麻生太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
麻生 太郎
あそう たろう
Aso Taro 1-2.jpg
生年月日 1940年9月20日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県飯塚市
出身校 学習院大学政経学部卒業
前職 麻生セメント代表取締役社長
日本青年会議所会頭
所属政党 自由民主党麻生派
称号 政治学士(学習院大学・1963年
親族 立花種道高祖父
大久保利通(高祖父)
三島通庸(高祖父)
麻生太吉曾祖父
加納久宜(曾祖父)
竹内綱(曾祖父)
牧野伸顕(曾祖父)
吉田健三(養曾祖父)
麻生太郎【先代】祖父
吉田茂(祖父)
加納久朗大伯父
竹内明太郎(大伯父)
麻生太賀吉
鈴木善幸岳父
鈴木俊一義弟
寬仁親王妃信子(三
配偶者 妻・麻生ちか子
公式サイト 麻生太郎オフィシャルサイト

内閣 麻生内閣
任期 2008年9月24日 - 2009年9月16日
天皇 今上天皇(明仁)

内閣 第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
任期 2012年12月26日 - 現職

日本の旗 第137-138代 外務大臣
内閣 第3次小泉改造内閣
第1次安倍内閣
任期 2005年10月31日 - 2007年8月27日

日本の旗 第3-5代 総務大臣
内閣 第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
任期 2003年9月22日 - 2005年10月31日

内閣 第2次森改造内閣(中央省庁再編後)
任期 2001年1月23日 - 2001年4月26日

その他の職歴
日本の旗 第53代 経済企画庁長官
1996年11月7日 - 1997年9月11日
日本の旗 衆議院議員
1979年10月 - 1983年11月28日
1986年7月8日 - 現職)
テンプレートを表示

麻生 太郎(あそう たろう、1940年昭和15年)9月20日 - )は、日本政治家実業家自由民主党所属の衆議院議員(11期)、副総理財務大臣金融担当大臣

内閣総理大臣第92代)、経済企画庁長官第53代)、経済財政政策担当大臣総務大臣(第345代)、外務大臣(第137138代)、自由民主党政務調査会長自由民主党幹事長自由民主党総裁(第23代)などを歴任した。弟 麻生泰は、人材派遣会社アソウ・ヒューマニーセンターを一企業にもつ、麻生グループ代表である。

学習院大学政経学部にて政治学士(学習院大学)を取得し、スタンフォード大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学する。その後、麻生産業に入社し、麻生セメント(後の麻生[1])の社長や日本青年会議所の会頭などを経て、衆議院議員に当選、経済企画庁長官経済財政政策担当大臣総務大臣外務大臣自由民主党政務調査会長自由民主党幹事長(2度)を歴任した。

2008年自由民主党総裁選挙により、第23代自由民主党総裁に選出、第92代内閣総理大臣に就任した。

首相退任後、2012年12月第2次安倍内閣副総理財務大臣金融担当大臣として再入閣した。 首相経験者としては、首相を再登板した者を含めて、吉田茂宮澤喜一橋本龍太郎安倍晋三に続き戦後5人目。 自由民主党総裁経験者としての再入閣は、宮澤喜一、橋本龍太郎、安倍晋三に加え、河野洋平谷垣禎一を含め6人目となる。

モントリオールオリンピッククレー射撃(クレー・スキート競技)日本代表[2][3][4](41位)。寛仁親王妃信子は実妹。信仰宗教はキリスト教カトリック)である。洗礼名は「フランシスコ」。

目次

経歴[編集]

生い立ち[編集]

福岡県飯塚市麻生太賀吉・和子の長男として生まれる[5]麻生塾小学校を経て、小学3年生の頃上京し、学習院初等科に編入[6]

海外での事業[編集]

帰国後の1966年に実家の麻生産業(後に清算)に入社し、1960年代後半にブラジルサンパウロに1年近く駐在していたことがあると本人は語っている[7]

その後、1970年から2年間に渡ってシエラレオネにて、同国のダイヤモンド産業国有化政策実施後に地元有力者から鉱区の提供を受けた麻生家の現地駐在員として、ダイヤモンド採掘業に従事していたが、シエラレオネ内戦勃発で帰国した[8][9]

帰国後[編集]

1973年にセメント事業の分社化の後にグループ中核企業となった麻生セメント(現:株式会社麻生)の代表取締役社長に就任。炭鉱業からセメント業への転換を成功させた。なお、麻生産業時代にまた、社長業の傍らで、1976年モントリオールオリンピッククレー射撃の日本代表選手として出場(結果は41位)している。

政界へ[編集]

1979年10月、第35回衆議院議員総選挙旧福岡2区(現:福岡8区)から出馬、4位(定員5名)で初当選し政界入りする。2期務めた後、所謂田中判決解散後に行われ自民党が過半数割れした第37回衆議院議員総選挙5位当選した共産党候補に2600票余り及ばず次点となり落選する。その後第38回衆議院議員総選挙で2位の社会党候補に3万6000票余りの差をつけトップ当選し国政に復帰して以降、現在まで全ての総選挙で選挙区当選している。宏池会に所属。

1996年第2次橋本内閣経済企画庁長官に就任し、初入閣。

1999年1月、党内で長年所属した宏池会を離脱し、河野洋平を会長とする大勇会(河野グループ)の旗揚げに参加。

2001年4月、01年自民党総裁選に出馬し、小泉純一郎橋本龍太郎と戦い31票で3位。その後発足した小泉政権では党政務調査会長を務め、2003年9月からは総務大臣として入閣し、郵政民営化を担当した。

2004年9月に、国民年金保険料未払い期間があったことが判明している(1996年11月から2000年9月までの3年10か月間。経済企画庁長官就任時、国民年金への切り替えを忘れたため[10])。後に自身も未納期間があることが発覚した民主党代表菅直人(当時)が「未納三兄弟」と呼称したうちの1人である。

2006年9月、06年自民党総裁選に立候補するも内閣官房長官(当時)の安倍晋三に敗れる(安倍:464票 麻生:136票 谷垣禎一:102票)。12月、河野グループが解散し、新たに為公会(麻生派)を結成、会長に就任する。

2007年3月20日、衆議院議員在職25年を迎え、衆議院より院議をもって表彰された。9月、07年自民党総裁選に立候補する。党員票では福田康夫を僅差で上回るも、133票差で敗れる(福田:330票 麻生:197票)。

2008年9月、08年自民党総裁選に4度目の立候補をし351票を獲得。自民党総裁に就任する。9月24日、第92代内閣総理大臣に就任。麻生内閣組閣する。首相就任の際、「日本を明るく強い国にする」と述べた。

2009年8月1日、昭和52年11月に横田めぐみさんが北朝鮮工作員に拉致されたとされる新潟市内の現場周辺を、現職首相として初めて視察した。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙で自由民主党が惨敗、衆議院第1党の座から転落。同日夜に退陣を表明。9月16日、自由民主党総裁を辞任。同日の臨時閣議にて内閣総辞職を決定。政権を最大野党党首で同選挙で300を超える議席を獲得した民主党代表の鳩山由紀夫に明け渡した。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で自民党が政権を奪還。まもなく成立した第2次安倍内閣では副総理財務大臣金融担当大臣として再入閣した。首相経験者の入閣は第2次森内閣 (改造 中央省庁再編後)宮澤喜一が財務大臣、橋本龍太郎沖縄及び北方対策担当大臣として入閣した時以来となる。また、首相経験者が副総理として再入閣するのは第1次吉田内閣幣原喜重郎以来である。また、内閣総理大臣退任後に財務大臣に就任したのは宮沢喜一以来2人目である。

年譜[編集]

人物[編集]

記者会見に臨む麻生

人物像[編集]

公称サイズは、身長175cm、体重70Kg。名門の一族に育ち、財閥の元社長であるが、本人は「首相の家庭なんて幸せなもんじゃねえ」「両親にほったらかしにされて育った」「生まれはいいが、育ちは悪い」と語っている。口の左端が下がり気味なため雑誌などの似顔絵ではへの字に描かれることが多い。べらんめえ調の軽妙な語り口と毒舌も織り交ぜた発言で、街頭演説などで聴衆の人気を博した。周囲からは、「明るく気さくな人柄で、親しく付き合えば一方で魅力が伝わる人物」と認識されており、その人柄を評して「半径2メートルの男」とも呼ばれる[13][14]。一方で、過去の失言が指摘されたり、問題視されることがしばしばある。

