ポール・スコールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・スコールズ Football pictogram.svg
P Scholes.jpg
名前
愛称 ジンジャー・プリンス[1]
スコールジー
ラテン文字 Paul Scholes
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1974年11月16日(39歳)
出身地 サルフォード
身長 168cm[2]
体重 70kg[2]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2011
2012-2013
マンチェスター・ユナイテッドFC
マンチェスター・ユナイテッドFC
466 (102)
代表歴
1997-2004[3] イングランドの旗 イングランド 66 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年5月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ポール・スコールズPaul Scholes, 1974年11月16日 - )は、イングランド出身のサッカー選手。1994年にデビューして以降マンチェスター・ユナイテッドFCに2013年まで在籍していた。元イングランド代表選手であり、1998年2002年に開催されたワールドカップEURO2000EURO2004に出場している。

マンチェスター・ユナイテッドでは公式戦で650試合以上に出場し、歴代4位の出場記録数を誇っている。キャリアを通して120枚以上のイエローカードを提示されており、10度の退場処分を受けている[4][5][6]

生い立ち[編集]

スコールズは、グレーター・マンチェスターに位置するサルフォードにある、ホープ・ホスピタルでステュワートとマリナの元に生を受けた。スコールズが18ヶ月の時に家族はグレーター・マンチェスターに位置するミドルトンのラングレイ地区に移った[7]オールダム・アスレティックのサポーターであったが、初めてプレイしたクラブは、ラングレイ・ファロウズであった。また、クリケットでも優れた才能を発揮していた。14歳からマンチェスター・ユナイテッドFCでトレーニングを受け始め、1991年の夏にクラブと練習生契約を結んだ[8]

クラブ経歴[編集]

スコールズは、デビッド・ベッカムニッキー・バットガリー・ネヴィルライアン・ギグスらと異なり、1992年のFAユースカップ優勝メンバーではないが、フィリップ・ネヴィルと同様、翌シーズンのFAユースカップ決勝に進んだメンバーの一人である[9]1993年7月23日にプロ契約を結んだが、チームでブレイクしたのは、1994-95シーズンであり、リーグ戦で17試合に出場し、5得点を挙げた。トップチームデビューとなったのは、1994年9月21日に行われたリーグカップポート・ヴェイルFC戦であり、その3日後に行われたイプスウィッチ・タウンFC戦でプレミアリーグデビューを果たした。チームは2-3で敗れたが、スコールズは初得点を記録した。1995年のFAカップ決勝には交代で出場したが、チームは0-1でエヴァートンFCに敗れた。

1994-95シーズンを最後にマーク・ヒューズチェルシーFCに去り、スコールズは多くの出場機会を得るようになった。エリック・カントナが長期の出場停止を受けていたため、シーズン序盤の2ヶ月は、アンディ・コールと組み、フォワードとして出場した。公式戦を通して、14得点を挙げ、ユナイテッドは、イングランドのクラブで初めてダブルを2度達成したクラブとなった[10]。翌シーズンもリーグタイトルを獲得したが、3ゴールに留まった。

1997-98シーズンは、ロイ・キーンが9月の終わりに膝を負傷し、チームを離脱したため、代わりに中盤でプレイしたが、ユナイテッドはメジャータイトルを一つも獲得することなくシーズンを終えた。これは、1990年代で2度しかないことだった[11]

1998-99シーズンは、プレミアリーグFAカップチャンピオンズリーグのトレブルを達成したシーズンであるが、スコールズは中心選手の一人であった。ニューカッスル・ユナイテッドFCとのFAカップ決勝では、得点を決め、チャンピオンズリーグ準々決勝のインテル戦では、アウェイゴールを挙げるなどの活躍をしたが、決勝戦は累積警告で出場停止となった[12]

