エウリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マドリードにあるエウリックの像

エウリック(Euric、? - 484年)は、西ゴート王国の国王(在位:466年-484年)。

生涯と治世[編集]

兄で前国王のテオドリック2世が死去したことで、466年に西ゴート王となった。その治世下において、ゲルマン法が成文化された(「エウリック法典」)。これは、ゲルマン人によって建てられた国家において、最初に定められた法典とされる。484年に死去。息子のアラリック2世が王位を継承した。

参考文献[編集]

  • 立石博高編 『新版世界各国史16 スペイン・ポルトガル史』 山川出版社、2000年
先代:
テオドリック2世
西ゴート王国
466 - 484
次代:
アラリック2世