エマニュエル=ジョゼフ・シエイエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エマニュエル=ジョゼフ・シエイエス

エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスまたはシェイエスシィエス[1]Emmanuel-Joseph Sieyès1748年5月3日 - 1836年6月20日)は、フランス革命指導者、政治家聖職者総裁政府の5人の総裁のひとり(ルーベルの後任)。

人物[編集]

第三身分出身。フレジュスにて徴税人の子として生まれる。ドラギニャンのセミナリオで学ぶ。父親の勧めで聖職者となり、アベ・シエイエス(Abbé Sieyès)とも呼ばれる[2]。1788年オルレアン州議会の聖職階級議員となり、政治にも関与している。この年に『特権論』を発表している[3]

1789年1月刊行の著書『第三身分とは何か』において「フランスにおける第三身分=平民こそが、国民全体の代表に値する存在である」と訴え、この言葉がフランス革命の後押しとなった。[4] 1789年6月17日、国民議会を設立した。8月には貴族の特権が廃止された。シエイエスは、貴族に補償金を払うべきと提案するが、他の第三身分議員から却下された。 フランス革命初期に活躍。ジャコバン派が権力を握った恐怖政治の時代には逼塞して生き延びた。「革命のモグラ」の異名を持つ。 1795年に公安委員会委員になり、政界に復帰し、国民公会委員長になった。しかし、総裁政府に入るのは拒否した。その後プロイセン全権大使を務め、1799年にフランスにもどった。[5]

総裁政府の末期に総裁の1人に就任。強力な政府の樹立のため、軍隊に人気のあるナポレオンに接近してブリュメールのクーデターを起こす。クーデター成功により臨時執政の1人に就任するが、執政政府を樹立する過程で、軍事力を有するナポレオンに主導権を奪われ、実権のない元老院議長に棚上げされた。1808年帝国伯爵位を与えられる。

王政復古により国外追放となるが、七月革命後に帰国してパリで没した。

1789年のフランス革命後の憲法制定に際して

「第二院が代議院と一致するときは、無用であり、代議院に反対するならば、それは有害である」[6][7]

として、二院制を批判したとされる[8]。ただし、シエイエスらがフランス革命期に作った一院制の議会である国民公会は暴走を起こし、政敵である少数派を次々に死刑にする恐怖政治を引き起こしている。恐怖政治はテルミドールのクーデターにより終結させられ、一院制の国民公会はわずか3年でなくなり、その後できた共和暦3年憲法では、恐怖政治への反省から、二院制の議会が作られている。

脚注[編集]

  1. ^ 稲本洋之助=伊藤洋一=川出良枝=松本英実訳『第三身分とは何か』岩波文庫,2011年,ISBN 9784003400616
  2. ^ フランス革命
  3. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 2ページ
  4. ^ エマニュエル=ジョゼフ・シエイエス著,薬師院仁志訳『[新訳]第三身分とは何か』,PHP研究所,2009年,ISBN 9784569704906
  5. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 4ページ
  6. ^ a b 前田英昭 「参議院を考える」 (PDF)、『政治学論集』 (駒澤大学)第46号1-45頁、1997年9月30日NAID 110000189893http://ci.nii.ac.jp/els/110000189893.pdf?id=ART0000554296&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1374316550&cp=2013年7月20日閲覧 
  7. ^ 美濃部達吉 『議会制度論』 日本評論社〈現代政治学全集〉、1930年、120-121頁http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12813162013年7月20日閲覧。"シイエースの有名な言である『第二院は何の役に立たうか、若しそれが代議員に一致するならば、それは無用であり、若しそれに反對するならば、それは有害である』"。 
  8. ^ 一方で、1792年憲法制定のときには「ときに同一の問題を二度でも三度でも討議するのがよいことは明らかである」と発言した[6]

外部リンク[編集]


前任:
ジャン=シルヴァン・バイイ
アカデミー・フランセーズ
席次31

第8代:1803年 - 1816年
後任:
トロフィーム=ジェラール・ド・ラリー=トランダル