2002-03シーズンは、リーグ戦で自己最多の14得点を挙げた。翌シーズンはリーグ戦での得点数は減ったものの、FAカップでは自己最多の4得点を挙げた。2005年のFAカップでは、チームの決勝進出に貢献したが、決勝のPK戦でイェンス・レーマンに止められてしまい、アーセナルFCに敗れた。2005-06シーズンは、シーズンの後半を目が霞むという症状の視力障害のために棒に振ってしまった。原因が不明であり、現役を引退しなければならない恐れもあったが、克服しシーズン最終戦のチャールトン・アスレティック戦に出場を果たした。しかし、完全には回復しなかったと伝えられている[13]

2006年10月22日の2-0で勝利したリヴァプールFC戦に出場し、リーグカップのポート・ヴェイル戦でデビューしてから、12年目で公式戦500試合出場を達成した9人目の選手となり、サー・ボビー・チャールトンビル・フォルケスデニス・アーウィン、そして、チームメイトのガリー・ネヴィルライアン・ギグスと言った選手たちの仲間入りを果たした。スコールズは、500試合目の出場となったリヴァプール戦でゴールを挙げた[14]

1-0で勝利した2007年3月3日のリヴァプール戦では、シャビ・アロンソに対して腕を振り、退場処分となった。これは、2005年4月以来の出来事であった[15]。1ヶ月後のチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのASローマ戦でも退場となった。8月23日には、イングランドサッカー殿堂の候補に選ばれた。

2007年10月23日のディナモ・キエフ戦を前にした練習中に膝の靭帯を損傷してしまい、2008年1月まで、チームを離脱することになり、FAカップ4回戦のトッテナム・ホットスパーFC戦で途中出場し、復帰を果たした。2008年4月23日のFCバルセロナ戦でチャンピオンズリーグ通算100試合出場を達成し、セカンドレグではチームを決勝進出に導く唯一のゴールを挙げたが[16]、その後のリーグ戦でクロード・マケレレと接触し、負傷してしまった。チェルシーとの同国対決となった決勝戦で復帰を果たし、試合中に鼻骨を骨折したがライアン・ギグスと87分に交代するまで出場した。PK戦の末にチームは6-5で勝利し、クラブは3度目となるチャンピオンズリーグ優勝を果たした[17]

2008年9月、スコールズは殿堂入りを果たした[18][19]。2008年12月の『デイリー・ミラー』に掲載されたインタビューでは、2年以内に引退するつもりだと明かした[20]

2009年1月24日のFAカップのトッテナム戦でシーズン初得点を挙げ[21]、2月8日のフラムFC戦でリーグ戦初得点を挙げた[22]。2-0で勝利した4月22日のポーツマスFC戦で公式戦通算600試合出場を果たした[23]

2010年2月16日に行われたチャンピオンズリーグのACミラン戦でゴールを決め、3-2で勝利したが、ミラン相手にアウェイゴールを奪ったのはクラブにとって初めてのことであり、スコールズは、サン・シーロミラノを本拠地とするインテルとミランからチャンピオンズリーグの試合でゴールを決めた初めての選手となった[24]2010年3月6日に行われたウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦でこの試合唯一となるゴールを挙げ、100得点を記録したプレミアリーグ史上19人目の選手となった[25]2010年4月16日に契約を一年延長し、2010-11シーズン終了後までクラブに留まることになった[26]

2010-11シーズンは、2010年8月8日に行われたコミュニティー・シールドのチェルシー戦でマン・オブ・ザ・マッチに選出され[27]、開幕戦となったニューカッスル・ユナイテッドFC戦では2ゴールをアシストした[28]。8月22日に行われたフラム戦でクラブでの公式戦通算150ゴールを達成し[29]、2010年8月の月間最優秀選手に選出された[30]2011年4月16日に行われたFAカップ準決勝のマンチェスター・シティFC戦では退場処分を受け、チームも0-1で敗れた[31]

2011年5月31日に現役引退を表明。翌2011-12シーズンはコーチとしてクラブに留まることになった[32]

引退から約半年後の2012年1月8日、現役復帰することが発表された[33]。同日のFAカップのマンチェスター・シティ戦でベンチ入りし、64分から出場した。

2012年9月15日ウィガン戦で公式戦通算700試合出場を達成。自身もゴールを飾り試合は4-0で勝利している。

2013年5月12日に二度目の現役引退を表明[34]

