ポール・マーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・マーソン Football pictogram.svg
Paul Merson.jpg
名前
本名 Paul Charles Merson
カタカナ ポール・チャールズ・マーソン
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1968年3月20日(46歳)
出身地 ロンドンハールスデン
身長 182cm
選手情報
ポジション FW / MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1997
1987
1997-1998
1998-2002
2002-2003
2003-2006
2006
アーセナル
ブレントフォード
ミドルズブラ
アストン・ヴィラ
ポーツマス
ウォルソール
タムワース
327 (78)
7 (0)
48 (12)
117 (18)
45 (12)
77 (6)
1 (0)
代表歴
1988-1990
1991-1998
1991-1998
イングランドの旗 イングランド U-21
イングランドの旗 イングランド B
イングランドの旗 イングランド
4 (0)
4 (3)
21 (3)
監督歴
2004-2006 ウォルソール
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ポール・チャールズ・マーソンPaul Charles Merson1968年3月20日 - )は、イギリスイングランド出身の元サッカー選手ウォルソールでは選手兼任監督を務めた。イングランド代表として20試合に出場している。ポジションはFWであるが、後年にはMFとして出場することが多くなった。

選手経歴[編集]

アーセナル[編集]

ロンドンハールスデンで生まれ、マーソンのサッカー選手としてのキャリアは1984年に練習生として加入したアーセナルから始まった。レンタルでブレントフォードに加入し、アーセナルに復帰した後に、デビューを飾ることになった。ガンナーズでのデビュー戦となったのは、1987年11月22日に行われたマンチェスター・シティ戦であり、その当時の監督はフランク・マクリントックであった。マーソンは、ジョージ・グレアム監督の下で成功を収めたアーセナルでポジションを掴み、1988-89シーズンは右ウイングのレギュラーとしてプレイし、チームはリーグ最終戦でリヴァプールに2-0で勝利し、リーグタイトルを獲得した。リーグ戦では10ゴールを挙げ、U-21イングランド代表にも選ばれ、シーズン終了後にはPFA年間最優秀若手選手賞を受賞した。

1990-91には2度目のリーグ優勝を経験し、1993年にはFAカップリーグカップのタイトルを獲得し、リーグカップの決勝では先制のゴールを決め、1994年にはカップウィナーズカップのタイトルを獲得した。その間、イングランド代表にも選出され、1991年9月11日に行われたドイツ代表との親善試合でA代表デビューを果たした。

1994年にアルコール依存症コカイン中毒であることを告白したため、マーソンのサッカー選手とのキャリアは一旦停止することになった[1]FAは3ヶ月間のリハビリテーションを受けるように手配し、マーソンはジョージ・グレアムが監督を解任される直前の1995年2月にチームに戻った。チームに復帰したマーソンは、監督代行であったステュワート・ヒューストンに率いられたチームの2シーズン連続となるカップウィナーズカップ決勝進出に貢献した。

マーソンは1995-96シーズンに新しく監督に就任したブルース・リホの下でレギュラーとしてプレイし、翌1996-97シーズンもアルセーヌ・ヴェンゲルの下でレギュラーとしてプレイし続けた。3位でシーズンを終えた1996-97シーズン終了後、マーソンは降格が決定したミドルズブラに500万ポンドで放出された。この金額は、プレミアリーグ以外に所属するクラブが支払った額としては史上最高額の移籍金であり、ヴェンゲルは新たな2年契約を提示したが、ミドルズブラはその2倍の給料を提示したと言われている。マーソンは、アーセナルにおいて全公式戦423試合に出場し、99ゴールの成績を残した。

ミドルズブラ[編集]

マーソンはチームの中心としてミドルズブラのトップリーグ昇格に貢献した。シーズン終了後には、1998 FIFAワールドカップに臨むイングランド代表メンバーにもトップリーグに所属していない選手の中で唯一選ばれ、デイヴィッド・ベッカムの退場によりよく知られている決勝トーナメント一回戦のアルゼンチン代表戦に出場し、PK戦ではキッカーを務め成功したが、チームは敗退となってしまった。

