アラリック2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラリック2世の金貨

アラリック2世(Alaric II, ? - 507年)は、西ゴート王国の国王(在位:485年 - 507年)。

生涯と治世[編集]

父で前国王のエウリックが死去したことで、485年に西ゴート王となった。彼の治世下でローマ法に基づく法典が編纂され、ローマ系の住民に適用された。当時の西ゴート王国は都を南フランスのトゥールーズにおいており、ガリア南部を支配していた。しかし、ガリア北部で5世紀末にフランク王国が成立すると対立を深めていき、507年に両国はヴイエの戦いで衝突した。この戦いでアラリック2世は戦死し、西ゴート王国はほぼガリア南部の支配を断念することになった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 立石博高編 『新版世界各国史16 スペイン・ポルトガル史』 山川出版社、2000年
先代:
エウリック
西ゴート王
484年 - 507年
次代:
ゲサリック