ル・ピュイ=アン=ヴレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Le-Puy-en-Velay
Blason ville fr PuyVelay (HauteLoire).png
Cathédrale Le Puy-en-Velay.JPEG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ地域圏
(département) オート=ロワール県
(arrondissement) ル・ピュイ=アン=ヴレ郡
小郡 (canton) 5
INSEEコード 43157
郵便番号 43000
市長任期 Laurent Wauquiez
2008年 - 2014年
人口動態
人口 市: 19 976人
2008年
人口密度 1 220人/km²
地理
座標 北緯45度02分39秒 東経3度53分09秒 / 北緯45.044167度 東経3.885833度 / 45.044167; 3.885833座標: 北緯45度02分39秒 東経3度53分09秒 / 北緯45.044167度 東経3.885833度 / 45.044167; 3.885833
標高 平均:?m
最低:600 m
最高:888m
面積 市: 16,79km² (1 679ha)
Le-Puy-en-Velayの位置(フランス内)
Le-Puy-en-Velay
Le-Puy-en-Velay
テンプレートを表示

ル・ピュイ=アン=ヴレ(Le Puy-en-Velay)は人口約2万2千人、オート=ロワール県の県庁所在地である。火山地帯に位置するため観光地として知られる。レンズ豆の産地。


大聖堂ノートルダム・ドュ・ピュイ(Notre Dame du Puy)とサン=ジャック施療院はユネスコ世界遺産フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として登録されている(ID868-021・022)。この大聖堂は円錐状の死火山の山腹に建造されており、その山頂にはクリミア戦争時の大砲から鋳造した18mのマリア像がある。また10世紀のロマネスク様式の礼拝堂、サン・ミシェル・デグイル(Saint Michel d'Aiguilhe)も人目を引く。これは標高82mの火山岩尖の上に建造されている。 サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の開始点の一つとして、また1000年以上の歴史をもつ司教座都市として、ル・ピュイ=アン=ヴレは中世におけるこの地方の文化の中心であった。

サン=ミシェル・デギュイユ礼拝堂

出身人物[編集]

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]