海外留学などの経験から、英語に堪能であり、海外などの公務で媒体の登場時は通訳を介さずに自身の英語でスピーチを行っている。内閣総理大臣就任後、アメリカ合衆国大統領バラク・オバマとも2人で会談している。

愛煙家であり、葉巻きたばこを愛煙している[15]2007年自由民主党総裁選挙の後に、フジテレビの番組『ハッケン!!』でインタビューを受けた際、ダビドフのパルタカスの葉巻を田崎史郎からプレゼントされている。また祖父の吉田茂も、葉巻きたばこの愛煙家であった。

2013年の財務大臣・中央銀行総裁会議では襟元に毛皮がついた黒のロングコート、斜めにかぶった黒のボルサリーノ帽、淡い水色のマフラー姿をしてウォール・ストリート・ジャーナルは「ギャング・スタイル」と評した[16]

信仰[編集]

クリスチャンカトリック)である。洗礼名はフランシスコ。靖國神社への参拝も行っている[17](総理就任時には参拝していない)。また靖国神社の非宗教法人化を提唱している[18]終戦の日8月15日ではなく、春秋の例大祭に合わせて参拝[17] することが多い。

内閣総理大臣在任中の2009年平成21年)1月4日伊勢神宮参拝した。また、神道政治連盟国会議員懇談会の名誉顧問でもある。

クールビズスタイルになってからノーネクタイのシャツの襟の下に見える金色の鎖は、10代から50年以上首にかけている十字架のネックレスの鎖部分である[19](誤解されがちだが、カトリックにおいて十字架を身につける事は風習や信仰の証ではなく、個人的な好みである。ロザリオは、ネックレスのように見えるものや、実際に首から下げる人もいるが、本来の用途は仏教徒の数珠と同様である)。

クレー射撃[編集]

大学時代からクレー射撃を始め、22歳の時全日本選手権を当時の日本新記録で優勝。1974年に行われた第2回メキシコ国際射撃大会に優勝。1976年のモントリオールオリンピック日本代表に選出されるが41位に終わる。2000年5月には日本クレー射撃協会会長に就任した。

総理大臣としての評価[編集]

  • 朝日新聞は「連日のぶら下がり取材では、同じ質問にいらだち、その様子が報じられて支持率を下げるという悪循環に陥った。対照的にインタビューや記者会見は丁寧。自民党、自公政権が継続して取り組んできた内政・外交政策を語る時は特にそうだった」と総評した[20]
  • 産経新聞は「(麻生)首相は、おおらかで、情にもろく、正義感の強い「古き良き保守」を具現化したような人物だけに同情を禁じ得ない」「麻生政権は外交・内政ともに政策面で大きな瑕疵はなく、少なくとも及第点は与えられるのではないか」と総評した[21]
  • サーチナは韓国などの周辺国を巻き込みながら中国の温家宝首相に外交的圧力を掛けた手腕や、中国の戦後補償問題という踏み絵に対し村山談話を持ち出し、イエスともノーとも言質を取らせなかった対応などを評価し、『麻生首相を外相に”抜擢”してはどうだろうか』と提案している[22]
  • プレジデント誌は、「存在自体に華があり、その華が首相時代には「軽さ」と見られ、バー通いや些細な失言でメディアに足をすくわれた。だが、リーマンショック後の緊急金融サミットで財政出動を渋っていた米国の態度を変えさせ、国内では素早い景気回復策を打ち出して最悪の事態を回避した実績は疑いない。」と評価している[23]
  • フジサンケイグループ扶桑社発行の『週刊SPA!』が2011年におこなった「好きな男」ランキングでは7位、「復活してほしい男」にもランクインした[24]
  • 2012年11月、2万6678人を対象としたリサーチパネル調査「小泉純一郎以降の総理大臣で最もよかった総理大臣に選ばれた」で1位に選ばれた[25]

経済政策[編集]

野村総合研究所の主席研究員であるエコノミストのリチャード・クーが「経済政策の理論的支柱」として麻生の財政出動を中心とする政策作りに協力していると朝日新聞で報道されている[26]

定額減税公共事業を中心とする財政出動に積極的な意向を示しており、財政健全化よりも景気対策の優先を提唱している[27]。2008年になってからは、財政健全化を目指した小泉政権構造改革路線を見直し、「基礎的財政収支(プライマリーバランス)の11年度黒字化目標」の延期に言及している[28]

消費税の増税に関しては、「もはや、広く薄い負担を税制に追加していくとしたら消費税しかない」[29] として消費税増税を示唆したが、2008年9月に世界的な金融危機が発生すると「消費税増税を早期に行えば、著しく景気を冷やす」として、当面の増税を見送ると述べる一方で、2011年以降に10%を超える水準まで消費税を引き上げる意向を示した[30]

2008年11月14日にワシントンD.C.で開催された第1回金融サミットにおいて、ジョージ・W・ブッシュ米大統領が最初の発言者として指名された。サミット直前、日本と英国との二国間首脳会談で、ゴードン・ブラウン英首相と麻生との間でドル基軸通貨の堅持と実体経済への対応が確認されており、ニコラ・サルコジ仏大統領が麻生に対し「ドルは基本通貨に成り得ない。20世紀に確立された金融システムを21世紀にも踏襲することは不可能だ」と反論すると、「その場合、さらなるドル暴落が避けられなくなるが、新興諸国の損害を担保する覚悟があるのか?」と尋ね、「我々にそんな計画はない。」と意見交換する場面があった。同サミットは11月14日から11月15日(現地時間)まで行われ、日本が提示した15項目のうち、実に12項目もが宣言文の中に明記され、麻生案をベースに世界が一致して行動することが決まった。

労働問題に対しては、「企業の生産活動で得られた付加価値の分配は個々の企業が判断する」と述べ、企業の給与体系に対して国家が介入することに否定的な見解を示した[31]

首都圏と地方の間の格差問題については、「地方の自立には、きちんと財政出動をやって、道路、交通網を整備しないといけない」として地方経済振興の為に公共事業が必要との考えを示している[32]。また、「(地方の)医療介護が一番しんどいのではないか。病院をつくるより病院と結ぶ道路を造った方が安い」と述べ、道路交通網の整備による緊急医療体制の充実を訴えている[33]

内閣総理大臣就任後の主な景気対策[編集]

2008年平成20年)10月30日には、リーマンショック以降の世界的な金融危機と景気低迷への対策として事業総額26兆9000億円の追加経済対策を発表。2度の補正予算2009年(平成21年)年度予算の"3段ロケット"として、最終的には75兆円の景気対策を実施した。

主なものとして、

  1. 定額給付金の支給(1人1万2千円、65歳以上・18歳以下は1人2万円)
  2. 高速道路料金の普通車・軽自動車ETC搭載車限定での、祝日最高1,000円のETC割引制度
  3. 東京湾アクアラインの料金を普通車800円に値下げ
  4. エコカー減税エコカー補助金
  5. 家電エコポイント制度(冷蔵庫薄型テレビエアコン)の実施
  6. 住宅ローン減税(過去最高600万円の減税)
  7. 妊婦検診の無料化(5回→14回)
  8. 出産育児一時金の増額(全国一律に4万円引き上げ)
  9. 中小企業への支援(緊急保処枠6兆円、保証・貸出枠30兆円に拡大)
  10. 雇用保険料の引き下げ(標準世帯で年額約2万円)

などである。

金融危機を回避するという緊急性から急遽決定された政策でもあったことから、きめ細かさに欠けるところがあるとの指摘もあったが、エコカー減税や家電エコポイント制度は鳩山由紀夫内閣にも引き継がれた。

定額給付金について[編集]

小渕内閣地域振興券とよく似た、2兆円を超える定額給付金(「4人家族で6万円程度になる」としている。実際は一人1万2千円を給付)を全世帯に支給した。この政策については、以下の通り評価が分かれている。

