ルイ・フィリップ2世 (オルレアン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・エガリテ

オルレアン公爵ルイ・フィリップ2世ジョゼフ: Louis Philippe II Joseph, duc de Chartres, puis duc d'Orléans, 1747年4月13日 - 1793年11月6日)は、フランスの王族で、オルレアン派を率いた指導者である。

ブルボン家の分家の一つであるオルレアン家は、フランス王国の5%が領地である有数の富豪であった。公爵はその財力をもって王位を狙う野心家で、高等法院と王権との争いに介入して宮廷と対立し、革命前に最初に国王に逆らったことで自由主義貴族の代表となった。王妃マリー・アントワネットを盛んに中傷し、その政敵であったことでも知られる。

バスティーユ襲撃事件を誘発し、フランス革命が勃発すると歓迎してフィリップ・エガリテPhilippe Égalité平等公フィリップ)を自称した。息子はシャルトル公爵およびオルレアン公爵を継承し、七月王政の王となったルイ・フィリップ1世である。

略歴[編集]

オルレアン公ルイ・フィリップ1世とコンティ公ルイ・アルマン2世の娘ルイーズ・アンリエット・ド・ブルボン=コンティの間にサン=クルーで生まれる。モンパンシエ公、シャルトル公となり、1769年、ルイ14世の庶系の曾孫娘ルイーズ・マリー・ド・ブルボン=パンティエーヴルと結婚し、1785年に父の死によってオルレアン公となった。私生活は放蕩かつ無節操で、民衆に開放した自分の宮殿パレ・ロワイヤルは歓楽街として使われ、政治的な危険分子はもちろん、娼婦の溜まり場にもなった。

アメリカ独立戦争を支持し、首飾り事件が起こるとそれをマリー・アントワネットを攻撃するのに利用した。彼は2度の名士会の代表として宮廷の決定に反対した。多くの裁判管区の貴族から全国三部会に選ばれた彼は、早くから第三身分に加担し、1789年6月25日には進歩的貴族46名の先頭に立って国民議会に合流して、貴族の反乱を主導した。バスティーユを占領することになる民衆は、彼の宮殿パレ・ロワイヤルから行列を組んで出発した。

政敵ラファイエットに敗れて一時イギリス使節となったが、1790年7月に帰国した。立憲議会ではミラボーと結んだが、1792年8月10日の事件で王権がなくなり、共和政が宣言されると、元次期国王候補者の彼はうさんくさい目で見られ、それを打ち消そうと国民公会でも最左翼に位置したり、貴族称号を廃止し「平等のフィリップ(フィリップ・エガリテ)」と自称したりした。1793年1月18日、ルイ16世の処刑にも賛成票を投じた。

1793年3月27日、デュムーリエ将軍が革命政府の打倒とオルレアン家王位擁立を謀って失敗すると、フィリップ・エガリテはジロンド派によって、息子が祖国を見限ったことや共和制転覆の嫌疑を受けて告発された。そして4月3日に逮捕され、国王一族とともにマルセイユのサン・ジャン城に幽閉された。彼はルイ16世に代わって王位に即こうとしたとの容疑を否認したが、パリの革命裁判所で財産を没収され、11月6日の夕刻、革命広場の断頭台で処刑された。

家族[編集]

ルイーズ・マリー・ド・ブルボン=パンティエーヴルとの間に3男2女をもうけたが、双子の姉妹のうち1人は夭逝した。

  • ルイ・フィリップ(1773年 - 1850年) オルレアン公、のちフランス王
  • アントワーヌ・フィリップ(1775年 - 1807年) モンパンシエ公
  • ルイーズ・マリー・アデライード(1777年 - 1847年)
  • ルイーズ・マリーの双子の姉妹(1777年、夭折)
  • ルイ・シャルル(1779年 - 1808年) ボジョレー伯

関連項目[編集]

先代:
ルイ・フィリップ1世
オルレアン公
1785年 - 1793年
次代:
ルイ・フィリップ3世