ジェレミー・トゥララン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェレミー・トゥララン Football pictogram.svg
Toulalan3.jpg
名前
本名 Jérémy Toulalan
カタカナ ジェレミー・トゥララン
ラテン文字 Jeremy TOULALAN
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1983年9月10日(31歳)
出身地 ロワール=アトランティック県, ナント
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム モナコの旗 ASモナコ
ポジション MF(DH) / DF(CB)
背番号 28
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2006
2006-2011
2011-2013
2013-
フランスの旗 FCナント
フランスの旗 オリンピック・リヨン
スペインの旗 マラガCF
モナコの旗 ASモナコ
94 (1)
154 (0)
25 (3)
代表歴2
2006- フランスの旗 フランス 36 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2010年6月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェレミー・トゥララン(Jérémy Toulalan, 1983年9月10日 - )は、フランスナント出身のサッカー選手ASモナコ所属。フランス代表である。

人物・特徴[編集]

  • シャイで謙虚な性格として知られている。シンプルなパス、優れたテクニック、効果的なタックルと堅実な守備が持ち味である[1]。本来のポジションは守備的ミッドフィールダーであるが、センターバックとしてもプレーできる。

来歴[編集]

地元のFCナントからプロデビューし、2004-05シーズンにはリーグ最優秀若手選手とリーグベストイレブンに選出された。2006年オリンピック・リヨンに移籍し、2006-07シーズンと2007-08シーズンにリーグ優勝を果たした。2006年10月11日EURO2008予選フェロー諸島戦でフランス代表デビューし、EURO20082010南アフリカW杯に出場した。

クラブ経歴[編集]

FCナント[編集]

地元のサッカークラブ、FCナントの下部組織出身で、2001-02シーズンのスタッド・レンヌとのブルターニュ・ダービーでプロデビューした[2]。2002-03シーズンと2003-04シーズンは試合出場機会が限られたが、2004-05シーズンにはフィジカル能力に長けたミッドフィールダーとしての立ち位置を確立し、RCストラスブール戦ではFCナント在籍期間中唯一の得点を挙げた。クラブは降格ラインぎりぎりの17位に終わったが、個人の活躍は評価され、リーグ・アン最優秀若手選手とリーグ・アンベストイレブンに選出された。

オリンピック・リヨン[編集]

2010年2月のインタビューにて

2004年夏にはリーグ・アン3連覇中のオリンピック・リヨンが移籍金1000万ユーロを提示してトゥラランの獲得を狙ったが、ナントは素気無く拒否した。2005-06シーズン終了後にはマアマドゥ・ディアッラジェレミー・クレマンを同時に失ったリヨンが再びトゥラランにオファーを出し、2006年5月19日に移籍金750万ユーロの4年契約で移籍した[3]。ナントでは背番号17を着けていたが、2003年コンフェデレーションズカップにおいて亡くなったカメルーン代表マルク=ヴィヴィアン・フォエ(リヨン在籍時に17番を着けていた)に敬意を表す気持ちから28番を選んだ。開幕の古巣・ナント戦でデビューし、フル出場した[4]。主に4-3-3システムが採用されたチームの中盤でジュニーニョ・ペルナンブカーノキム・シェルストレームティアゴ・メンデスらとトリオを組み、2位に勝ち点17差で6連覇を果たした原動力となった。

2007-08シーズンにはリーグ最優秀選手賞にノミネートされたが、チームメイトのカリム・ベンゼマにタイトルを譲った。2008年夏には多くのクラブがトゥララン獲得に乗り出し、パトリック・ヴィエラの代役を期待したアーセナルや、パリ・サンジェルマンに移籍したクロード・マケレレの後継者を探していたチェルシーFCなどが強い関心を示した[5]。しかしトゥラランはリヨンにとどまることを望み、5月7日には2013年までの新契約を結んだ[6]2010年1月13日リーグカップFCメス戦で移籍後初得点を決めた。2010年夏にジャン=アラン・ブームソンギリシャパナシナイコスFCに移籍したため、2010-11シーズンはセンターバックにコンバートされ、キャプテンマークを付けることも多くなった。しかし、後述のW杯での件もあり思うような活躍ができず、チームも低迷した。

マラガCF[編集]

2011年6月17日スペインマラガCFに約1100万ユーロの4年契約で移籍。自身初の国外でのプレーとなった。移籍後は主にセントラルミッドフィールダーとして出場している。

ASモナコ[編集]

2013年7月6日、大型補強を目指すASモナコに移籍が決定[7]

代表経歴[編集]

2000年、初の世代別代表となるU-17フランス代表に招集された。2006年にはU-21フランス代表としてUEFA U-21欧州選手権に出場し、準決勝でオランダに敗れた。大会ベストイレブンに選出されたが、同ポジションのMFリオ・アントニオ・マヴュバやMFイスマイル・アイサティも選ばれたため、トゥラランは左ウイングでの選出だった。