  • 否定的な評価としては、毎日新聞が過去の「地域振興券」が消費ではなく貯蓄に回ったことから、この政策も「景気を浮揚させる効果は期待できない」との見方を示し[34]11月26日に開催された全国町村長大会では定額給付金を巡る不満が噴出していると報道した[35]
  • 肯定的な評価としては、経済協力開発機構(OECD)経済局のシニアエコノミスト、ランダル・ジョーンズが「即効性がある最も有効な措置」 だとの見方を示した[36]

定額給付金の成果については、消費拡大に一定の効果を生み、家具や家電などの購買を促進させるなど、新たな消費を生むきっかけになったと麻生の総理大臣退任後に報道された[37][38][39]

第二次安倍内閣財務大臣として[編集]

水道民営化論[編集]

第2次安倍内閣では副総理財務大臣として、水道民営化論と法人税引き下げ慎重論を主張した。前者については次のように述べた。「このロボットは一つの例ですが、例えばいま日本で水道というものは世界中ほとんどの­国ではプライベートの会社が水道を運営しているが、日本では自治省以外ではこの水道を­扱うことはできません。しかし水道の料金を回収する99.99%というようなシステム­を持っている国は日本の水道会社以外にありませんけれども、この水道は全て国営もしく­は市営・町営でできていて、こういったものを全て民営化します。いわゆる学校を造って運営は民間、民営化する、公設民営、そういったものもひとつの考­え方に、アイデアとして上がってきつつあります[40] 」この点、世界的にはコチャバンバ水紛争に代表される慎重論が根強い。

法人税引き下げ慎重論[編集]

効果の期待できない法人税の引き下げではなく、投資減税により景気刺激を行なっていくべきとした[41]。これに対し、2013年7月の政府税制調査会で、一橋大学特任教授の田近栄治委員からは、法人税収入に占める製造業の割合が26パーセント程度に低下しており、「製造業が日本の法人税を担う時代は終わった。」とし、法人税の法定実効税率を35パーセントから30パーセントへ引き下げすべきとの主張が出された[42]。また、2014年5月16日には大田弘子委員が座長を務める政府税制調査会法人課税ディスカッション・グループで、「法人税率の引き下げは避けて通れない」とする改革案の確認が行われた[43]。同年6月3日には麻生も「責任ある代替財源が示されるのであればいい。」と、初めて実効税率引下げを容認し、骨太の方針にも盛り込まれることとなった[44]

公的年金の運用[編集]

2013年5月18日、麻生は札幌で次のように講演した。「『株価が上がっても株は持ってないので関係ない』という人もいると思うが、年金は株式の運用で成り立っている。7月に年金の運用状況が出てくるが、ウン兆円の黒字になる。アベノミクス[45]は株だけではない。一番肝心の社会保障の元の元も稼ぎ出している」[46] 2014年4月現在、年金積立金管理運用独立行政法人公的年金の運用を、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントと野村[47]他多数[48]に委託している。2014年10月31日から運用内訳が国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%になった[49][50]。このようにリスク資産の割合を増やすのは、株価対策の道具にされかねないという批判が出ている[51][52][53][54]

外交関係[編集]

ディック・チェイニーと会談する麻生(2007年2月21日ホワイトハウスにて)
2009年7月、G8サミットにて(左端の人物が麻生)
ドミートリー・メドヴェージェフと握手(2009年2月18日)

価値の外交」を重視した。特に、日本が非欧米圏でそれら価値の先駆者であることに着目した上で、北東アジアから、東南アジアを経て、インド、中東、中央アジア、中・東欧にかけての「弧」上にある国との間で、日本がリーダーシップをとってこれら価値を共有し、「弧」地域全体の繁栄に貢献する、その結果として経済や安全保障などで日本も国益を享受するという「自由と繁栄の弧」を外交の基本方針としている[55]。著書「とてつもない日本」(新潮新書)では、民主化支援、法律の整備や法律家人材育成に日本の制度や経験を活かす法整備支援などのほか、自衛隊のPKO活動、カンボジアのクメール・ルージュ裁判上級審裁判官としての野口元郎の派遣、自身の思い入れのあるマンガも含めた日本文化を通じた交流も、その具体的施策として位置付け、重視する姿勢を示した。

第1次安倍内閣の「自由と繁栄の弧」構想は、日本の国際的存在感の低下、尖閣諸島問題に象徴される日中間の力関係の変化という新たな国際情勢のもと、中華人民共和国との正面衝突を回避しつつ、アジアにおけるパワーバランスを適正に保ち、アジア及び世界の安定と発展に寄与する外交政策であるとの評価されている[56]一方で、民主主義法の支配などの価値を共有しているとはいえない中華人民共和国の反発を招くとの批判もあった。

第2次安倍内閣の副総理兼財務大臣としても、最初の外遊先として、民主化や法の支配を急速に進めるミャンマーを選んだ[57]。この点、第2次安倍内閣では、安倍晋三首相、麻生太郎副首相兼財務大臣に加え、元の企画・立案者とされる谷内正太郎元外務事務次官も内閣官房参与となったため、「自由と繁栄の弧」が外交の基本方針として復活するとの指摘もある[58]

アメリカ合衆国[編集]

2003年のイラク戦争の国連としての方針がまとまらないまま米軍による開戦目前となった際に主要閣僚として小泉首相に対して「アメリカというプレイヤーを選択するのか、国連というフィールドを選択するのかを決めることになる」と表現した。その後の2007年2月3日の京都市内の講演で「ドンパチが終わった後が大変だというのがイラクで分かった。(イラク戦争においてアメリカがイラクを)占領した後のオペレーションは非常に幼稚」とアメリカのイラク占領政策について批判した。

韓国[編集]

韓国に対しては、日韓議員連盟の副会長も務めており、首相在任中は、日韓シャトル外交を定着させるなど日韓の親善に尽力した。麻生が議長を務める夢実現21世紀会議の「国づくりの夢実現検討委員会」を通じて日韓トンネルの実現に向けた政策提言を発表していることが2003年に自民党機関紙で伝えられた。2007年1月26日に「日本と韓国は、互いにとって最も近く、基本的価値を共にする大切な民主主義国同士であります。そのような間柄にふさわしい、未来志向の関係を打ち立てます」と述べている。また、2005年12月25日の韓国の大手メディアである中央日報のインタビューで、「韓国に一年に2度ずつ計40-50回ほど行っているが、私が知っているかぎり今の両国関係が最も良いのではないかと思う。それは韓国の生活水準が良くなり、自信をつけているためと思われる。サムスンだけでなく、韓国製品が非常に良くなった」と発言している。

中華人民共和国[編集]

2008年10月24日、北京の人民大会堂で開かれた「日中平和友好条約締結30周年記念レセプション」に内閣総理大臣として参加し「『友好』というお題目のため遠慮する関係ではなく切磋琢磨して協力していくことこそ真の戦略的互恵関係」と挨拶し、日中が競い合うことで「共益」を実現し、 両国関係強化につなげる方針を打ち出した。2009年4月の日中首脳会談では、麻生が中国への核軍縮を求め、温家宝首相が歴史認識問題を追求したため緊迫したが、日本が中国の環境汚染や廃棄物対策に協力する「日中環境・省エネルギー総合協力プラン」で合意したほか、羽田―北京間の定期チャーター便を開設することや、閣僚級による日中ハイレベル経済対話を日本で開催することを決定した。

中華民国・台湾[編集]

親台派として知られ、総理大臣辞任後も台湾政界に太い人脈を持つ[59]。参院予算委員会で「民主主義が成熟し、経済面でも自由主義を信奉する法治国家であり、日本と価値観を共有する国」と発言し、中国のメディアから「日本の外相が『台湾は国家』と発言」と非難され、台湾からは絶賛されたこともある。

インドとの安全保障協力共同宣言[編集]

