アントワーヌ・フーキエ=タンヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワーヌ・フーキエ=タンヴィル

アントワーヌ・カンタン・フーキエ=タンヴィルAntoine Quentin Fouquier de Tinville または Fouquier-Tinville, 1746年6月12日 - 1795年5月7日)は、フランス革命期の革命裁判所検事カミーユ・デムーランの遠戚。

人物[編集]

1746年に裕福な農家の息子として生まれる。革命後、検事の前歴が買われて、1793年「共和制への反対派」の全てを裁くと言う大きな権限が与えられた「革命裁判所」が設置されると、検事の職に就いた。就任後しばらくは、あまり断頭台に送らなかったが、その後は絶大な権限と雄弁によって、呵責の無い弾圧の執行者となり、些細な罪でも死刑判決を下し、市民から非常に恐れられた。王党派ジロンド派、さらにはジャコバン派内部のエベール派とダントン派(親戚のカミーユ・デムーランも)の死刑を判事として決定。

あまりにも矢継ぎ早に行われてゆく処刑を、直接関与したタンヴィル自らは「瓦のように首が落ちている」と表現した。ロベスピエールに忠実であったが、テルミドールのクーデターの際は、有罪を宣告していた。

しかしその直後、革命裁判所は一新され、役人や判事は罷免された。間もなく被害者の遺族に告発されて逮捕される。裁判では、自分の無実を信じて「単に命令に忠実な役人として行動したに過ぎない」と主張したが認められず、1795年5月に処刑された。

関連項目[編集]