ルイーズ・マリー・ド・ブルボン=パンティエーヴル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・マリー・ド・ブルボン=パンティエーヴル (エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン画、ヴェルサイユ宮殿美術館蔵)

ルイーズ・マリー・アデライード・ド・ブルボン=パンティエーヴルLouise Marie Adélaïde de Bourbon-Penthièvre, 1753年3月13日 - 1821年6月23日)は、オルレアン公ルイ・フィリップ2世(別名フィリップ・エガリテ)の妻。マドモワゼル・ディヴリー(Mademoiselle d'Ivry)、マドモワゼル・ド・パンティエーヴル(Mademoiselle de Penthièvre)と呼ばれた。

生涯[編集]

パンティエーヴル公ルイ・ジャン・マリーマリー・テレーズ・デスト=モデーヌモデナ公フランチェスコ3世と妃カルロッタの娘)の娘としてパリで生まれた。兄ランバル公ルイ・アレクサンドルが、その妻ランバル公妃マリー・ルイーズとの間に子がないまま1768年に早世したため、女子相続人となった。

1769年6月、ルイ・フィリップと結婚。5子を生んだが、ルイ・フィリップは愛人ジャンリ夫人を子供の家庭教師と称して家に呼び込むなど、非常に不幸な結婚生活であった。フランス革命時は1793年ノルマンディーのビジー(Bizy)城に幽閉される。オルレアン家の財産が没収されるとルイ・フィリップ2世と次男モンパンシエ公アントワーヌ・フィリップ、三男ボージョレー伯ルイ・シャルルは共にマルセイユのサン・ジャン城で幽閉される。

ルイーズ・マリーは兄嫁であるランバル公妃マリー・ルイーズの虐殺やルイ16世の処刑に怯えたが、1793年11月6日のルイ・フィリップ処刑の際は気丈に振舞い、看守達を驚かせている。「平等のフィリップ(フィリップ・エガリテ)」と自称した夫のニックネームから、その後「エガリテ未亡人」(Veuve Égalité)と国民に呼ばれた。1794年に釈放されると、ドイツで亡命者の保護を行った。1796年に次男モンパンシエ公と三男ボージョレー伯が釈放されるが、2人はアメリカ合衆国へ亡命した。1797年ブルボン家の人間に国外退去命令が出ると、残されたオルレアン家一族と共にスペインへ移住した。

1814年、ルイーズ・マリーはフランスに帰国したが、長男ルイ・フィリップの国王即位を見ることなく、1821年イヴリー=シュル=セーヌで死亡した。死因は乳癌であった。

子女[編集]