麻生の内閣総理大臣就任後の2008年10月21日から23日にかけて、インドの首相マンモハン・シンが日本を訪れた。麻生はシンとの首脳会談に臨み、外交と防衛における対話、船舶の安全航行などの協力について合意した。その後、両者は国際問題に関する情報交換、船舶の安全航行、テロとの戦いを骨子とする「安全保障協力に関する共同宣言」、日本とインドのあいだで合意済みの諸事項の一層の促進を求める「戦略的グローバルパートナーシップの前進に関する共同声明」に署名。麻生はこの会談で日本とインドの経済関係の促進に前向きの姿勢を見せ、デリー - ムンバイ間の貨物鉄道建設計画に総額4500億円の円借款を供与することを伝えた。麻生はシンに対し、NPTに未加盟のインドに対する原子力協力分野での協力について慎重な日本の立場を説明した。経済連携協定交渉については、早期妥結を目指すことで一致した。麻生との共同記者会見の席でシンは、意見交換を行った22日の首脳会談を「非常に生産的で充実したものであった」とした。シンは麻生に対して「古くからのそして非常に尊敬すべきインドの友人」と述べ、2年の間に首相として2度来日したことについて「2年の間に2度来日しているという事実が、インドが日本との関係をいかに重視しているかを表している」と強調した[60][61][62]

北方領土問題[編集]

2006年12月13日の衆院外務委員会において、北方領土問題を解決するために北方4島(択捉国後色丹歯舞)全体の面積を2等分して、半分をロシアに譲ることにより解決を目指す考えを示した[63]。これは元首相の海部俊樹から「北方領土の返還は党是だ。党の基本問題として守るべきものは守ってきちっとやってほしい」と批判された。

発展途上国への政府開発援助[編集]

政府開発援助(ODA)には積極的な姿勢を取っている。2007年1月26日、「ODAは、我が国外交の重要な手段であります。国際社会の一員としての責務を果たし、かつ、自らの繁栄を確保していくために、ODAを一層戦略的に実施します。「自由と繁栄の弧」形成のためにも、ODAを活用していきます。そのうえで、ODA事業量の100億ドルの積み増し、また対アフリカODAの倍増など、対外公約を達成すべく努めてまいります」と述べた[64]

核武装論[編集]

2006年10月、自民党政調会会長(当時)の中川昭一が「核武装論も選択肢として考えておくべき」と発言したことで一部から非難を受ける。麻生は非核三原則の堅持を明言を前提としつつも、「隣の国が持つとなったときに、1つの考え方としていろいろな議論をしておくことは大事だ」「日本は言論統制された国ではない。言論の自由を封殺するということに与しないという以上に明確な答えはない」と発言した。この発言が原因で、12月に民主党、社民党共産党ら4党から外相としての不信任決議案を提出された。

2009年11月23日、総理大臣時代に、日本に対する米国の「核の傘」堅持のため、米議会が中期的な核戦略検討のために設置した「戦略態勢委員会」に働きかけを行っていたことがわかった[65]

インテリジェンスのさばき方[編集]

諜報機関や国家運営に必要な情報収集能力をインテリジェンスと呼ぶことがある。麻生は英米のインテリジェンスを次のように比べた。イギリスはMIT6(現SIS)と外務省の2つのインテリジェンスがある。英首相は2つを競合させる、つまり真贋を見分けて最終判断を下す機会を持ち、判断の政治的責任を引き受けている。他方、アメリカのインテリジェンスはCIAだけであり[66]、米大統領はインテリジェンスを競合させたり政治的責任をとったりできない。これは、イラク戦争の際に大量破壊兵器が存在すると誤認した構造要因だったと麻生は考えている。このような事実から、インテリジェンスの吟味が大事だという。この結論を手嶋龍一は高く評価した[67]

歴史認識[編集]

日本統治時代の朝鮮台湾に対しては肯定的側面もあったとする発言をしている。2003年5月31日東京大学学園祭において「創氏改名朝鮮人が望んだ」[68]、「日本はハングル普及に貢献した」と述べた(当該項目も参照)。また、2006年2月4日福岡市での講演において、日本が植民地台湾義務教育に力を入れたと指摘したうえで「台湾はものすごく教育水準が上がって識字率などが向上したおかげで今極めて教育水準が高い国であるが故に、今の時代に追いつけている」「我々の先輩はやっぱりちゃんとしたことをやっとるなと正直そのとき思った」と述べた。

2007年平成19年3月21日長崎県時津町で講演。日本独自の中東和平外交として、ヨルダン渓谷の開発を進める「平和と繁栄の回廊」構想に触れ、「米国人にできないことを日本がやっている。日本人というのは信用がある。青い目金髪だったら多分駄目よ」「われわれは幸いにして黄色い顔をしている。そこ(中東)で搾取をしてきたとか、ドンパチ、機関銃撃ったとか1回もない」と述べた。

2006年平成18年5月26日、アジア各国の政府首脳や経済界リーダーを招いた国際交流会議「アジアの未来」において「近代の生んだ毒......。それはすなわち『国民国家』であり、『自民族中心主義』という意味に規定される『ナショナリズム』でした。この2つは、地図に黒々と、太い国境を引く思想でした。また時として、その国境を外へ外へ、無理やりにでも広げていくのをよしとする考えでした。(中略) 他人(ひと)のことは言いますまい。日本人は一度、国民国家とナショナリズムという、強いをしたたかにあおった経験があります。皆さんこれからのアジアは、国民国家の枠、ナショナリズムの罠に絡め取られるようではいけません」と述べた[69]

2008年10月2日には日本の過去のアジア支配に対する反省と謝罪を明確にした「村山談話」について、「いわゆる村山談話と17年8月15日の小泉純一郎首相の談話は、先の大戦をめぐる政府としての認識を示すものであり、私の内閣においても引き継いでいく」として麻生内閣でも、明確に堅持する方針を示した[70]。同年10月31日には航空自衛隊幕僚長田母神俊雄が旧大日本帝国軍の侵略行為を否定する論文を執筆していたことが判明したが、麻生は記者団に対して「個人的に出したとしても、立場が立場だから適切ではない」と述べた[71]

麻生内閣メールマガジン「太郎ちゃんねる(2008年12月4日配信)」において、「1941年12月に第二次世界大戦真珠湾攻撃で始まる」と書いたことについて、「1941年12月に始まったのは第二次世界大戦ではなく太平洋戦争である。この歴史認識は知性を疑われる恥知らずの間違い」として、新党日本田中康夫から国会での謝罪と訂正を求める質問主意書が提出された[72]

日本軍慰安婦問題[編集]

内閣総理大臣としては河野談話を踏襲することを表明したが、アメリカ合衆国下院に提出された慰安婦問題をめぐる対日非難決議案にある「日本軍による強制的な性奴隷化」といった記述について「客観的な事実にまったく基づいていない」と強い遺憾の意を示している[73]。麻生はまた、国連の自由権規約委員会が従軍慰安婦に対して日本政府に謝罪と補償などを行うよう勧告したときも、第171回国会において、内閣総理大臣として「この勧告は、法的拘束力を持つものではなく、市民的及び政治的権利に関する国際規約の締約国に対し、当該勧告に従うことを義務付けているものではないと理解している」と述べ、慰安婦に対して謝罪や賠償をする意思がないことを表明した[74]。麻生個人の見解としては、慰安婦問題をめぐる対日非難決議案は、日本と米国が緊密な関係になることを良しとしない第三国による日米離間工作であると見なしている[75]

靖国神社問題[編集]

靖国神社については、常々「国の為に殉じた人を最高の栄誉をもって祀る事は、国際的にごく当たり前であり、他国からどうこう言われる話ではない」という持論を掲げている。

2006年(平成18年)8月8日付の朝日新聞朝刊にて『靖国にいやさかあれ』という論文を寄稿した[76]

政治家の靖国神社問題については、政教分離が問われるなど一番の問題は靖国神社が宗教法人であることだとしており、2006年の総裁選では総理になった場合に靖国神社を非宗教法人化(国が関与できる特殊法人への移行)し、国立追悼施設にすることを公約に掲げた。2008年10月にも「神社という名前が問題なら、靖国廟でも招魂社でもいろんな形がある」として、非宗教法人化を支持する姿勢を示している[77]

