シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール
Charles-Maurice de Talleyrand-Périgord
Talleyrand, Charles-Maurice - Vieux.jpg
生年月日 1754年2月13日
出生地 Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
没年月日 1838年5月17日(満84歳没)
死没地 フランスの旗 フランス王国パリ
前職 司教議員外交官
称号 ベネヴァント大公

内閣 総裁政府
任期 1797年7月15日 - 1799年7月20日

フランスの旗 フランス第47代外相
内閣 統領政府 - 第一帝政
任期 1799年11月22日 - 1807年8月9日

Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国第52代外相
内閣 復古王政
任期 1814年5月13日 - 1815年3月20日

Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国初代首相 兼 第55代外相
任期 1815年7月9日 - 1815年9月26日
国王 ルイ18世
テンプレートを表示
壮年期の肖像画

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールCharles-Maurice de Talleyrand-Périgord, [talɛrɑ̃ perigɔr] 発音例1発音例2, 1754年2月13日2月2日説も)[1] - 1838年5月17日)は、フランスフランス革命から、第一帝政復古王政七月王政までの政治家外交官である。ウィーン会議ではブルボン家代表となり、以後も首相外相、大使として活躍し、長期にわたってフランス政治に君臨した。

姓はタレーラン=ペリゴールで、現代でもフランス有数の大貴族であるが、ブルボン王政ではオータン司教、第一帝政ではベネヴェント大公であった。日本語でのカナ表記はタレーランまたはタレイラン[2]。有名な画家ウジェーヌ・ドラクロワは、その容貌、容姿の酷似やフランス政府の保護などから、息子ではないかといわれる。フランス第二帝政の政治家シャルル・ド・モルニーは孫。

生涯[編集]

シャルルマーニュの末裔ペリゴール伯爵の直系子孫を自称する名門貴族の家柄で、タレーラン侯爵の次男の伯爵家の長男として生まれたシャルル=モーリスは、内反足で片足に障害を持っていたため、父の職責であった連隊長の後を継ぐことができず、父の指示で聖職者の道に進んだ。パリのサン・シュルピス神学校ソルボンヌ大学で神学を修め、1775年ランスのサン・ドニ修道院長の職に就いた。1779年司祭に叙階され、当時から反ローマ的な風潮の強かったフランスの教会においてもガリカニスムの急先鋒として知られた。一族の影響力によって順調に出世し、1788年ルイ16世によってブルゴーニュのオータン司教に任ぜられた。

1789年三部会の第一身分(聖職者)議員に選出され、自身が司教でありながら教会財産の国有化という反カトリック教会的な政策を推進した(万国共通の単位の制定〈後のメートル法〉を国民議会に提案したのも彼であると言われている)。1790年に国民議会議長に選出されるとともに司教職を自ら辞したが、ローマ教皇ピウス6世から、それまでの反カトリック教会的行為を咎められて破門されている。

1792年に外交使節としてイギリスに派遣されるが、フランスでジャコバン派による恐怖政治が吹き荒れたのでそのまま亡命し、アメリカ合衆国に渡った。

1796年にフランスに帰国し、当時愛人だったスタール夫人の推薦により総裁政府外務大臣となるが、1799年に辞任する。ナポレオン・ボナパルトブリュメール18日のクーデター陰謀に参加し、成立した統領政府で再び外務大臣となり、リュネヴィルの和約およびアミアンの和約の成立に貢献し、ナポレオンから高い評価を得る。1803年、ナポレオンの指示でサントル地方のヴァランセ城(fr)を購入・所有し、外賓の接待に使用した。ナポレオンの皇帝就任後は侍従長も兼ねたが、ヨーロッパ列強の勢力均衡を図ろうとする彼の考えと、ナポレオンのヨーロッパ支配の拡大戦略とは相容れず、1807年に外相を辞任。帝国顕官副大選挙人に就くも、ジョゼフ・フーシェとともにナポレオンの失脚を計画した。

1814年にナポレオンが失脚すると、連合国に請われて臨時政府の代表となり、ルイ18世の即位後は再びフランスの外務大臣となり、ウィーン会議に出席した。この会議では、正統主義を唱えて列強の利害対立を利用し、巧みな外交手腕でフランスの国益を守った。1815年にナポレオンの百日天下のあと、一時首相となったが、過激王党派にフランス革命期の政治活動を非難され失脚した。

1830年7月革命ではルイ・フィリップの即位に貢献し、この年から1834年までイギリス大使を勤めた。1838年、肺壊疽により死亡。

評価[編集]

