パノプティコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンサムによるパノプティコンの構想図
パノプティコン型刑務所の例。旧プレシディオ・モデーロキューバ
プレシディオ・モデーロの内部
監視方法

パノプティコン、もしくはパンオプティコン(Panopticon)は邦訳すれば全展望監視システムのこと。all「すべてを」(pan-)observe「みる」 (-opticon)という意味である。イギリス哲学者ジェレミ・ベンサムが弟サミュエルに示唆を受け設計した刑務所その他施設の構想であり[1]、その詳細が記された『パノプティコン』が1791年に刊行されている。

概説[編集]

功利主義者であったベンサムは社会の幸福の極大化を見込むには犯罪者や貧困者層の幸福を底上げすることが肝要であると考えていた。この刑務所にもベンサムの功利主義的な姿勢が反映され、運営の経済性と収容者の福祉が(ベンサムの考える限り)最大限に両立されている。ベンサムは犯罪者を恒常的な監視下におけば彼らに生産的労働習慣を身につけさせられると主張していた[1]

パノプティコンは円形に配置された収容者の個室が多層式看守塔に面するよう設計されており、収容者たちはお互いの姿をみることはできず、ブラインドなどによって看守もみえなかった。一方、看守はその位置からすべての収容者を監視することができた[1]

パノプティコンは民間に委託される予定だった施設であり、少ない運営者でもって多数の収容者を監督することが構想されている。ベンサムの構想では、収容者には職業選択の自由が与えられることになっていて、刑期終了後も社会復帰のために収容者は身体の安全が確保され、更生するまでこの施設で労働することができる。パノプティコンは単なる刑務所(建物)ではなく、社会に不幸をもたらす犯罪者を自力で更生させるための教育・改造するためのシステムだった。

当時のイギリスの非人道的な刑務所事情に心を痛めていたベンサムは、存命中、この施設の建設に異様なほど力を入れており、父の遺産の一部で模型までつくり、英国議会に強く働きかけたが、ミルバンクで1816年に開設されたイングランド国立監獄の発達に影響をあたえたものの、この施設が実現することはついに叶わず、最初のパノプティコン型刑務所の建設はアメリカでおこなわれた[2]

この施設の設計思想は刑務所のほかに学校や病院や工場などの施設に応用されることが意図されていた。

マザス監獄やレンヌ中央監獄などに代表される19世紀フランスの監獄建築で、獄房に収監された囚人がいつ看守に監視されているか、いないのか分からないままに、すべての方向から監視されているという監獄建築[3]ミシェル・フーコーが『監獄の誕生 監視と処罰』で、それを転用して、社会のシステムとして管理、統制された環境の比喩として用いた。日本では、明治時代に、監獄・刑務所のシステムはフランスをお手本としたため、フーコーが指していっている監獄の小規模なモデルは犬山市にある博物館明治村の明治の監獄の建築展示にもそれをうかがい知ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『監獄ビジネス』 45頁。
  2. ^ 『監獄ビジネス』 46頁。
  3. ^ N.P. Harou-Romain, Projet de pénitencier, 1840, p.8.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]