ジャック・ウィルシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ウィルシャー Football pictogram.svg
Jack Wilshere 2009 cropped.jpg
名前
本名 ジャック・アンドリュー・ガリー・ウィルシャー
Jack Andrew Garry Whilshere[1][2]
ラテン文字 Jack Wilshere
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1992年1月1日(22歳)
出身地 スティーブニッジ
身長 173cm[3]
体重 70kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション MF (OH)
背番号 10
利き足 左足
ユース
2001
2001-2008
ルートン・タウンFC
アーセナルFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-
2010
アーセナルFC
ボルトン・ワンダラーズFC (loan)
55 (1)
14 (1)
代表歴2
2006-2007
2007-2009
2009-
2009-
2010-
イングランドの旗イングランドU-16
イングランドの旗イングランドU-17
イングランドの旗イングランドU-19
イングランドの旗イングランドU-21
イングランドの旗 イングランド
2 (0)
9 (1)
1 (0)
7 (0)
7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年3月13日現在。
2. 2013年3月13日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジャック・ウィルシャー(Jack Wilshere, 1992年1月1日 - )は、イングランドスティーブニッジ出身のサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

9歳からアーセナルFCのアカデミーに所属。2007-08シーズンのリザーブリーグ及びU-18リーグでは、20試合に出場し15得点という結果を残す。(このシーズンのアーセナルリザーブチームにおけるゴール・オブ・ザ・シーズンも受賞)

Bチームにおいてテクニックを全面に押し出したスタイルが評価され、2008年夏のトップチームのオーストリア遠征にも帯同。プレシーズンマッチには全試合に出場し、3得点を含む素晴らしいプレーをみせる。その活躍が認められ、16歳という異例の若さで2008-09シーズンのトップチームに昇格。2008年9月13日にはブラックバーン・ローヴァーズFC戦でクラブ史上最年少(16歳と256日)でのプレミアリーグデビューを達成。2008年9月23日のカーリングカップシェフィールド・ユナイテッドFC戦では自身のトップチームでの公式戦初ゴールを記録している。

2010年1月、ボルトン・ワンダラーズFCへレンタル移籍。

2010年6月にアーセナルへ復帰し、18歳の若さにして開幕戦のリヴァプールFC戦でスタメンに名を連ねた。その後も試合に出場し、チャンピオンズリーグデビューも経験。9月にはアーセナルの月間最優秀選手に選出された[4]。11月27日のアストン・ヴィラFC戦でプレミアリーグ初得点を記録。2011年2月16日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦FCバルセロナ戦では93.5%という高いパス成功率を記録し[5]、2-1での逆転勝利に貢献。アーセナル公式サイトではマン・オブ・ザ・マッチに選出され「キャリアで最高の夜だ」と喜びを語った[6]。2011年4月17日にはPFA年間最優秀若手選手賞を受賞した[7]

U-17欧州選手権には2年続けて出場。2009年8月にはU-21イングランド代表にも初選出された。2010 FIFAワールドカップでは代表に招集されることはなかったが、ワールドカップ後最初の試合となった2010年8月11日のハンガリーとの親善試合に向け、A代表に初招集された。ウィルシャーはこの試合で代表デビューを果たし、以降はコンスタントに代表に招集されている。2011-12シーズンは負傷の影響で全試合欠場。EURO2012も怪我の影響で欠場せざるを得ない状態となった。2012-13シーズン、ファン・ペルシの移籍で空番号となった「10」を託された。2012年10月28日のQPR戦で14カ月ぶりに復帰した。

プレースタイル[編集]

MFとして攻守に高い能力と精神力、献身的な姿勢を持っており、アーセン・ヴェンゲルポール・スコールズを思わせると評している[8]

非常に高度なボールテクニックを持つ。決定力、パスセンス、キープ力等はどれもイングランド人では一級品であり、アーセナルの中でもその才能は際立っている[9][10][11]フランセスク・ファブレガスはウィルシャーのテクニックを「スペイン的」であると表現した[12]。小柄な身体からは想像も出来ないような、プレミアリーグ特有の激しいプレースタイルにも負けない当たりの強さをもつ。球際にも強さを見せ、果敢にスライディングタックルを仕掛ける[13]

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズFC 2010.1-2010.6

タイトル[編集]

クラブ[編集]

イングランドの旗 アーセナルFC

個人[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]