2006年には、「首相になった際には靖国参拝を自粛する」という考えを示していた[78]。2008年に首相に就任した直後には「行くとも行かないとも答えることはない」として曖昧な姿勢を見せている[79]。外交問題に飛び火した小泉首相の参拝について「中国が(参拝を中断しろと)言えば言うほど行かざるを得ない」とし、「これはタバコ吸うなと言うと吸いたくなるのと同じだ」と述べた。麻生本人は外相在任当時、外務大臣は個人ではないという理由で靖国神社には参拝しなかった。

A級戦犯分祀については、「靖国神社に戦死者でない人が祭られていることが非常に大きな問題点だ」「(首相の参拝について)他の国々、国内からいろいろ言われないよう、英霊から感謝されるような形で参拝できる制度を考えるべきだ」との見解を示している[80] が、靖国神社が宗教法人である限り政治の介入による分祀は厳に慎むべきであるとしている[81]。そのため、靖国問題の解決策に関しては、靖国神社の非宗教法人化を行い、国が関与できるようにしてA級戦犯分祀することを「1つの方法」と発言し、「望ましい」として賛成している[82]

2006年1月28日名古屋で行われた公明党議員の会合で、「英霊天皇陛下のために万歳と言ったのであり、首相万歳と言ったのはゼロだ。天皇陛下が参拝(正確には「親拝」という)なさるのが一番だ」と述べ、「(天皇が)公人私人かという論議のため参拝できなくなったが、解決の答えはいくつかあるはず」と付け加えたが、批判を浴びると「今の状況で天皇陛下に参拝していただきたいとは一切言ってない」と発言を修正し、釈明した[83]

日本と韓国の緊張関係について、「両国が靖国問題にあまりにも執着しているのが最も大きな問題だ。当分はマスコミが靖国問題を書かないのが一番よさそうだ。 問題をあおって増幅させた」との考えを表明している。

2006年5月26日に都内のホテルで開かれた国際交流会議「アジアの未来」で講演し、「23日に自分がカタールで中韓の外務大臣と会談したので関係改善の流れが出て来た」と発言。これに対して韓国産業資源部長官は、「アジア共同体形成に関して各国間合意はできたが、韓中日の共同体構築努力が他地域に比べ足りない、原因は一部政治家の靖国参拝や歴史問題だ、ヨーロッパがいかにしてこれを克服したか考えて欲しい」と講演した[84]

首相在任中の2009年には「(靖国神社は)最も政治やマスコミの騒ぎから遠くに置かれてしかるべきものだ。もっと静かに祈る場所だ」[85] として、終戦の日に靖国神社参拝を行わない意向を示した[86]

2009年10月17日には、首相在任中には参拝しなかった靖国神社に参拝した[17][87]

制度改革[編集]

憲法改正論議[編集]

2008年9月の国連総会での演説後、自衛隊の集団的自衛権の行使について「できるようにすべき」と憲法改正もある程度は必要との認識を持っている。

国籍法改正[編集]

麻生内閣時代に国籍法改正について舵を取った。

選択的夫婦別姓制度[編集]

  • 野田聖子によれば麻生は選択的夫婦別姓制度導入に基本的に賛成である[88]
  • 政策CPプロジェクト衆議院選挙2005プログラムでは「選択的夫婦別姓を認めるか」に対し「認めるが子供の姓はどちらかに統一する」と回答した[89]

漫画の表現規制[編集]

松江市教育委員会によってはだしのゲンに閉架措置がとられた問題について閣議後の記者会見にて「(はだしのゲンを)出たころ毎週の連載を読んでいましたけど、もっと禁止したほうがいい成人向け漫画がある。自民党でポルノコミックについて(規制を)やったときは「成人向けにすべきじゃない」とずいぶん反対があった。そういうもののほうが、もっと問題なんじゃないかね。」と述べ、漫画の表現規制強化を推進する立場を明確にしている[90]

政治的立場[編集]

派閥[編集]

主な役職等[編集]

公明党との関係[編集]

公明党と太いパイプを持つ蜜月関係で知られる[93]。麻生の2008年総裁選出馬表明直後には、公明党支持母体の創価学会婦人部・公明代表代行の浜四津敏子が異例のスピードで支持を表明し、麻生が総裁選で優位となる流れを作った[94]。その後、2008年8月11日にまだ自民党総裁が決まってない段階で、公明党幹事長の北側一雄も「日本の未来を考えたときにリーダーは明るさが必要だ」として明確な支持を表明している[95]。連立与党のパートナーとはいえ、党幹部が他党の党首選について特定候補の支持を明言するのは極めて異例なことである。

神道との関係[編集]

麻生の信仰宗教はキリスト教カトリック派)であるが、神道政治連盟神社関係者などの神道政治団体)から支援を受けている。2009年(平成21年)12月9日には、神道政治連盟国会議員懇談会の名誉顧問に就任している(これはカトリック教会が政治活動をしない為であり、公職である政治家司教教会等が応援すると、カトリック教会の教義にあたる教会法第285条に抵触する為である)。

麻生グループ[編集]

麻生グループ関連会社「麻生」(福岡県飯塚市)から、2002年4月30日付で麻生が支部長を務める自民党支部が総額650万円の政治献金を受けていた。前年度中に「麻生」は国から補助金1458万円を交付されており政治資金規正法違反の疑いを指摘された。同社は県から間接的に受給していたので問題ないとの認識であった。報道後に同社は返金を求めることを表明した[96][97]

電力会社からの献金[編集]

東京電力や関連企業がパーティー券購入額の目安として、東京電力が政治家の電力業界での重要度を査定しランク付けしていた上位10議員の内の1人であったことが朝日新聞に報じられた[98]

その後、麻生が支部長を務める自民党支部が2010年から2012年の3年間で、九州電力と関係の深い企業から192万円の献金を受け取っていたことが政治資金収支報告書から分かった[99]。弟の麻生泰が2014年7月18日夜に、福岡市を訪れた安倍首相と博多の料亭で会食、川内原発の早期再稼働を要請していた。

政治資金パーティ[編集]

外務大臣だった2007年6月、大規模な政治資金パーティーを自粛すると定めた大臣規範に反し、資金管理団体のパーティを開催して約8470万円の収入を得ていたことが政治資金収支報告書で分かった[100]

問題視された言動[編集]

衆議院議員初当選後[編集]

  • 週刊新潮(2008年10月2日号)は、福岡県政のあるベテラン関係者の回想として「1979年の総選挙のとき、麻生は『日中貿易なんかやっても無駄。中国はお金を持っていない。代金を払ってくれないよ』と発言していた。」「1983年の総選挙の時に、麻生は『平民の皆さん』と呼びかけた。」と記事にしている[101]
  • 週刊現代によれば、衆議院選挙に初出馬した1979年、地元の飯塚市での街頭演説で登壇して開口一番、支援者に対して「下々の皆さん」と呼びかけたという[102]。ただし、この発言については、「実際には、飯塚市の下三緒(しもみお)地区における演説で『下三緒のみなさん』と発言した」という証言がある[103]
  • 週刊現代記事「年寄り代議士が何人か死ねばね」(当選後に「将来の総理大臣」というマスコミに対する応答[102]
  • 東京美濃部革新都政が誕生したのは婦人が美濃部スマイルに投票したのであって、婦人に参政権を与えたのが最大の失敗だった」( 1983年2月9日高知県議選の応援演説にて、国が女性に参政権を与えていることを批判した[104])。のちに自民党を離党した平沼赳夫とともに、当時の新聞しんぶん赤旗一面に掲載された。

2001年以降[編集]

