グレース・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレース・エリオット

グレース・エリオット (Grace Dalrymple Elliott,1754年? - 1823年)は、オルレアン公ルイ・フィリップ2世の愛

結婚[編集]

スコットランドエディンバラで、弁護士の娘として生まれた。両親が幼い頃に別れたため、彼女はフランス系の修道院で育った。1771年に、エディンバラの社交界にデビューし、その美しさと機知で有名になった。グレースは、富豪でかなりの年上のジョン・エリオットと結婚した。ところが、1774年、ヴァレンティア卿との醜聞がエディンバラ中に広まり、外聞を恥じた夫から12,000ポンドもの慰謝料を受け取って離婚した。彼女は兄弟に連れ去られ、別の修道院に押し込められた。グレースは、後援者の一人であったコルモンデリ卿に救い出されてロンドンへ行き、彼の愛人となった。その後、彼女は公娼として富裕な男たちの中で生きた。

1782年、グレースは女児を生んだ。プリンス・オブ・ウェールズ(のちのジョージ4世)、コルモンデリ卿ら四人もの男性が同時に、赤ん坊の父親であると言い立てた。

1778年、トマス・ゲインズバラによってグレースの肖像画が描かれ、この絵は現在メトロポリタン美術館が所蔵している。

フランス[編集]

1784年、王太子ジョージから、グレースはオルレアン公を紹介された。1786年からグレースはパリへ移り、公爵との生活を始めた。フランス革命の勃発後も、彼女はフランスにとどまった。公爵は「フィリップ・エガリテ」と呼ばれた革命支持者で、従兄ルイ16世と、彼が忌み嫌った王妃マリー・アントワネットの処刑に賛成票を投じた。グレースは彼と違って王党派を支援していた。1793年の王の処刑に、グレースは打ちのめされた。

フランスは、恐怖政治のまっただ中にあり、狂ったようにかつての王家に関するものを糾弾し続けた。革命の支援者であったにもかかわらず、ルイ・フィリップは処刑された(彼はルイ13世の子孫だった)。グレースは、ルイ・フィリップとの過去の関係を理由に囚われの身となった。彼女はフランスのみならず、イギリスでも王党派として名前が知れ渡っていた。グレースは、ルイ15世の晩年の寵姫デュ・バリー夫人と同じ雑居房に入れられた。

投獄中、グレースは王妃が1793年10月に処刑されたことを知った。グレースはのちに、「王妃の威厳ある死にならおうと、囚人の全てが心を動かされた。」と書き記した。

晩年[編集]

デュ・バリー夫人も含め、多くの彼女の友人・知己が断頭台に送られた。ロベスピエールらの処刑のあと、恐怖政治が終わりを告げ、グレースは辛うじて解放された。

のちに、グレースがナポレオン・ボナパルトに求婚されたが断り、彼の愛妾になったという噂が流れた。グレースは資産家として、現在のオー=ド=セーヌ県ヴィル=ダヴレーで死んだ。

関連項目[編集]