ジョゼフ・フーシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
ジョゼフ・フーシェ
Joseph Fouché
Fouché Joseph Duke of Otranto.jpg
生年月日 1759年5月21日
出生地 ル・ペルラン
没年月日 1820年12月25日
死没地 トリエステ
前職 教師
称号 オトラント公爵(1808年)
テンプレートを表示

ジョゼフ・フーシェ: Joseph Fouché, 発音例, 1759年5月21日 - 1820年12月25日)は、フランス革命第一帝政フランス復古王政の政治家である。ナポレオン体制では警察大臣を務めてタレーランと共に主要人物。特に百日天下崩壊後は臨時政府の首班を務めてナポレオン戦争の戦後交渉を行った。

近代警察の原型となった警察機構の組織者で、特に秘密警察を駆使して政権中枢を渡り歩いた謀略家として有名で、権力者に取り入りながら常に一定の距離を保って激動の時代を生き抜いた人物であったとされ、「カメレオン(冷血動物)」の異名を持つ。後世からは「過去において最も罪深く、将来においても最も危険な人物」と評された。オーストリアのユダヤ人作家シュテファン・ツヴァイクによる評伝が有名。

略歴[編集]

ナント近郊のロワール=アトランティック県ル・ペルラン[1]出身。父は船員で、フーシェにも後を継がせるつもりだったが、体が弱く、勉学の才があったためにナントのオラトリオ教団[2]で学ぶ。その後、僧籍には入らずに、同教会所属の学校で物理科学を教える教師となった。なお、この時期に北部の町アラスにおいて、カルノーや無名の弁護士であったロベスピエールと交わり、彼の妹と交際している。

こうした面々とのつながりから政治運動に目覚めたフーシェはフランス革命後に教会を否定しする非キリスト教化運動に関わるようになって、1792年国民公会の議員に当選し、パリに向かった。当初は同郷であるジロンド派に近い穏健共和派の立場であったが、国王ルイ16世の裁判の際に処刑票を投じ、それを契機にジャコバン派内の山岳派に鞍がえした。これによりジロンド派追放から免れるが、国王殺しの罪が後に尾を引くことになる。

ロベスピエールによる恐怖政治を支持して革命運動に身を投じ、1793には私有財産を禁じる法令をナント州などで発布し、リヨンの大虐殺を指導するなど辣腕をふるうが、その後ロベスピエールと対立した。テルミドールのクーデターに参加し、情報収集能力の高さを評価されて総裁政府の警察大臣を務めた。ブリュメールのクーデターでは体制側であったが、ナポレオンの政権奪取に貢献し、統領政府でも引き続いて警察大臣に就任した。1800年のサン・ニケーズ街暗殺未遂事件の阻止には失敗したが、その入念な捜査でカドゥーダルの陰謀を暴き、王党派を一網打尽にすることに成功。終身制に反対して一時失脚するが、アンギャン公事件で再評価され、ナポレオン1世の帝政において警察大臣に返り咲いた。

フーシェは総裁政府時代から密偵を雇い、秘密警察を使って国家のあらゆるものを監視させたと言われる。ナポレオンの私生活まで監視し、「奴はネコみたいな顔をして、ネコのように小賢しい」と言われ、「私はタレーランは信用したが、フーシェを信用したことは一度もない」とまで吐露される。それでいてナポレオンは、フーシェを厄介払い出来ず彼からの報告書には欠かさず眼を通し、一方フーシェもナポレオンにいくら面罵されても顔色一つ変えず自分の意見を淡淡とのべていたという。

1808年に衛星国ナポリ王国オトラント公爵に叙されるが、タレーランと同様にナポレオン帝国の崩壊を予想して、次政権の構想を画策し始める。翌年イギリス軍がベルギーに迫ったときに独断で国民軍を編成し、ベルナドットを司令官に据えた越権行為、対英和平交渉が露見して辞職した。この時の駐仏オーストリア大使シュヴァルツェンベルクは、「ナポレオンをなだめられる唯一の人物が全国に惜しまれつつ去った」と本国に報告している。その後、1813年、短期間であったが、ジュノー将軍の後任としてイリュリア州総督を務めた。

百日天下では再びナポレオンを支持して警察大臣に再復帰。崩壊後、退位したナポレオンに代わって臨時政府首班となり、ルイ18世パリに迎えたが、首班の地位はタレーランに奪われた。王政復古でも短期間だけ警察大臣となったが、王党派は国王殺しのフーシェを忘れていなかった。両親であるルイ16世とマリー・アントワネットを殺されたマリー・テレーズは、フーシェが現れると席を蹴り、決して同席しようとしなかった。1815年8月、フーシェは大臣就任後わずか2ヶ月で失脚し、ザクセン王国(当時はドイツ連邦の加盟国)駐在大使としてドレスデンに左遷された。1816年1月、国外追放される形でフランスから亡命した。

その後はオーストリアイタリアへと渡り歩き、1820年にトリエステで死んだ。晩年は家族と友人に囲まれた平穏な生活を営み、人が変わったように教会の参拝を欠かさなかったという。フーシェは死ぬまで敵対者の個人情報を手中に収め、保身に成功した。オトラント公としての居城跡地のフェリエール城があるセーヌ=エ=マルヌ県フェリエール・アン・ブリーに埋葬されている[1]

家族[編集]

  • 妻:ボンヌ=ジャンヌ・コワニョー 1792年に結婚
  • 長女:ニエーヴル・フーシェ(1793年 - 1794年
  • 長男:ジョゼフ=リベルテ・フーシェ(1796年 - 1862年)第2代オトラント公爵。 
  • 二男:アルマン・フーシェ(1800年 - 1878年)第3代オトラント公爵。 
  • 三男:アタナス・フーシェ1801年 - 1886年)第4代オトラント公爵。兄らと共にスウェーデンに渡り、スウェーデンの貴族として定住する
  • 二女:ジョゼフィーヌ=リュドミール・フーシェ(1803年 - 1893年) 1985年に歌手のジュリアン・クレルクと結婚したヴィルジニー・クーペリはこの系統
  • 妻:ガブリエル=エルネスティーヌ・ド・キャステラーヌ 前妻との死別後、1818年に結婚。子はいない。

その他[編集]

フーシェの登場するフィクション作品[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Le Pellerin
  2. ^ 16世紀にローマで設立され、1611年よりフランスで活動したカトリックに属する寄宿修道会。教育や音楽での功績が有名

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]