1998年の夏にマーソンは、ミドルズブラが飲酒をする習慣を持つクラブであるためにチームを離れる必要があると主張し[2]、家族の近くで暮らしたいとの希望から、イングランド南部のクラブであるアストン・ヴィラに675万ポンドで移籍することになった。

アストン・ヴィラ[編集]

マーソンはその派手なプレイスタイルから、すぐにファンの人気を獲得した。5年近くチームに在籍し、2000年にはFAカップの決勝に進出したが、2001-02シーズン終了後に自由契約に身になった。

ポーツマス[編集]

ディヴィジョン1に所属するポーツマスと契約を結び、プレミアリーグ昇格に貢献したが、マーソンは、トップリーグでプレイするには年をとり過ぎていると感じており、また、自宅のあるサットン・フィールドの近くで生活したいと考えていた。ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンへの移籍はガリー・メグソンにより拒まれたため、ウォルソールと契約を結んだ。

ウォルソール[編集]

2004年2月、マーソンはギャンブル中毒を克服するためにPFA(プロサッカー選手協会)のアドバイスと財政的な援助を受け、アリゾナ州にあるシエラ・ツーソン・クリニックへ行くことになり、ウォルソールがリーグの降格圏に沈んで行くのを助けることが出来なかった。マーソンがチームに復帰してから2ヵ月後にコリン・リーが監督を解任され、マーソンは監督のポストに就くことになった。マーソンはチームの残留に向けて奮闘し、最終節にロザラム・ユナイテッドに3-2で勝利したが、ジリンガムに及ばず、クラブは降格となってしまった。降格は決定したが、翌月にマーソンは正式に監督に就任することになった。

2004-05シーズンは、マーソンにとってピッチの上でも、また、それ以外の生活でも困難を強いられることになった。すべてのカップ戦で下部のリーグに所属するチームに敗れ、プライベートでは飲酒とギャンブルを再び始めたため、妻との関係が悪くなってしまった。リーグでも降格圏に沈み、2シーズン連続での下部リーグへの降格が現実的なものとなったが、移籍最終日にジュリアン・ヨアキム、アンディ・オークス、アンソニー・ジェラードスティーヴン・ジェラードの従兄弟)、クレイグ・ピード、デイヴィッド・パーペツイニを獲得し、2005年5月を無敗で乗り切り、リーグ1残留を果たした。

難しいシーズンを終えて迎えた2005-06シーズンであったが、チームは再び降格圏を低迷し、2006年2月6日に19位で迎えたブレントフォード戦に0-5で敗れた後に、マーソンは監督を解任された。複数のチャンピオンシップのクラブからの誘いがあったが、マーソンはカンファレンスタムワースでプレイすることを選んだ。しかし、2006年3月9日に現役引退を発表するまで、一試合に出場するにとどまった[3]

引退後[編集]

現役引退後は解説者として活動しており、Sky Sportsの「サッカー・サタデイ」にレギュラーとして出演している。2006年8月から、アーセナルのオフィシャルブックである『Arsenal FC magazine』にコラムを連載している。

獲得タイトル[編集]

アーセナル
個人

パーソナルライフ[編集]

マーソンは2度結婚(ロレインとルイーズ)しており、5人の子どもがいる。最初の結婚は薬物とアルコールの中毒から回復に向かっている最中に終焉を迎えた[4]

2006年3月、ケンジントン南部にあるナイトクラブ、「ブージーズ」で飲酒している姿をデイリー・ミラーに撮られた。2006年6月には、チェルシーにあるスローン・クラブが所有するマンションで強姦したと訴えられたが[5]、マーソンはその時には別の部屋に別の女性と一緒にいたことが明らかになっている[6]

脚注[編集]

  1. ^ Merson battles gambling addictionBBCスポーツ、2003年5月5日。
  2. ^ Gazza's 'brave decision'BBCニュース、1998年10月13日。
  3. ^ Merson announces his retirementBBCスポーツ、2006年3月9日。
  4. ^ "The Fall and Fall of Paul Merson、『デイリー・ミラー』、2006年3月25日
  5. ^ "Paul Merson in rape quiz、『ザ・サン』、2006年6月22日。
  6. ^ Merson in clear on rape...he was having sex with other girl、『サインデイ・ミラー』、2006年6月25日。

外部リンク[編集]