「タレーランは、金儲けに精を出していないときは、陰謀を企んでいる」と酷評されたが、一方で敗戦国が戦勝国に要求を呑ませたことで敏腕政治家・外交家としての評価が高い。

ナポレオンとタレーランは、互いの天才的な才能を認めあったが、必ずしも親しい関係ではなかった。タレーランの老獪な政治手法をナポレオンは「絹の靴下の中の糞」とこき下ろすこともあった。タレーランは、変節の政治家として嫌われることも多いが、名外交官としてオーストリアのメッテルニヒと並び称され、今も評価が高い。メッテルニヒとともに外交の天才と称されることもある。タレーランは、長年対立関係にあったイギリスとフランスの同盟関係を固め、19世紀20世紀の200年続く両国の協調と同盟の基礎を作った。両国の同盟関係により後の第一次世界大戦第二次世界大戦のフランスを勝利に導いたのはタレーランの外交の遺産であった。

タレーランが提案したメートル法が世界の多くの国で度量衡の基準として広く用いられている。

現在でも、欧米では交渉の場で卓越したものの代名詞として使われる。

エピソード[編集]

  • 美食家として知られ、シェフとしてアントナン・カレームを雇い、ヴァランセ城に居住させた。重複のない、季節の食材のみを使用した1年間のメニューをつくる事を命じている。ウィーン会議の間もたびたび夕食会を主催し、そこで出された料理は出席者の評判をさらい、カレームの名をヨーロッパ中に広げるきっかけとなった。
  • あるとき、タレーランは2匹の大きなを入手した。これは、当時としては大富豪でもなければ不可能なことだった。さっそく客たちにふるまうことにするが、しかし2匹同時に食卓に出せば自慢と受け取られ、反発されることも予想される。そこで、1匹目の鮭を客の目前でわざと皿から落として料理を台無しにしてしまった。残念がった客に2匹目の鮭を持ってこさせたため、客はおおいに喜んだといわれる。[3]

語録[編集]

  • 1789年以前に生きたことのない人に、人生の甘美さはわからぬ。
  • カフェ、それは悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い
    • なお、銀座のカフェーパウリスタでは、かつて「鬼の如く黒く、戀(恋の旧字体)の如く甘く、地獄の如く熱き コーヒー」というキャッチフレーズがあった。[4]
  • 快楽さえなければ、人生はきっと耐えうるものだろう。
  • 誹謗中傷よりも酷いことがひとつある。それは真実だ。
  • 言葉が人間に与えられたのは、考えていることを隠すためである。
  • 暗殺とは、ロシアでもっともよく用られる免職方法である。
  • 私はナポレオンを裏切ったり、陰謀を企んでいたことはない。私自身が人生において策略を用いたとすれば、フランス人が共犯であった時に限られるのであり、私は救国を望んでいた……誓って言うが、ナポレオンより危険な陰謀家はいなかったのである。
  • ルイ18世はおよそこの世で知る限り、きわめつきの嘘つきである。1814年以来、私が王と初対面の折りに感じた失望は、とても口では言い表せない。……私がルイ18世に見たものは、いつもエゴイズム、鈍感、享楽家、恩知らず、といったところだ。
  • (ルイ18世は)何も学ばず、何も忘れず。
  • 私は不徳義漢で権謀術数の徒であると見られているが、実は物に動じないで人間を見下していただけなのだ。
  • 私がどんな人間だったか、何を考えていたのか、何を望んでいたのか。それを数世紀間にわたって論議してもらいたいのですよ。
  • あのような偉大な方がここまで育ちが悪いとは、残念ですな。(ナポレオンに面罵された直後の言葉)
  • (ナポレオン死去の報を聞いて)それは事件じゃない。ニュースだ。
  • 感受性が強すぎると不幸をもたらし、感受性が無さすぎると犯罪に導く

日本語文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カトリック百科事典(米)、Brockhaus Enzyklopädie(独)では2月13日、ブリタニカ百科事典(米)、オクスフォード百科事典(英)では2月2日。
  2. ^ 英語読みで「[tælɪˌrænd]」となることから
  3. ^ "Saumon" Dictionnaire encyclopédique d'anecdotes modernes, anciennes, françaises et étrangères,Victor Fournel 著、Firmin Didot frères, fils et cie, 1872
  4. ^ カラー版『明治・大正を食べ歩く』(森まゆみ著、PHP新書)200頁 ISBN4-569-63292-0


先代:
フランスの首相
初代:1815年
次代:
アルマン・エマニュエル・ド・ヴィニュロー・デュ・プレシ