  • 2002年7月に長野県知事(当時)の田中康夫について「醜く太っていて嫌な体型だ。自分で身体の努力していない、年を取ってなりたくない体型だ」と発言した[105]
  • 2003年9月11日の麻生も同席した自民党総務会において、「大勇会の会合で被差別部落出身の野中広務に対する差別発言をした」と会合の出席者から聞いたとして、野中は麻生を強く批判した[106][107]。麻生は発言を否定している。
  • 2003年10月20日ホームレスについて、「新宿のホームレスも警察が補導して新宿区役所が経営している収容所に入れたら、『ここは飯がまずい』と言って出て行く。豊かな時代なんだって。ホームレスも糖尿病という時代ですから」と発言し、事実に反するうえに差別的であるとして各地の日雇い労働者および野宿者支援組織などから抗議を受けたが[108]、翌日の会見で改めて趣旨を説明し[109]、撤回はしていない。
  • 総務大臣在任中の2005年10月15日、この日に開館した九州国立博物館の開館記念式典での来賓祝辞の中で「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」と発言。同博物館は選挙区は異なるものの麻生の地元である福岡県内にあり、展示内容は「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」である[110]

2006年[編集]

2007年[編集]

  • 2007年7月19日富山県高岡市内で講演会において、国内外の米価を比較する例えとして「7万8000円と1万6000円はどちらが高いか。アルツハイマーの人でもわかる」と発言。これについては野党からの反発だけでなく、与党からも参院選に悪影響だと懸念され、官房長官(当時)の塩崎恭久からも「適格性を欠く」と批判された。麻生は翌7月20日に謝罪したうえで撤回した[113]
  • 7月20日、アルツハイマー発言の翌日に鳥取県倉吉市での演説で「は『きちがい水』だとか何とか皆言うもんだから、勢いとかいろんなことありますよ」と発言した[114](『きちがい水』という表現は酒を指す江戸時代からの俗語)[115]

2008年・内閣総理大臣就任前[編集]

  • 2008年2月中国製冷凍餃子中毒事件に関連し熊本市での講演で、「日本の農産物に付加価値がついた」「(日本の)農産物、高いけど、うまい、きれい、加えて安全、3つきたんじゃないの? 農協中国に感謝しないといけない。ものすごく付加価値がついた」と発言した。
  • 7月に講演の中で、「1930年代、ドイツではナチス党がやたら出てきて、当時のワイマール共和国に対し、度々審議拒否。しょうがない、この際ナチス党にやらしたらどうだといって、ああいうことになった」と、民主党とナチスを同一視するかのような発言をしたと報じられた[116]
  • 8月、首相(当時)の福田康夫は国会審議で民主党の協力が得られず、支持率も低迷し行き詰っていたことで内閣改造を行った。その際、福田政権発足時には入閣・党役員就任を固辞していた麻生も、党の危機であることから幹事長に就任した(福田康夫内閣改造内閣)。8月4日、参議院議長の江田五月を表敬訪問した際、ドイツでヴァイマル共和政末期に、ナチスが台頭した経緯に触れて危機感を示した。江田は麻生の見通しを否定し、互いにそうならないようにしなければならないと返した[117]。この会談においても「かつてドイツはナチスに1回(政権を)やらせようとなって、ああいうことになった」と、先月の講演とほぼ同じことを述べたことについて、民主党政権がナチス・ドイツのように横暴極まりないという印象を与えかねないとして、鳩山由紀夫が撤回を求めた[118]。麻生は、「民主党をナチスに例えたわけではない」と釈明した。
  • 週刊新潮は、「自民党総裁選の立会い演説会で「外務大臣として働いた方のうち、私ほど、外交について多くを述べた方は、かつてただの1人もいらっしゃらないと思います」と発言し、外相経験者で内閣官房長官(当時)の町村信孝を驚かせた」と清和研議員秘書が発言していると報じた。
  • 週刊現代は、麻生は9月の首相就任前に『(認証式のために)陛下の日程をあけておけ』と宮内庁に指示を出したと報じた[119]
  • 9月14日JR名古屋駅前での自民党総裁選の街頭所見発表会の発言の中で、前月に岡崎市など愛知県内で3人の死者を出した平成20年8月末豪雨に関して、「岡崎の豪雨は1時間に140ミリだった。安城や岡崎だったからいいけど、名古屋で同じことが起きたら、この辺全部洪水よ」と対策の不十分さに言及したが、これに対し被災地域を軽視しているとして岡崎・安城の両市と岡崎市議会は麻生側に抗議文を郵送[120][121]。同17日、麻生側は「不用意な発言で不快な思いをさせたことをお詫びし、復旧についてできる限りのことをする」との趣旨の謝罪文を、岡崎・安城の両市に送付した[122]。なお、平成23年台風第15号の豪雨で、名古屋市は河川が氾濫して洪水となり、88万人に対する避難指示が出される事態となった。

内閣総理大臣在任中[編集]

2008年9月[編集]

  • 9月24日毎日新聞が「とてつもない金持ちに生まれた人間の苦しみなんて普通の人には分からんだろうな」と発言したと報道した[123]

2008年10月[編集]

  • 植草一秀が、10月26日に行われた自民党の秋葉原街頭演説会で、麻生が九州トヨタの事例を挙げ、非正規社員が正規社員に転換されたことで婚姻率が上昇したことを紹介したうえで「女性がもう、結婚する相手が、なんとなーく、食いっぱぐれそうな顔してるとこりゃちょっと、結婚したらあたしが一人で働かないかんと。そら、なかなか結婚したくないよ。そら、女性のほうも選ぶ権利がある」と演説したことについて[124][125]。前後の文脈から「食いっぱぐれそうな顔をしている」というのは非正規雇用の男性を指していることは明白であり、非正規雇用の男性を差別する発言だとしてインターネット上で話題になった。また、「結婚したらあたしが一人で働かないかん」と、非正規雇用の男性が失業者と同等だという差別的な発言であることも指摘された[124]

2008年11月[編集]

  • 11月14日のワシントンでの同行記者団との懇談で、定額給付金について「給付なんておれはいらない、というプライドもある人もいっぱいいる」と発言した。多くの報道機関からは「定額給付金を受け取る国民はプライドが無いとも取れる」と解釈され、批判的な報道がなされた[126]。また、2008年12月6日長崎県諫早市で自民党長崎県連が主催した首相の演説会で演説し、定額給付金について「私はそんな金をもらいたくないという人はもらわなきゃいい。(年収が)1億円あっても、さもしく1万2000円が欲しいという人もいるかもしれない」と発言した[127]
  • 11月20日、全国知事会議で「自分が病院を経営しているから言うわけじゃないけれど、大変ですよ。はっきり言って(医師は)社会的常識がかなり欠落している人が多い」「(医師不足の)責任はおたくら(医師)の話ではないですか」と発言した。会議後、記者団に発言の真意を問われ、「まともなお医者さんが不快な思いしたっていうんであれば、申し訳ありません」と謝罪した。厚生労働大臣舛添要一や、自民党の国会対策委員長大島理森、元副総裁の山崎拓税制調査会会長の津島雄二などに苦言を呈されたほか、内閣官房長官の河村建夫も不適切との認識を示した。中でも山崎は「『社会的に非常識だ』と社会的非常識な人(麻生)に言われたくない」と強い口調で批判した。翌日、日本医師会会長の唐沢祥人が、抗議のために首相官邸を訪れた。これに対して麻生は「誤解を与えているようで、不適切であり、撤回する」と述べた。日本医師会会員からは日本医師会執行部に対して「自民党支持をやめるべきだ」との抗議が続々と寄せられており、日本医師会は、次期衆院選への影響は避けられないとの見方を示した。その他に全国保険医団体連合会も声明を発表し、「麻生総理は行政府の長として失格」と痛烈に批判。茨城県医師会も「政治家として、いや社会人として持つべき常識すら欠如している」との抗議文を首相あてに送付した。民主党代表代行の菅直人からも「常識がないのは発言している総理の方では」と皮肉られた[128]
  • 11月20日の経済財政諮問会議において「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらかかっている者がいる。彼らは、学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」と発言した。 この発言は「だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る」と続き[129]、予防の奨励によって医療費の削減が期待できるとしたが、前半部分が「病気になるのは本人の不摂生(自己責任)のため」と受け止められ、また国民健康保険制度の概念を軽視する発言でもあるとして批判された。後に麻生は「にある人の気分を害したなら、その点はおわびする」と陳謝した[130]山崎拓、税制調査会長の津島雄二、前幹事長の伊吹文明中山泰秀渡辺喜美などが苦言を呈した。公明党代表の太田昭宏は不適切な発言との認識を示した。また、菅直人は「国民が、自国の首相を恥ずかしいと思う状況になっている」、国民新党亀井静香は「社会保障とは何かということを根底からわかっていない。やっぱり太郎ちゃん、なっちゃいけなかったんだな」と批判した。河村建夫も「首相はああいう性格。いろんな発言はこれからもあるだろう」と発言した。
  • 11月22日、訪問先のペルーリマで、民主党代表の小沢一郎が、11月17日の党首会談で第2次補正予算案の審議・採決に応じる約束をほごにしたら「辞める」と発言したのに、後に否定したとして「この人の話、危ない。信用できなくなった」と発言、今国会提出を見送る考えを示した。小沢は「(会談後の記者会見で)『議員辞職するか』と聞かれたから『そんなことは言ってません』と言った」と説明。党首会談では「党内を説得できずに結果が違ったとしたら、党首としての責任を取ると言った」と反論した。さらに小沢は、麻生が「信用できない」と第2次補正予算案の今国会提出を見送る考えを示したことに対し、「僕の話で決めるレベルのことではない。厳しくなっている国民生活を政府がどうするかの問題だ」と批判し、「本当に首相として情けないというか、あまりにレベルが低い」と述べている[131]