代表経歴[編集]

A代表デビューは、1997年オールド・トラッフォードで行われ、2-0で勝利した、南アフリカとの親善試合である。1998 FIFAワールドカップのメンバーにも選ばれ、初戦のチュニジア戦では、終了間際にゴールを決めた。

ワールドカップ終了後も代表に選出され続け、1999年3月27日のポーランド戦ではハットトリックを決めた。EURO2000予選のスコットランドとのプレイオフでは、ファーストレグで2ゴールを挙げる活躍を見せ、合計得点2-1で勝利し、チームを本大会出場へ導いた。6月のスウェーデンとの親善試合で退場処分となり、ウェンブリー・スタジアムで行われた国際試合で退場した、最初で最後のイングランドの選手となった。

代表でも中心選手となり、2002 FIFAワールドカップにも出場したが、大会終了後のスヴェン・ゴラン・エリクソンの中では、中盤をスティーヴン・ジェラードフランク・ランパードで構成しようとしており、スコールズは左サイドハーフで起用されるなど、地位が下がってしまった[35]。2004年8月に、家族との生活とマンチェスター・ユナイテッドでのプレイを優先させるため、代表からは引退すると宣言した[36]。新しく監督に就任にした、スティーブ・マクラーレンから、代表に復帰するよう説得されたが断っている[37]

2010年5月にはマクラーレンに続いてファビオ・カペッロからも2010 FIFAワールドカップに向けて復帰するよう話を受けたが、家族と過ごしたいとの理由で断った[38]。しかし、2010年7月27日にスコールズは、プレイしないという選択を取ったことを後悔していると明かした[39]

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン 背番号 リーグ FAカップ リーグカップ CL[40] その他[41] 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マンチェスター・ユナイテッド 1994-95 24 17 5 3 0 3 2 2 0 0 0 25 7
1995-96 22 26 10 2 1 1 2 2 1 0 0 31 14
1996-97 18 24 3 2 2 2 1 4 0 1 0 33 6
1997-98 31 8 2 0 1 0 7 2 1 0 42 10
1998-99 31 6 6 1 1 0 12 4 1 0 51 11
1999-00 31 9 - 0 0 11 3 3 0 45 12
2000-01 32 6 0 0 0 0 12 6 1 0 45 12
2001-02 35 8 2 0 0 0 13 1 1 0 51 9
2002-03 33 14 3 1 6 3 10 2 0 0 52 20
2003-04 28 9 6 4 0 0 5 1 1 0 40 14
2004-05 33 9 6 3 2 0 7 0 1 0 49 12
2005-06 20 2 0 0 0 0 7 1 0 0 27 3
2006-07 30 6 4 0 0 0 11 1 0 0 45 7
2007-08 24 1 3 0 0 0 7 1 0 0 34 2
2008-09 21 2 2 1 3 0 6 0 3 0 35 3
2009-10 28 3 0 0 2 1 7 3 1 0 38 7
2010-11 22 1 3 0 0 0 7 0 1 0 32 1
2011-12 22 17 4 2 0 0 0 2 0 0 0 21 4
2012-13 16 1 3 0 0 0 2 0 0 0 21 1
期間通算 499 107 49 13 21 9 134 26 15 0 718 155

獲得タイトル[編集]

クラブ
代表

イングランド U-18

個人

評価[編集]

ジネディーヌ・ジダンは、「最も手強かった相手?スコールズだ。まようことなく彼は彼の世代で最も素晴らしい選手だ」と述べ、ティエリ・アンリは、「疑うまでもなく、プレミアシップで最も素晴らしい選手はスコールズだ。彼はなんでも出来る」と話した[42]ジョゼップ・グアルディオラは、「ユナイテッドのすべての選手の中では、スコールズを選びたい。彼はあの世代の最高のMFなんだ。私も彼と一緒にプレーしてみたかったよ」と語っている。また、シャビアンドレス・イニエスタもスコールズのファンである事を公言しており、イニエスタはUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11決勝戦後にスコールズとユニフォーム交換をしている。マンチェスター・ユナイテッドとイングランドの英雄であるボビー・チャールトンはスコールズについて、「ポールは常に正確なパスでゲームを支配している。見ていてとても美しい選手だ」と、話し[43]マルチェロ・リッピは、「豊かな才能と個性を備えたオールラウンドなミッドフィールダーだ」と、述べた[44]BBCの解説者でかつてはリヴァプールの選手であったアラン・ハンセンは、「これまでプレミアリーグでプレイした選手の中でも3本か5本の指に入る選手だ。彼のパスや動き、テクニックは誰にとっても手本となる」と、話している[45]

