朝堂院大覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朝堂院大覚(ちょうどういん だいかく、本名・松浦良右、まつうら りょうすけ、1941年-)は日本の右翼活動家・武道家空手家

右翼団体の連合組織である日本連合総裁、及び世界空手道連盟(WKA)総裁、東亜ビル管理組合顧問、「全アジア条約機構推進委員会」委員長などを自称。また居合道警視流の宗家家元であり、剛柔流空手道九段である。

略歴[編集]

同志社中学校・高等学校を経て、同志社大学を卒業。

1982年3月、空調設備会社ナミレイ(のちの「昭和ナミレイ」、2010年6月に倒産)の会長であったが、同業で大手・高砂熱学工業の株式を買い占め、筆頭株主の力を盾に同社社長等を脅して業界提携やナミレイの株式引き受けを強要したとして、当時ナミレイ社長だった実兄の松浦幸作ほか、ナミレイの他の役員等と共に強要罪で逮捕され、執行猶予付き有罪判決を受ける[1] [2]

1998年7月に来日したマイケル・ジャクソンに空手道名誉五段を授与。 また「マイケル・ジャクソン・ジャパン」を立ち上げ、ジャクソンのレジャーランド設立を計画する。

2007年TSK・CCCターミナルビルのテナントとして所有者と退去問題に付いて交渉を行う(最終的に同ビルは2008年3月に解体された)[3]。 また同年、東京都の不動産会社の元社長より在日本朝鮮人総聯合会中央本部ビルの購入を持ち掛けられる(最終的には「別の買い手が見つかった」として購入はしていない)。

役職[編集]

以下諸団体の総裁。

  • 世界空手道団体連合
  • 空手オリンピック国際委員会
  • 世界格闘技団体連合

以下諸団体の名誉会長。

  • 法曹政治連盟
  • 全アジア政治連盟
  • 医療政治連盟
  • 日本議員連盟
  • 日本経営者同友会
  • 日本中小企業団体連合会

その他[編集]

埼玉県秩父市三峯神社にある大山倍達の記念碑(大山倍達の碑)の背面には、松浦良右の名と添野義二の名が刻まれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ナミレイ事件(朝日新聞 1982年(昭和57年)3月12日 社会面)
  2. ^ ナミレイ事件(朝日新聞 1982年(昭和57年)3月18日 社会面)
  3. ^ 緒方重威「総連不動産事件」初公判の不可解