクションで名高いアメリカの大コレクターアルバート・C・バーンズがギヨームの画廊を訪れ『ケーキ職人』(1919年)を見て感動し、画廊に掛かっているスーティンの全作品を3,000ドルで買上げた。バーンズは「スーティンはゴッホよりもはるかに重要な画家である」と絶賛した。

アメリカで展示されたスーティンの作品は大きな衝撃を与え、フランス国内の評価も一気に上がった。パリで最初の個展も開かれ、「巨匠」になったスーティンは絵が売れ出してからは豪邸に住み、運転手付きの生活を送ったという。

だが晩年は再び貧困に陥り、1933年以降は殆ど創作しなくなった。1940年フランスにドイツが侵攻した後、ユダヤ人であるスーティンはゲシュタポから逃れる為、フランス中部の村々を転々とした。その過酷な暮らしの中で持病の胃潰瘍を悪化させ、1943年に穿孔性潰瘍のためパリで手術を受けた直後に没した。墓はパリのモンパルナス墓地の西北域にある[2]

作風[編集]

風景、人物、静物などさまざまな題材を描いたが、どの作品も激しくゆがめられた形態、荒々しく大胆なタッチ、幾重にも塗りこまれた不思議な色遣いが特徴である。人物画では、コックやボーイなどの名もなき使用人たちの絵を好んで描いた。また、静物画では動物の死骸を好んで描いた。

成城大学文芸学部教授の千足伸行は「ユダヤ人ということも関係しているんだろうけども、屈折した思いを対象の中に反映させていく叫びの芸術であろう。自分の中に不安とか、自分は未完成であるとか、常に内面に抱えて描いていたのではないか。人物画では労働者階級への思い入れも見える。経済的条件が良くなっても、常にアウトサイダーであり続けた。不器用であるが、自分に忠実で信念を曲げない。そういう意味では最も純粋な画家といっていいだろう」と評している。また、どの作品にも貧困と差別にあえぐ中での激しい心情と焦燥感や苦悩が投影されている、とも評される[3]

エピソード[編集]

有名画家となったスーティンは、やがて自分が描いた作品の幾つかをコレクターや美術館から取り戻すようになり、その晩のうちに絵を引き裂いてしまったという[4]。また同書には晩年は再び極貧に陥り、靴を一足しか持っていなかったスーティンの姿が描かれている。

深水黎一郎の『エコール・ド・パリ殺人事件』(講談社)の中では、作中人物が著したという美術書が引用されるが、そこでスーティンは、エコール・ド・パリの〈呪われた画家たち〉を体現する存在として描かれている。

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ 『スーティン-その愛と死』ガルド著

外部リンク[編集]