私生活[編集]

スコールズは、気管支喘息を患っている[46]。彼は、妻のクレアと3人の子ども、アーロン[47][48]、アリシア、アイデン[49]オールダムサドルワース・ムーアで生活している[50]

脚注[編集]

  1. ^ さようなら、スコールズ。マンU、1999年の三冠組は今?
  2. ^ a b Paul Scholes
  3. ^ “Paul Aaron Scholes - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/scholes-intl.html 
  4. ^ UEFA Championship League / All Time / Most Bookings
  5. ^ Roy's record and getting shirty
  6. ^ Scholes must pass more and tackle less if he is to be remembered as a great
  7. ^ BBC Radio Manchester Features
  8. ^ Simply the best
  9. ^ Old Trafford band of brothers prepare for split
  10. ^ Spccoer Milestones
  11. ^ Club Trophy Room, ManUtd.com
  12. ^ Champions League final: Paul Scholes deserves European Cup success, says David Beckham
  13. ^ Papers: Scholes still troubled
  14. ^ Man Utd 2-0 Liverpool
  15. ^ Liverpool 0-1 Man Utd: O'Shea stuns Anfield
  16. ^ Man Utd 1-0 Barcelona (agg 1-0)
  17. ^ Man Utd earn dramatic Euro glory
  18. ^ Paul Scholes Hall of Fame Profile
  19. ^ Why Scholes is Man Utd's talisman
  20. ^ Paul Scholes reveals he plans to retire from Manchester United in two years
  21. ^ Man Utd 2-1 Tottenham
  22. ^ Man Utd 3-0 Fulham
  23. ^ Man Utd 2-0 Portsmouth
  24. ^ AC Milan 2-3 Man Utd
  25. ^ Wolverhampton 0-1 Man Utd
  26. ^ Paul Scholes signs new one-year contract with Man Utd
  27. ^ Man Utd boss Alex Ferguson praises Paul Scholes display
  28. ^ Man Utd 3-0 Newcastle
  29. ^ Fulham 2-2 Man Utd
  30. ^ Scholes is Barclays Player of the Month
  31. ^ Man City 1-0 Man Utd
  32. ^ Scholes retires - but stays at OT
  33. ^ ユナイテッド、スコールズが現役復帰goal.com 2012年1月8日
  34. ^ スコールズが2度目の引退を表明goal.com 2013年5月12日
  35. ^ Retirement of Scholes adds to England woe
  36. ^ Scholes quits England
  37. ^ Scholes's England U-turn
  38. ^ Fabio Capello makes surprise England World Cup choices
  39. ^ Paul Scholes hints at England World Cup regret
  40. ^ 1995-96シーズンは、UEFAカップ
  41. ^ その他とはコミュニティーシールド, UEFAスーパーカップ, インターコンチネンタルカップ, FIFAクラブワールドカップのこと。
  42. ^ Scholes has his moment in the spotlight - it's 600 up for the red-top talisman
  43. ^ Football Hall of Fame: Paul Scholes
  44. ^ Why Scholes is Man Utd's talisman
  45. ^ Alan Hansen's column
  46. ^ Athletes with asthma
  47. ^ Manchester United fans have two years to savour Paul Scholes
  48. ^ New goals for Scholes
  49. ^ The War of the WAGSKIS: The real battle for Moscow
  50. ^ Paul Scholes: 'I know there isn't much time left so I have to enjoy it'

外部リンク[編集]