シャルル・グノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・グノー
Charles Gounod
シャルル・グノー}
シャルル・グノー
基本情報
出生名 シャルル・フランソワ・グノー
Charles François Gounod
出生 1818年6月17日
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国、パリ
死没 1893年10月18日
フランスの旗 フランス共和国、サン=クルー
職業 作曲家

{{{Influences}}}

シャルル・フランソワ・グノーフランス語: Charles François Gounod1818年6月17日 - 1893年10月18日)は、フランス作曲家。わけても、ゲーテの『ファウスト』第1部に基づく同名のオペラで有名である。バチカンの実質的な国歌である『賛歌と教皇の行進曲』を作曲したことでも知られている。

生涯[編集]

パリ生まれ。母はピアニスト、父は設計士であった。母親にピアノの手ほどきを受けて楽才を開花させ、パリ音楽院に入学してオペラ作曲家フロマンタル・アレヴィに師事した。1839年カンタータ『フェルディナン』(Ferdinand)でローマ大賞を受賞、ただちにローマへ留学し、パレストリーナの作品を研究した。

2年間のローマ留学の後、ウィーンベルリンライプツィヒ等を経由して、1843年にパリに戻り、サン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊楽長兼教会オルガニストとなった。1851年に最初のオペラ『サッフォー』(Sapho)を作曲するが、1859年の『ファウスト』(Faust)まで大成功をおさめることはできなかった。この作品は今日でも最も有名なグノー作品であるが、シェイクスピア原作のオペラ『ロメオとジュリエット』(1867年初演)もまた定期的に上演・録音がなされている。

1870年から1875年まで、グノーは戦乱を避けてイングランドに過ごし、のちの王立合唱協会(ロイヤル・コーラル・ソサエティ)の首席指揮者を務めた。この頃から、グノー作品の多くが実質的に声楽曲や合唱曲となった。

グノーは後半生において主に宗教曲を手掛けているが、中でもバッハの『平均律クラヴィーア曲集』第1巻第1曲の前奏曲に旋律をかぶせた『アヴェ・マリア』は有名であり、『グノーのアヴェ・マリア』と称されている。

グノーの管弦楽曲『操り人形の葬送行進曲』は、アルフレッド・ヒッチコックのテレビシリーズでテーマ音楽に用いられて有名になった。

2つの交響曲ハイドンモーツァルトらの作品を熟知した上で作曲されており、ベートーヴェンと違ってスケルツォ楽章ではなくメヌエットが使われている。この2曲は、また16歳のビゼー交響曲ハ長調を作曲する上でも手本となった。

1893年、パリ郊外のサン=クルーで死去。

主要作品[編集]

歌劇[編集]

  • サッフォーSapho,1851)
    E.オージエの台本による3幕のオペラ。1884年に4幕に改訂される。
  • 血まみれの修道女La nonne sanglante,1854)
    A-E.スクリーブとG.ドラヴィーニュの台本による5幕のオペラ。『血にまみれた尼』とも。初期作品であるが故に演奏や録音は行われないが、最近になってCPOレーベルからリリースされている。
  • いやいやながら医者にされLe médecin malgré lui,1858)
    J.バルビエとM.カレ、作曲者自身の台本による3幕のオペラ。『にわか医師』とも表記される。エリック・サティはこのオペラのレチタティーヴォを編曲している。
  • ファウストFaust,1859)
    J.バルビエとM.カレの台本による5幕のオペラ。最も有名なオペラで、同時に最初に大規模な成功を収めた作品でもある。1869年にバレエ音楽を追加する形で改訂している。
  • La colombe,1860)
    J.バルビエとM.カレの台本による幕のオペラ。
  • フィレモンとボーシスPhilémon et Baucis,1860)
    J.バルビエとM.カレの台本による幕のオペラ。
  • シバの女王La reine de Saba,1862)
    J.バルビエとM.カレの台本による幕のオペラ。
  • ミレイユMireille,1864)
    M.カレの台本による5幕のオペラ。2番目に成功したオペラである。
  • ロメオとジュリエットRoméo et Juliette,1867)
    J.バルビエとM.カレの台本による5幕のオペラ。『ファウスト』と共に最も知られる作品。ジュリエットのワルツは独唱者たちに好んで歌われるアリアである。
  • サン=マールCinq-Mars,1877)
    L.ガレとP.ポワルソンの台本による4幕のオペラ。
  • ポリュクトPolyeucte,1878)
    J.バルビエとM.カレの台本による5幕のオペラ。
  • ザモラの貢ぎ物Le tribut de Zamora,1881)
    A.P.デリーとJ.ブレジルの台本による5幕のオペラ。ただし台本作者にJ.バルビエとM.カレも関わっているとされる。このオペラを以ってグノーはオペラの作曲を止めたため、最後の作品である。

劇音楽[編集]

  • ユリシーズUlysse,1851)
    Ponsardの劇のための音楽。全5幕。
  • 町人貴族Le bourgeois gentilhomme,1856)
    モリエールの劇のための音楽。
  • フランスの2人の王女Les deux reines,1865)
    ルグヴェの劇のための音楽。全4幕。
  • ジャンヌ・ダルクJeanne d'Arc,1873)
    J.バルビエの劇のための音楽。全5幕。

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番 ニ長調(1854)
    全4楽章からなる最初の交響曲。演奏されることはほとんどないが、ミシェル・プラッソンの録音が残されている。
  • 交響曲第2番 変ホ長調(1856)
    全4楽章からなる2番目の交響曲。こちらも第1番と同様に演奏されることはほとんどないが、イーゴリ・マルケヴィチによる録音(1957年)は隠れた名盤として知られている。

宗教音楽・ミサ曲[編集]

  • 聖ツェツィーリアのための荘厳ミサ ト長調Messe solennelle en l'honneur de Sainte Cécile,1855)
    3人の独唱陣(S,T,Bs)、合唱、管弦楽とオルガンのための作品。同年に作曲された『荘厳ミサ』より改作したもの。
  • レクイエム ハ長調Requiem en Do majeur,1893)
    4人の独唱陣(S,A,T,Bs)、合唱と管弦楽(ピアノまたはオルガンの任意)のための作品。

エピソード[編集]

グノーが楽長を務めていたサン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊に、後に画家として著名になるピエール=オーギュスト・ルノワールが、1850年頃から数年間所属していた事がある。グノーはルノワールに声楽を教え、ルノワールの歌手としての才能を高く評価していた。そのため、グノーはルノワールの両親にルノワールをオペラ座の合唱団に入れることを提案したが、断られた。グノーはルノワールを歌手にしようと考えていたので、その才能を惜しんだ。

外部リンク[編集]