2008年12月[編集]

  • 12月14日、毎日新聞は北九州エコタウン北九州市)を視察し、「民間で銭にしちゃおう、『しのぎ』にしようというのがすごい」と発言し、毎日新聞暴力団の資金集めなどを指す時に使われることが多く品位に欠けるとの指摘もありうる問題発言として報道した[132]
  • 12月15日、参院決算委員会で健康増進策に関する質問に対して、自身の朝の散歩を挙げ「いい年こいて朝歩いているなんて、徘徊老人と間違われたりする時代があった。呼び止められたことが何回もありますから」と答弁したところ、首相官邸に詰めている記者団から「配慮に欠ける発言ではないか」と質問を受けると「どうして?何かよく分からない、言っている意味」と発言した[132]
  • 12月19日ハローワーク渋谷(東京都渋谷区)を視察した。この際、失業し、再就職の相談に来て、「とにかく六本木などで働きたい」と発言していた若者に「今まで何してたんだ?新しい仕事というのは『これがやりたい』と言わないと、相談される方も『何かないですか』と言われても困る。何がやりたいか目的意識をはっきり出すようにしないと、就職というのは難しい」といったメッセージを送った。しかし、相談者は麻生の言葉を受け、「“何でもいいから仕事がほしい”というのが普通のこと。首相がそういうことを言うのはどうかと思う」、「職があれば良いというレベルです、私の場合は」、「今の不況の中では仕事を選べないところもあるから」とインタビューで答えた[133] ほか、鳩山由紀夫は麻生の言葉に対し、「誠に的はずれだ」「なかなか自分の思い通りの仕事が見つからない状況だからこそハローワークで探そうとしている」と批判した[134]
  • 12月25日夜、首相官邸で行われた閣僚との忘年会の席で、「わたしの発言でご迷惑をお掛けした。若干、発言に問題があったなあ」と照れながら陳謝したという[135]

2009年[編集]

  • 1月6日の会見において、定額給付金に関して「個人に給付されるものにもらえとかもらうなとか言えない。ぜひみなさんに使っていただきたい」と、所得制限を設けず全国民に受け取ってもらいたいという趣旨の発言をした。また、政府・与党としても「国会議員も積極的に受け取るべき」との見解を示した。前年に「12,000円もらう人はさもしい」などと高額所得者は受け取りを辞退するよう呼び掛けていただけに、今回正反対の考えを示したことには「コロコロ意見が変わる」と批判の声が出た[136]
  • 2月5日の予算委員会で「(小泉)内閣の一員として最終的に賛成したが、郵政民営化は賛成ではなかった」と発言し、野党だけでなく自民党内にも大きな波紋を広げた。
  • 2009年3月23日 - 麻生の相次ぐ失言に対し、河村建夫が記者会見にて「医者や株屋の話もあった。相手を傷つけない配慮はされるべきだ」[137]「バランス感覚を持って発言してもらうことは必要だ」[137] と批判した。
  • 6月7日東京都議会議員選挙での党勢の拡大を図り、麻生が各候補者への訪問や街頭演説を開始。麻生は東京都議会議員選挙をサッカーに喩えて党への支援を訴えたが「日本には(元日本代表の)中田英寿みたいなスーパースターはいない」[138]「日本のスーパー(スター)は天皇陛下ぐらい」[138] と発言。6月9日には立候補予定者の事務所を訪れた際、立候補予定者の子息に対して「おまえも後を継ぐのか。世襲頑張れ。親の後を継いで悪いことは何もない」[139] と発言。6月20日の立候補予定者事務所での挨拶では、2009年東京都議会議員選挙について「必勝を期して」と言うべきところを「惜敗を期して」[140] と発言し、驚いた東京2区の自民党支部長深谷隆司が「必勝です」[140] と指摘するが、訂正せず[141]。深谷が麻生に耳打ちするなど再三指摘したため「再び勝って、必勝を」[142] と発言内容を修正。静岡県知事選挙では麻生側が党推薦候補に対し応援を申し入れてきたため、選挙対策本部が富士市での演説を打診したところ、麻生側が浜松市静岡市など人口の多い都市での開催を要求してきたため、選挙対策本部が麻生の来県を拒否した[143]
  • 7月25日 - 日本青年会議所の会合で「元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働く事しか才能が無いと思って下さい。働く事に、絶対の能力がある。80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。働ける才能をもっと使い、その人たちが働けば、その人たちは納税者になる」と発言し、毎日新聞系のマスコミから高齢者侮辱発言として批判された[144][145]
  • 8月23日 - 学生との対話集会にて、結婚生活には多額の費用がかかるため若年層が結婚するのが難しくそれが少子化の一因ではないか、との質問が出た。その質問に対し、麻生は「金がないなら結婚はしないものだ。うかつにしない方がいい」[146] と回答した。麻生発言の真意を問われ、河村は「表現は直截(ちょくせつ)的だが、むしろ若者の就職対策を進めなければいけないという裏返しの表現」[147] と説明した。またこの発言はBBC[148]オーストラリア放送協会[149]AFP通信[150] 等の各国のマスコミに「失言」と報道された。

副総理在任中[編集]

2013年[編集]

