総裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

総裁(そうさい)とは、政府機関・政党公団などの団体の代表職の名称。

元々は、後述する幕末の江戸幕府の役職名として使用され、その後、明治時代における新政府の長の名称として用いられ、以後様々な組織や団体における「長」たる職の名称として用いられている。また、諸外国における英語directorまたはpresidentに相当する語の訳語として用いられている。

江戸幕府[編集]

幕末文久2年(1862年)、勅命により幕政改革が実施された(文久の改革)。将軍の補佐役である将軍後見職一橋慶喜大老に相当する政事総裁職松平慶永京都所司代の上にあって京都の治安維持にあたる京都守護職松平容保をそれぞれ任命した。これが、「総裁」の字が役職に用いられた最初の例と見られる。

さらに、慶応2年(1866年)には、最後の将軍徳川慶喜によって、幕政改革が行われ(慶応の改革)、この改革で老中は各省大臣のように専任制となり、陸軍総裁海軍総裁国内事務総裁外国事務総裁会計総裁がおかれた。明治元年(1868年)、勝海舟が第2代陸軍総裁に就き、江戸城の無血開城を主導した。

幕府自体ではないが、明治元年12月(1869年1月)、蝦夷地箱館)において一部の旧幕臣が政府(いわゆる蝦夷共和国)を組織するために選挙(公選入札)をおこない、その結果、最多得票を得た榎本武揚が「総裁」となっている。

明治政府[編集]

Flag of the Japanese Emperor.svg 明治政府
総裁
そうさい
Flag of the Japanese Emperor.svg
皇室の紋章
任命者 明治天皇
天皇
職務代行者
(副総裁)
初代 有栖川宮熾仁親王
創設 慶応3年12月9日
1868年1月3日
廃止 明治元年閏4月21日
1868年6月11日
テンプレートを表示

慶応3年12月9日(1868年1月3日)、王政復古の大号令が発表され、明治維新の政体改革が始められた。摂政関白を中心とする摂関政治と、征夷大将軍を中心とする幕府政治を廃し、「総裁」・「議定」・「参与」の「三職」を設置し、諸事神武創業の昔への復帰などを宣言し、天皇中心の新政府樹立を目指した。「総裁」は、三職の最高官職として、「萬機ヲ統ヘ、一切ノ事務ヲ裁決ス」[1]とされて政務を統括し、有栖川宮熾仁親王が就任した。月給は金1000両と定められた(明治元年3月制定。なお、議定は金800両、参与は金500両)。

三職は、小御所会議三職会議)を開催して、徳川慶喜の辞官納地(内大臣の辞任と領地の一部返納)などを決定した。その後、総裁の熾仁親王が、すぐに戊辰戦争における東征大総督として関東に出征してしまったため、実際には政務の中心となることはなかった。翌明治元年1月17日、三職の下に神祇・内国・外国・海陸軍・会計・刑法・制度の七科を置いて三職七科とし、同年2月3日には科を局として総裁局を設置し三職八局とした。また、このとき、総裁局に副総裁を置いて三条実美岩倉具視をこれに任命し、実際の政務を執ることとなった。副総裁の月給は、総裁に準じて金1000両と定められた。

明治元年閏4月21日(1868年6月11日)、五箇条の御誓文に基づく政治の基本組織を定めた政体書を発表した。政体書では、太政官を中心とした政治体制を採り、それまでの総裁をはじめとする三職は開始から半年足らずで廃止された。

官庁[編集]

官庁における役職名としての総裁は以下がある。

また、戦前から終戦直後においては、「本部」「庁」の長を総裁とする例(経済安定本部、特別調達庁など)もあり、「本部」が、内閣総理大臣直轄で設置される場合は総理大臣が、各省に設置される場合は各省大臣が総裁となっていた。なお、後に防衛施設庁となった特別調達庁(Government Corporation=政府公団)の場合は、当初より国家行政組織では無く、GHQの指示で政府部局に編入された後も公社化に至らず、防衛省への統合で廃止された。

法人・機関[編集]

法人・機関における役職名としての総裁は以下がある。

明治期以来、皇族を組織の長に奉戴する場合に「総裁」と称した。戦後は「名誉総裁」として式事・表彰・視察などの務めを果たす形が残っており、皇族名誉総裁として奉戴しているのは以下がある。

現在も皇族を総裁として奉戴しているのは以下がある。

その他、中国企業の社長の肩書きとして「総裁」という表記が用いられる(日本語の「社長」は、中国語では「総裁」と訳されるため)。

政党[編集]

政党党首の名称としての総裁は以下がある。戦前の日本の政党の党首名は総裁が多かった。

本土復帰後は自由民主党沖縄県支部連合会となった。
結党当初から党首職があったが、大川隆法の選挙出馬宣言により、上位に総裁職が設けられた。現在は「名誉総裁」となっている。
当初「総裁」であったが、現在は会長となっている。
赤尾敏が死去後、「党首」という名称に変わった。
公事結社大政翼賛会の傘下にあった一国一党的政治団体で、翼賛会と同じく、トップは総裁であった。

外国の政党[編集]

国際機関[編集]

諸外国の組織・国際機関の役職名の訳語として総裁という名称が用いられているのは以下の通り。

宗教団体[編集]

宗教法人宗教団体等における役職名としての総裁は以下がある。

首座主教 - 米国聖公会などの首座主教に総裁主教との訳語を当てることがある[2]
当初「主宰」という肩書であったが、1997年より総裁と呼ばれている。

企業・民間団体[編集]

企業・民間団体における役職名としての総裁には、以下がある。

名誉職で、政財界の実力者が就任する。
日本のお笑いパフォーマンス集団大川興業最高責任者の名称は総裁である。芸能事務所としての大川興業は代表取締役を最高責任者として区別している。初代総裁と三代目は大川豊2001年に初の総裁選を行った結果、二代目は江頭2:50が選ばれ、2006年9月16日の第二回総裁選で大川が返り咲くまで務めていた。
団体の執行部長を指す。現在は樋茂 喪照靹。

暴力団[編集]

暴力団における役職名としての総裁は以下がある。

かつては以下に列挙する組織も総裁の役職があった(カッコ内は総裁を称した人物)

フィクション[編集]

科学忍者隊ガッチャマンシリーズで、世界征服を企む悪の秘密結社ギャラクターの謎の最高指導者として総裁X(エックス)および総裁Z(ゼット)が登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣『単行書・太政官沿革志六』、ref.A04017226400(国立公文書館)。
  2. ^ 立教大学プレスリリース

関連項目[編集]