2006年8月24日フランスA代表に初招集され、UEFA欧州選手権2008予選フェロー諸島戦にフル出場してデビューを飾った[8]。UEFA欧州選手権2008本大会のメンバーにも選ばれ[9]、チームはグループリーグ敗退という期待外れの結果に終わったが、負傷したパトリック・ヴィエラに代わってレギュラーとして出場し、グループリーグ3試合全てにフル出場した数少ない選手となった。レイモン・ドメネク監督は事あるごとに「トゥラランはヴィエラの理想的な後継者である」と述べ[10]、マヴュバやアルー・ディアッララッサナ・ディアッラを押しのけてレギュラーポジションを掴んだ。2010 FIFAワールドカップにも招集されたが、グループリーグで勝ち点1しか奪うことができずに敗退した。2010年8月6日、トゥラランを含む5人の代表選手がフランスサッカー協会規律委員会に召喚され、大会中にチームが置かれていた状況についての説明を求められた[11]8月17日、本大会出場選手全員に対して1試合の出場停止処分が下った[12]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2011年5月22日時点
クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ[nb 1] 欧州カップ[nb 2] 合計
出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト
FCナント 2001–02 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0
2002–03 13 0 0 2 0 0 0 0 0 15 0 0
2003–04 20 0 0 2 0 0 0 0 0 22 0 0
2004–05 31 1 2 2 0 0 0 0 0 33 1 2
2005–06 29 0 1 2 0 0 0 0 0 31 0 1
合計 94 1 3 8 0 0 1 0 0 103 1 3
オリンピック・リヨン
2006–07 32 0 3 6 0 0 7 0 0 45 0 3
2007–08 30 0 1 6 0 0 5 0 0 41 0 1
2008–09 33 0 1 3 0 0 8 0 1 44 0 2
2009–10 31 0 1 3 1 0 11 0 0 45 1 1
2010–11 28 0 1 0 0 0 3 0 0 16 0 0
合計 154 0 7 18 1 0 34 0 1 206 1 8
通算 248 1 10 26 1 0 35 0 1 309 2 11

代表[編集]

2010年6月17日時点[13]
チーム シーズン 出場 得点 アシスト
フランス代表 2006–07 4 0 1
2007–08 12 0 1
2008–09 11 0 0
2009–10 9 0 0
通算 36 0 2

タイトル[編集]

クラブ[編集]

フランスの旗 オリンピック・リヨン

個人[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ クープ・ドゥ・フランスクープ・ドゥ・ラ・リーグトロフェ・デ・シャンピオンも含む
  2. ^ UEFAスーパーカップも含む

脚注[編集]

  1. ^ “A Great Player – Toulalan: Shy, humble and dorky”. Ole Ole. (2008年11月10日). http://www.oleole.fr/blogs/france-road-to-world-cup-2010/posts/a-great-player-toulalan-shy-humble-and-dorky 2010年5月11日閲覧。 
  2. ^ “Nantes v. Rennes Match Report”. Ligue de Football Professionnel. (2002年3月23日). http://www.lfp.fr/ligue1/feuilleMatch.asp?saison=2001/2002&code_evt=D1&code_jr_tr=J30&num_ordre=7 2010年5月11日閲覧。 
  3. ^ “Jeremy Toulalan signe à Lyon”. NewsSearch. (2006年5月19日). http://news.search.ch/sport/fussball/2006-05-19/foot-jeremy-toulalan-signe-a-lyon.fr.html 2010年5月11日閲覧。 
  4. ^ “Nantes v. Lyon Match Report”. Ligue de Football Professionnel. (2006年8月4日). http://www.lfp.fr/ligue1/feuilleMatch.asp?saison=2006/2007&code_evt=D1&code_jr_tr=J01&num_ordre=6 2010年5月11日閲覧。 
  5. ^ “Nantes v. Lyon Match Report”. Eye Football. (2008年4月6日). http://www.eyefootball.com/news/4456/Chelsea-chase-Jeremy-Toulalan/ 2010年12月21日閲覧。 
  6. ^ “Toulalan prolonge à Lyon, Benzema et Ben Arfa devraient suivre” (French). Eye Football. (2008年3月7日). http://www.rtl.fr/fiche/64103/football-l1-toulalan-prolonge-a-lyon-benzema-et-ben-arfa-devraient-suivre.html 2010年12月21日閲覧。 
  7. ^ “トゥララン、新天地はモナコに決定”. GOAL. (2013年7月6日). http://www.goal.com/jp/news/126/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9/2013/07/07/4099598/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%83%B3%E6%96%B0%E5%A4%A9%E5%9C%B0%E3%81%AF%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%81%AB%E6%B1%BA%E5%AE%9A?ICID=HP_BN_4 2013年7月7日閲覧。 
  8. ^ “France v. Faroe Islands Match Report”. UEFA. (2006年8月11日). http://en.euro2008.uefa.com/tournament/qualifying/matches/match=83974/index.html 2010年5月11日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ “France squad for Euro 2008”. London: The Guardian. (2008年5月28日). http://www.guardian.co.uk/football/2008/may/28/france.euro2008.squad?gusrc=rss&feed=football 2010年5月11日閲覧。 
  10. ^ “Toulalan won´t shy away from replacing Vieira”. Soccer News. (2008年8月7日). http://www.soccernews.com/toulalan-won%C2%B4t-shy-away-from-replacing-vieira/2994/ 2010年12月21日閲覧。 
  11. ^ “French football in chaos after players' mutiny”. Sports Illustrated. (2010年8月6日). http://sportsillustrated.cnn.com/2010/soccer/08/06/france.ap/index.html 2010年8月17日閲覧。  [リンク切れ]
  12. ^ “Nicolas Anelka given 18-match France suspension”. British Broadcasting Corporation. (2010年8月17日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/8893705.stm 2010年12月21日閲覧。 
  13. ^ TOULALAN Jeremy, fff.fr, accessed 15 February 2010