マリオン・バルトリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオン・バルトリ
Marion Bartoli at the 2009 US Open 01.jpg
マリオン・バルトリ
基本情報
ラテン文字名 Marion Bartoli
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ル・ピュイ=アン=ヴレ
生年月日 1984年10月2日(29歳)
身長 170cm
体重 63kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2013年
ツアー通算 11勝
シングルス 8勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 607勝381敗
シングルス 490勝299敗
ダブルス 117勝82敗
生涯獲得賞金 $11,055,114
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2009)
全仏 ベスト4(2011)
全英 優勝(2013)
全米 ベスト8(2012)
優勝回数 1(英1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2004・05)
全仏 3回戦(2005・06)
全英 ベスト8(2004)
全米 ベスト4(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位(2012年1月30日)
ダブルス 15位(2004年7月5日)

マリオン・バルトリMarion Bartoli, 1984年10月2日 - )は、フランスル・ピュイ=アン=ヴレ出身の女子プロテニス選手。2013年ウィンブルドン女子シングルス優勝者。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ちの選手。これまでにWTAツアーでシングルス8勝、ダブルスで3勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス7位、ダブルス15位。身長170cm、体重63kg。

来歴[編集]

医師である父親の手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年2月にプロ入り。2001年全米オープンジュニア女子シングルス部門でスベトラーナ・クズネツォワロシア)を破って優勝した。翌2002年全米オープンで予選3試合を勝ち上がったバルトリは、本戦1回戦でアランチャ・サンチェス・ビカリオを 6-3, 6-1 で破り、第4シードのリンゼイ・ダベンポートとの3回戦まで進出した。2004年4月、バルトリはモロッコカサブランカ大会の女子ダブルスでフランスの同僚選手エミリー・ロワとペアを組み、女子ツアーでダブルス初優勝を果たす。この年のバルトリは、全仏オープン1回戦とウィンブルドン3回戦で日本杉山愛に連敗した。

マリオン・バルトリのテニス経歴は2006年に大きく開花し、1月初頭にニュージーランドオークランド大会の決勝でベラ・ズボナレワロシア)を 6-2, 6-2 で破り、女子ツアー大会のシングルス初優勝を達成した。全米オープン終了後、インドネシアバリ島の大会で2度目のシングルス決勝に進出するが、そこではスベトラーナ・クズネツォワに敗れて準優勝になる。10月第2週の「AIGジャパン・オープン」でバルトリは第1シードに選ばれ、順当に勝ち進んだ。決勝戦の相手となった日本中村藍子も、フォアハンド・バックハンドとも両手打ちの選手で、フォア・バックとも両手打ちの選手どうしがWTAツアー大会のシングルス決勝で対戦するのは「ツアー史上初めての出来事」であった。バルトリは中村に 2-6, 6-2, 6-2 で逆転勝ちし、ここでツアー2勝目を挙げた。11月にはカナダケベックシティ大会でも優勝があり、シングルスで年間3勝を記録した。

2007年5月のチェコプラハ大会決勝では、バルトリは同じくフォア・バックとも両手打ちの選手である日本森上亜希子に 1-6, 3-6 で敗れた。全仏オープンで初の4大大会4回戦に進んだ後、ウィンブルドンで快進撃を見せる。第18シードのバルトリは、4回戦でエレナ・ヤンコビッチセルビア)を破って波に乗り、準決勝では第1シードのジュスティーヌ・エナンに 1-6, 7-5, 6-1 の逆転勝利を収めたが、決勝で過去3度優勝経験のあるビーナス・ウィリアムズに 4-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。

2009年全豪オープンで初のベスト8進出があった。第16シードのバルトリは、4回戦で第1シードのエレナ・ヤンコビッチを 6-1, 6-4 で圧倒したが、続く準々決勝でベラ・ズボナレワに 3-6, 0-6 で完敗した。

2011年全仏オープンでバルトリは全仏では初めてのベスト4に進出した。準決勝で前年優勝のフランチェスカ・スキアボーネに 3-6, 3-6 で敗れ決勝進出を逃した。続くイーストボーン大会では決勝でペトラ・クビトバを 6–1, 4–6, 7–5 で破りシングルス6勝目を挙げた。ウィンブルドンでは、4回戦で2連覇中のセリーナ・ウィリアムズを 6–3, 7–6 で破り準優勝した2007年以来のベスト8進出を果たした。準々決勝ではザビーネ・リシキに 4–6, 7–6(5), 1–6 で敗れた。10月のHPオープンでは決勝でサマンサ・ストーサーに 6–3, 6–1 で勝利しシングルス7勝目を挙げた。

2012年全米オープンでは4回戦でペトラ・クビトバを 1–6, 6–2, 6–0 で破り全米では初のベスト8に進出した。準々決勝ではマリア・シャラポワに 6–3, 3–6, 4–6 で敗れた。

バルトリは女子シングルスで準優勝した2007年ウィンブルドンを最後に、女子ツアー大会のダブルスから撤退し、以後は活動をシングルスのみに絞った。

2013年のウインブルドン選手権では女子シングルス第15シードから上位シードが次々と姿を消す中、勝ち上がり、決勝に進出。決勝では4回戦で今大会優勝候補の大本命、34連勝中だった第1シードのセリーナ・ウィリアムズを破った第23シードザビーネ・リシキ(ドイツ)と対戦。セットカウント2-0(6-1, 6-4)でストレート勝ちして初のメジャータイトルを獲得した[1]。4大大会出場47大会目で初優勝したのは、45大会目で同じくウインブルドン選手権で初優勝したヤナ・ノボトナを超えて、最遅記録となった。

