ジャン=ポール・マラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ポール・マラー

ジャン=ポール・マラー(Jean-Paul Marat、1743年5月24日 - 1793年7月13日)はフランスの革命指導者、医師。革命勃発後、山岳派に加わり恐怖政治を推進した。

生涯[編集]

革命まで[編集]

1743年スイスヌーシャテルの中流家庭に6人兄弟の長男として生まれる。脆弱で勉強好きな少年だった。ヨーロッパ各地を遊学した後、ロンドンで開業医となる。1777年にフランスに招聘され1783年まで王弟アルトワ伯(後のシャルル10世)のもとで働いた。その頃から反体制運動を始めている。

革命指導者としての活躍[編集]

1789年フランス革命勃発後は、新聞『人民の友』を発行し過激な政府攻撃をして下層民から支持された。そのことがもとで1790年1月にイギリスに亡命。4月に戻ってからコルドルエ・クラブに入り、8月10日のテュイルリー王宮襲撃事件や反革命派への九月虐殺を引き起こしたといわれている。1792年国民公会の議員に選出されて山岳派に所属した。議会を主導するジロンド派を攻撃し、一時、逮捕されたがすぐに釈放されパリ民衆を蜂起させて最終的に国民公会から追放した。

暗殺と死後[編集]

『マラーの死』(ジャック=ルイ・ダヴィッド画 )

この頃、持病の皮膚病が悪化。活動不能となり自宅にこもって1日中入浴して療養していた。1793年、面会に来たジロンド派支持者のシャルロット・コルデーに暗殺された。

暗殺後、現場で画家ジャック=ルイ・ダヴィッドが有名な『マラーの死』を描いている。ジャコバン派の盟友マクシミリアン・ロベスピエールによって神格化され、ジロンド派への弾圧強化の口実となった。遺体は「革命の殉教者」としてパンテオンに埋葬されたがテルミドールのクーデター後に取り除かれた。

その他[編集]

暴力的主張をする新聞を発行していたことで、フランス第二帝政期には非道な人物といわれ、現在でも革命家か血に飢えた狼かというように評価が別れている。

また、化学者アントワーヌ・ラヴォアジエの処刑は、マラーの私怨[1]によるものだとも言われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 革命前に、ラヴォアジエは当時、化学者であったマラーの論文審査を学会から依頼され行ったが、その論文が実験もせず憶測の内容であったため、承認しなかった。その逆恨みで処刑を行ったとされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]