オランプ・ド・グージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランプ・ド・グージュ
オランプ・ド・グージュの処刑
オランプ・ド・グージュ

オランプ・ド・グージュ[1]: Olympe de Gouges1748年5月7日 - 1793年11月3日)は、フランス劇作家女優で、フェミニズム運動の世界的な先駆者である。本名はマリー・グーズで、オランプ・ド・グージュはペンネーム

フランス革命においてはすべての女権論者は過激論者と見なされたが、彼女はその他の主張では政治思想的には穏健で、立憲君主主義者であったと見なされている。フランス革命における女性の権利の不在を糾弾し、共和主義者に近い立場を取りつつもルイ16世の処刑に反対した。[2]

生涯[編集]

タルヌ=エ=ガロンヌ県モントーバンの近郊で、肉屋の父ピエール・グーズと、安物の装身具の行商人の母アンヌ・オランフ・ムイセとの間に生まれる[3]。 本人はある貴族の落とし子であると信じていたが、本当のところは分かっていない。1765年17歳でモントバーンの行政監督官の料理人オーブリと結婚し[4]、ほどなく息子をもうけたが、夫には先立たれた。彼女は自身が平民であることに不満を覚えており、上流階級へ強い憧れを抱いていた。そして夫の姓を名乗るのを嫌って母の名とグーズ、そして夫の仕えていたグールグの名前を混ぜ合わせて、オランプ・ド・グージュと名乗り、パリへ移住した[4]

パリへ行くとオランプは上流社会へ入り込もうと画策し、その手段として金持ちの商人の妾となることを選んだ。モンテッソン侯爵夫人など、貴族の女性たちが開くサロンによく顔を出し、ジャック・ピエール・ブリッソーニコラ・ド・コンドルセといった政治家や作家、フリーメイソンのメンバーなどと交流した。その美貌から、何人もの男たちと暮らし、資金的援助を得ていた。彼女は1788年には8万リーブルの財を成したが、年齢的な限界を感じると、文筆活動へと転向した[5]。オランプは自身の署名すらおぼつかなかったため、執筆は全て口述筆記によるものであったが、分野は戯曲、小説、政治的パンフレットと多岐に渡り、非常に多産であった。黒人奴隷制度を扱った1788年の『ザモールとミルザ』は、何度も検閲や上演妨害が行なわれた[6]

女権運動家として[編集]

フランス革命勃発後は、オランダで始まった女権運動に刺激を受けて、フランスでも女権運動を開始して、女性新聞を創刊し、愛国募金運動、 女性のための第二国営劇場の建設などを計画した。そしてフランス語では人間を意味する言葉は同時に男性を意味するため、『人間と市民の権利の宣言(人権宣言)』の中の「人間」には女性が含まれていないと考えて抗議運動を始める。1791年憲法では実際に女性の権利は無視されていたことから、自ら17条から成る『女性および女性市民の権利宣言(女権宣言)』を書いて発表した[5][7]。オランプは積極的に演説活動を行い、記事を書き、愛国を謳った劇も書いた。彼女は公然とロベスピエールやマラーを批判し、ジロンド派を支持してダントンを賞賛した[4]

1792年12月15日、オランプはルイ16世の裁判に先立ち、元国王の弁護をしたいと国民公会に申し出たが却下された。これが原因で彼女は王党派と疑われ、家には人が押し掛けて脅迫を受けた。また女権伸張論を快く思わない革命派は彼女の行動を取り上げて嘲笑を浴びせたが、彼女は問題にしなかった[8]

1793年7月20日、オランプはロベスピエールらを批判するポスターを貼る準備の最中に、反革命の容疑で逮捕された。共和制連邦制立憲君主制のどの政権を選ぶか住民投票にすべきと呼び掛ける本を著したことによって反革命的と見なされた。11月3日に裁判が行われたが弁護士が出席せず、代わりの弁護士を付けることを願い出たが却下され、オランプは自身の弁護を行った。彼女は無罪を確信していたが、扇動的な態度や王政復古を企てたとして有罪の判決が下り、同日午後4時に処刑された[9]

オランプ・ド・グージュ広場

死後[編集]

2003年、オランプを記念して、パリに「オランプ広場」が設置された[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ マリー=オランプ・ド・グージュ(: Marie-Olympe de Gouges)とも。
  2. ^ 人物の政治的立場を後世から推察するのは困難であるが、マリー・アントワネットに女権宣言のパンフレットを手渡したり、ヴァレンヌ事件以後には国王一家を弁護したり、政権獲得前のジロンド派を支持したり、ダントンを称賛したりした彼女の言動から考えれば、イギリス型の議会政治に近い、君主制と議会制の両立を念頭に持っていたと考えられる。何れにしても、反女権論的姿勢の強いモンターニュ派(特にロベスピエール)とは敵対し、上流階級志向が強かったので、革命勢力で唯一女性の権利を擁護したアンラージェほどの急進勢力には同調しなかった
  3. ^ 実際には侯爵ルフラン・ド・ポンピニャンの庶子らしい。(フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 6ページ)
  4. ^ a b c A.ドゥコー、p.139。
  5. ^ a b A.ドゥコー、p.140。
  6. ^ オランプ・ド・グージュの『黒人奴隷制度』について 高瀬 智子 成城大学
  7. ^ 彼女の主張では、人権宣言は男権宣言であり、それに対抗する女権宣言ということになる。(Declaration of the Rights of Woman and the Female Citizen
  8. ^ A.ドゥコー、p.144。
  9. ^ A.ドゥコー、p.146。

参考文献[編集]

  • アラン・ドゥコー 『フランス女性の歴史3 革命下の女たち』 渡辺高明訳、大修館書店東京都1980年9月(日本語)。ISBN 978-4-469-15033-9
  • オリヴィエ・ブラン『女の人権宣言―フランス革命とオランプ・ドゥ・グージュの生涯』辻村みよ子訳 岩波書店 (1995年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]