しかし2013年8月14日、シンシナティ大会の2回戦でルーマニアのシモーナ・ハレプに敗退後、怪我のため引退することを発表した[2]

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 19回 (8勝11敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年1月7日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード ロシアの旗 ベラ・ズボナレワ 6–2, 6–2
準優勝 1. 2006年9月11日 インドネシアの旗 バリ ハード ロシアの旗 スベトラーナ・クズネツォワ 5–7, 2–6
優勝 2. 2006年10月8日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 中村藍子 2–6, 6–2, 6–2
優勝 3. 2006年11月5日 カナダの旗 ケベックシティ ハード ロシアの旗 オルガ・プチコワ 6–0, 6–0
準優勝 2. 2007年5月7日 チェコの旗 プラハ クレー 日本の旗 森上亜希子 1–6, 3–6
準優勝 3. 2007年7月7日 イギリスの旗 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ 4–6, 1–6
準優勝 4. 2008年7月20日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード カナダの旗 アレクサンドラ・ウォズニアク 5–7, 3–6
準優勝 5. 2009年1月10日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード ベラルーシの旗 ビクトリア・アザレンカ 3–6, 1–6
優勝 4. 2009年3月8日 メキシコの旗 モンテレイ ハード 中華人民共和国の旗 李娜 6–4, 6–3
優勝 5. 2009年8月2日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ 6–2, 5–7, 6–4
準優勝 6. 2009年11月8日 インドネシアの旗 バリ ハード (室内) フランスの旗 アラバン・レザイ 5–7, 途中棄権
準優勝 7. 2011年3月20日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ 1–6, 6–2, 3–6
準優勝 8. 2011年5月21日 フランスの旗 ストラスブール クレー ドイツの旗 アンドレア・ペトコビッチ 4–6, 0–1 途中棄権
優勝 6. 2011年6月18日 イギリスの旗 イーストボーン チェコの旗 ペトラ・クビトバ 6–1, 4–6, 7–5
準優勝 9. 2011年7月31日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 5–7, 1–6
優勝 7. 2011年10月16日 日本の旗 大阪 ハード オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー 6–3, 6–1
準優勝 10. 2012年2月12日 フランスの旗 パリ ハード (室内) ドイツの旗 アンゲリク・ケルバー 6–7(3), 7–5, 3–6
準優勝 11. 2012年7月22日 アメリカ合衆国の旗 カールスバッド ハード スロバキアの旗 ドミニカ・チブルコバ 1–6, 5–7
優勝 8. 2013年7月6日 イギリスの旗 ウィンブルドン ドイツの旗 ザビーネ・リシキ 6-1, 6-4

ダブルス: 7回 (3勝4敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2003年2月9日 フランスの旗 パリ カーペット (室内) フランスの旗 ステファニー・コーエン=アロロ オーストリアの旗 バルバラ・シェット
スイスの旗 パティ・シュナイダー
6–2, 2–6, 6–7(5)
準優勝 2. 2003年10月26日 オーストリアの旗 リンツ ハード
(室内)
イタリアの旗 シルビア・ファリナ・エリア 南アフリカ共和国の旗 リーゼル・フーバー
日本の旗 杉山愛
1–6, 6–7(6)
優勝 1. 2004年4月11日 モロッコの旗 カサブランカ クレー フランスの旗 エミリー・ロワ ベルギーの旗 エルス・カレンズ
スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク
6–4, 6–2
準優勝 3. 2004年10月11日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード イタリアの旗 マラ・サンタンジェロ イタリアの旗 アドリアナ・セッラ・ザネッティ
イタリアの旗 アントネッラ・セッラ・ザネッティ
6–1, 3–6, 4–6
優勝 2. 2005年2月6日 タイの旗 パタヤ ハード ドイツの旗 アンナ=レナ・グローネフェルド ポーランドの旗 マルタ・ドマホフスカ
クロアチアの旗 シルビア・タラヤ
6–3, 6–2
優勝 3. 2006年5月14日 チェコの旗 プラハ クレー イスラエルの旗 シャハー・ピアー アメリカ合衆国の旗 アシュリー・ハークルロード
アメリカ合衆国の旗 ベサニー・マテック
6–4, 6–4
準優勝 4. 2007年1月8日 オーストラリアの旗 シドニー ハード アメリカ合衆国の旗 メイレン・ツー ドイツの旗 アンナ=レナ・グローネフェルド
アメリカ合衆国の旗 メガン・ショーネシー
3–6, 6–3, 6–7(2)

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
2013年 ウィンブルドン ドイツの旗 ザビーネ・リシキ 6-1, 6-4

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 2R 2R 2R 2R 1R QF 3R 2R 3R 3R 15–12
全仏オープン 1R 1R 2R 1R 1R 2R 4R 1R 2R 3R SF 2R 3R 16–13
ウィンブルドン A A 1R 3R 2R 2R F 3R 3R 4R QF 2R W 28–10
全米オープン A 3R 1R 2R 3R 3R 4R 4R 2R 2R 2R QF A 20–11

: 2010年ウィンブルドン2回戦の不戦勝は通算成績に含まない

脚注[編集]

外部リンク[編集]