グレアム・ル・ソー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレアム・ル・ソー Football pictogram.svg
名前
カタカナ グレアム・ル・ソー
ラテン文字 Graeme LE SAUX
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1968年10月17日(45歳)
出身地 イングランドの旗 ジャージー島
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DFMF
代表歴
1994-2000[1] イングランドの旗 イングランド 36 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

グレアム・ル・ソー (Graeme Le Saux、1968年10月17日 - ) は、イギリスジャージー島出身の元サッカー選手。ポジションはDF2005年に現役を引退するまで主として左サイドバックとしてプレーした。また所属クラブやイングランド代表プレースキックのキッカーを任されることもあった。

経歴[編集]

ジャージー島にあるセント・ポールスというチームから1987年チェルシーに移籍。1990-91シーズンからレギュラーに定着する。しかし監督のイアン・ポーターフィールドと対立してしまい1993年3月にブラックバーン・ローヴァーズに移籍。すぐさまポジションを獲得し1994年3月9日デンマーク戦でイングランド代表デビューを果たす。

1994-95シーズンにはアラン・シアラークリス・サットンらと共にブラックバーン・ローヴァーズのリーグ優勝に貢献した。1995年にブラジル代表との試合においてミドルシュートを打ち、それが得点となったという経験もしている。1997年にはチェルシーに復帰して、翌1998年フランスワールドカップのイングランド代表に選出される。一次リーグのチュニジア代表戦では彼のフリーキックからアラン・シアラーのゴールが生まれた。しかしその後は怪我、代表の若返りなどもあり代表から遠ざかってしまう。

2001-2002シーズンにはクラブで左サイドハーフとして安定したプレーを見せ、左サイドの人材難に陥っていたイングランド代表入りを待望する声もあったが2002年FIFAワールドカップ日韓大会のメンバーには選ばれなかった。2003年7月にはウェイン・ブリッジと交換でサウサンプトンに移籍。サウサンプトンでもレギュラーを張ったものの、翌2004-2005シーズンは怪我に悩まされる。チームが降格圏内で低迷するなか復帰し、35節のノリッジ戦ではボレーシュートを決め、プレミアリーグ残留が懸かったシーズン最終戦マンチェスター・ユナイテッドとの大一番ではコーナーキックからゴールを生み出した。しかしチームは敗れ降格、そして彼もピッチを去った。


しかし、2012年イングランド9部リーグ・ウェンブリーFCに選手として加入。

選手経歴[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]