日本自由党 (1945-1948)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政党
日本自由党
成立年月日 1945年10月
解散年月日 1948年3月
解散理由 新党結党のため
後継政党 民主自由党
政治的思想・立場 保守
テンプレートを表示

日本自由党(にほんじゆうとう)は、1945年昭和20年)から1948年(昭和23年)まで存在した政党。1945年(昭和20年)10月、旧立憲政友会(正統派)系の鳩山一郎河野一郎芦田均らを中心に、旧立憲民政党に属していた三木武吉らも参加して結党。直接の母体となったのは政党解消後に旧政友会正統派の翼賛政治に批判的な議員が中心となって結成した会派・同交会である[1]。同交会は翼賛選挙で9名しか当選者を出せず1942年(昭和17年)5月に解散したが[2]、その後も同志的結束を崩さず敗戦後直ちに自由党の結党に向かった[1]軍国主義の打破と民主的な責任ある政治体制の確立、自由経済による経済再建、思想・学問などの自由の保障による文化の振興を掲げた。

1946年(昭和21年)、第22回衆議院議員総選挙で自由党が第1党となり、鳩山への大命降下(組閣指示)が確実であったが、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)より公職追放命令が出たため鳩山は吉田茂に後継総裁へ就任要請し吉田は受諾。吉田は一旦総務になり、第1党の代表として大命降下を受け5月22日内閣総理大臣に就任した。その後、三木武吉公職追放後は総務会長に、そして、8月の党大会で正式に総裁に就任した。日本国憲法制定後の最初の第23回衆議院議員総選挙では日本社会党に敗れて第2党に転落、下野した。

党史[編集]

  • 1945年
    • 10月 結党。
  • 1946年
    • 4月 第22回衆議院議員総選挙で第1党。
    • 5月 鳩山一郎総裁公職追放。
    • 8月 党大会で、吉田茂総裁就任。
  • 1947年
    • 3月 衆議院解散
    • 4月 第23回衆議院議員総選挙で第2党に転落。
    • 5月 首班指名で、日本社会党片山哲が総理大臣に選出され、下野する。
  • 1948年
    • 3月 民主自由党結党のため、日本自由党解党。

歴代執行部役員表[編集]

総裁 幹事長 総務会長 政務調査会長 参議院議員会長
鳩山一郎 河野一郎 三木武吉 安藤正純  
 〃  〃  〃 北昤吉  
 〃 大野伴睦 吉田茂 星島二郎  
吉田茂  〃 星島二郎 芦田均  
 〃  〃  〃  〃 板谷順助
 〃  〃  〃 大村清一  〃
 〃  〃  〃 増田甲子七  〃

歴代日本自由党総裁一覧[編集]

総裁 在任期間
1 52 HatoyamaI.jpg 鳩山一郎 1945年(昭和20年)11月9日 - 1946年(昭和21年)8月18日
2 Shigeru Yoshida suit.jpg 吉田茂 1946年(昭和21年)8月18日 - 1948年(昭和23年)
  • この節の参考文献:村川・石上『日本の政党』

党勢の推移[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 備考
(結党時) 46/- 466 公職追放-30
第22回総選挙 ○140/485 466 追加公認+8
第23回総選挙 ●131/326 466 離党-5、追加公認+3

参議院[編集]

選挙 当選/候補者 非改選 定数 備考
(結党時) -/- - - 参議院は存在せず
第1回通常選挙 ○38/73 - 250 第1回のみ全員選挙、追加公認+6
  • 当選者に追加公認は含まず。追加公認には会派に加わった無所属を含む。
  • 第22回総選挙の定数には、選挙を実施できなかった沖縄選挙区(定数2)含む。
  • 第22回総選挙では、他に法定得票不足で定数を満たせなかった選挙区の再選挙で当選者1。
  • この節の参考文献:石川(一部山口による加筆)『戦後政治史』

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 粟屋『昭和の政党』、392頁。
  2. ^ 粟屋『昭和の政党』、395頁。