  • 1月21日、社会保障制度改革国民会議第3回会合で終末期医療に関して、「チューブの人間だって、私は遺書を書いて『そういう必要はない。さっさと死ぬから』と手渡しているが、そういうことができないと死にませんもんね、なかなか」「いいかげんに死にたいと思っても生きられる。しかも、政府のお金で(終末期医療を)やってもらうのは、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしないと」と発言し、すぐに適当でなかったとして発言を撤回した[151]。与野党から「TPOというものがある」「社会保障について本当に温かいまなざしで国民を見ているのか」などと批判された。23日には全日本年金者組合京都府本部が「政府が自立・自助を唱えてすすめている本音がでた」などとして抗議と要請の緊急決議を行った[152]
  • 7月29日国家基本問題研究所の開いた憲法改正についてのセミナーで、「最近は左翼じゃないかと言われる」と前置きした上で、「憲法改正なんていう話は熱狂の中で決めてもらっては困る。ワァワァ騒いでその中で決まったなんていう話は最も危ない」という趣旨の発言を5度繰り返すなど、終始、改憲に消極的な発言を行った[153]。その中で改憲積極派に向けて、ナチス政権を引き合いに出し、「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法[154]に変わっていた。あの手口を学んだらどうか。騒がないで、納得して変わっている。喧騒の中で決めないでほしい」[155]と発言した。
麻生のセミナーでの発言のナチスに関連する部分を見出しにして、日本で一番早く報じたのはスポニチの7月30日付Web版である。記事の見出しは『麻生副総理 改憲でナチス引き合い、都内の講演で語る』[156]であった。一般紙では同日付で読売新聞のWeb版が『ナチスの手口学んだら・・・憲法改正で麻生氏講演』[157]という見出し記事で報じた。ただしその後、『改憲「狂騒、狂乱の中で決めるな」・・・麻生副総理』[158][159]へと見出しが差し替えられている。他には、同30日付で共同通信が『憲法改正でナチス引き合い/麻生副総理、都内の講演で』[160]という見出しで報じた。
一方、朝日新聞はナチスに関連した部分について当初は触れておらず、29日付のWeb記事では『「護憲と叫べば平和が来るなんて大間違い」麻生副総理』[161]という見出しで報じていた。朝日がナチスに関連する発言について報じた最初の記事は、8月1日付のWeb記事で『ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生副総理が発言』[162]である。『麻生副総理の憲法改正めぐる発言要旨』[163]という見出しで発言要旨も報じたが、同日付の同紙天声人語は「素直に聞けば、粛々と民主主義を破壊したナチスのやり方を見習えということになってしまう」と書いた。
その後、ナチスに関連した発言について、8月2日付朝日新聞が、1面準トップ「首相『撤回、早い方がいい』」、2面トップ「政権 麻生ショック『国際社会を敵に』収束急ぐ」、4面トップ「発言と釈明 矛盾」、社説『麻生氏の発言 立憲主義への無理解だ』[164]、社会面トップ「失言 何度目ですか」、声欄(3日付)「 麻生氏の弁明は聞きたくない」と取り上げ、翌3日付読売新聞が『麻生財務相発言 ナチスにどう改憲を学ぶのか(8月3日付・読売社説)』[165]、同3日付で産経新聞が『麻生氏失言 改憲論議への影響避けよ』[166]と報じた。
ナチスに関連した部分のみを見出しにした報道を端緒に、この発言は海外の一部メディア・ユダヤ系人権団体らが一斉に批判することになった[167][168][169][170]。7月30日、ユダヤ系人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターが『Which 'Techniques' of the Nazis Can We 'Learn From'"?(一体どんな手口をナチスから学べると言うのか)』と題した声明を発表し、発言の真意を説明するよう促した[171][172]。また、同日、韓国外務省報道官は定例記者会見で、「侵略の被害を受けた周辺国の国民にどう映るかは明らかであり、多くの人を傷つける」と批判した[173][174]。翌31日には中国外務省の洪磊副報道局長が、「日本がどこに向かおうとしているのか、アジアの近隣諸国や国際社会の懸念と警戒を引き起こす」と批判した[175]
これらの批判や報道を受け、セミナーの主催者兼司会者でもあったジャーナリストの桜井良子は「朝日が日本を国際社会の笑い物に…歪曲された麻生発言」(産経新聞2013.8.5「美しき勁き国へ」)[16]において、「朝日新聞はこのようにして事柄を歪曲していくのか。麻生発言を朝日新聞が報じる手口を眼前にしての、これが私自身の率直な感想である」と述べ、「(麻生は)改正論議の熱狂を戒めたが、私はそれを、改正を急ぐべしという国基研と自分は同じではないというメッセージと受けとめた」とした上で、「有り体に言って一連の発言は、『ワイマール体制の崩壊に至った過程からその失敗を学べ』という反語的意味だと受けとめた」と述べた。そして「憲法改正に後ろ向きの印象を与えた麻生発言だったが、朝日新聞は全く別の意味を持つものとして報じた」として、同紙天声人語が麻生が改憲に積極的だという前提で、「素直に聞けば、粛々と民主主義を破壊したナチスのやり方を見習えということになってしまう」と書いたことや、朝日社説が「ある日気づいたら(中略)あの手口に学んだらどうかね」の部分だけを引用し、「普通に聞けば、ナチスの手法に学ぶべきだと言っているとしか受け止められない」と書いたことなどを、「朝日は前後の発言を省き、全体の文意に目をつぶり、失言部分だけを取り出して、麻生氏だけでなく日本を国際社会の笑い物にしようとした」と朝日新聞を批判した。ナチスに関連した発言は多くの国内外のメディアが批判することとなったが、桜井は「8月1日と2日、朝日の紙面は麻生発言で『熱狂』した。日によって1面の天声人語、社会面、社説を動員し、まさに全社あげてといってよい形で発言を批判した」と朝日の報道のみに言及した。
8月1日、麻生は「憲法改正については、落ち着いて議論することが極めて重要であると考えている。誤解を招く結果となったので、ナチス政権を例示として挙げたことは撤回したい」[176]と述べた。
野党側は8月7日に閉会する臨時国会中に、予算委員会での集中審議を求めていたが、与党側は「一応の決着をみた」として審議を拒否した[177]。7日に民主党など5野党は麻生の辞任、または罷免を求める声明を発表し、同日首相官邸に声明を届けようとするも、官邸は受け取りを拒否した。
なお、麻生が撤回した発言には、歴史的事実に関する誤認が含まれている。ミュンヘンの公立現代史研究所のマグヌス・ブレヒトケン博士は「麻生氏の例えは驚くべき発言だ」と述べたうえで「ナチスが政権を握った1933年以降も、公式にはワイマール憲法は存続した。だがこの年、議会承認を経ずにヒトラーが法律を制定できる全権委任法が成立し、ナチス独裁体制が固まったことで、ワイマール憲法は事実上の効力を失った。ナチス自身は特に憲法を定めていない」と説明。麻生による「ワイマール憲法はいつの間にか変わっていた」との発言は事実誤認と指摘した[178]

2014年[編集]

誤読[編集]

総理就任中は原稿の誤読が大きく報じられ、「首相の資質がない」と激しいバッシングを受けた。2009年11月25日に日本民間放送連盟が行った調査「今年の顔」では、「あなたが最も怒りをおぼえた有名人」部門の2位となった[179]

麻生はマスコミに対して「質問に乗ってまた言うと、それをまた挑発のネタにされる。そっち(メディア)の飯の種になるかもしれないが、こっちはそういうことにならないから」と嘆いたが[180]、この発言も問題発言として紹介される状況であった[181]

妻・千賀子は「米国発の金融危機が来て主人は景気対策のため本当に頑張りました。でも政策ではなく、政権交代という作られた流れの中で政局を問題視されました」「口が曲がってるとか、漢字が読めないとか。それと変な話をしたと。全体を見ればきちんとした話でも一つの単語が極端だったり、不用意だったり、そんなことだけが取り上げられました。人間失格のような印象すら作られ、私は本当に辛く、主人を可哀想に思いました。」と述懐している[103]

「麻生前首相が資質を問われ始めたのは漢字の誤読が発覚してからだ(毎日新聞論説副委員長・与良正男[182] 」といわれるように、麻生が国会答弁の中で、踏襲を『ふしゅう』と読み間違えたことを朝日新聞が問題視する[183]と、「麻生の漢字間違い」は国民の大きな反響を呼び、マスコミは麻生が報道関係者宛てに出した礼状まで公開し、漢字間違いを指摘する[184]などのバッシングが行われ、「麻生太郎は漢字が読めない」という風評が定着していった。

こうした報道について、自民党の細田博之幹事長は「麻生総理が字が読めないらしいと言って楽しんでいる。日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない」と発言したが、この発言も非難の対象となり、細田は発言を謝罪した[185]

2009年1月20日の参院予算委員会では、麻生の漢字力を質すため、民主党の石井一副代表が『就中(なかんずく)』など12個の漢字を並べたボードを用意したが、麻生から「『窶し(やつし)』以外は普通に読める」と返された。

マスコミなどの報道機関は、麻生の原稿の読み間違いについて、批判を繰り返し[186][187][188][189][190]、麻生が読字障害であると報じるタブロイド誌もあった[191]

一方、2009年4月10日、麻生首相が皇室主催の祝賀会で読み上げた祝辞で「弥栄」を「いやさかえ」として読み上げたことが誤読としてマスコミ各社で報道された[192]が、「弥栄」には「いやさか」「いやさかえ」と2通りの読み方があるため、マスコミ側の誤読ではないかと話題となり、新聞各社が慌ててネットの掲載した記事を削除する騒動となった(特に「歴史的な誤読」と報じたTBSWEB多事争論は、編集委員の吉岡弘行が謝罪文を掲載する事態にまでなった)。(なお、麻生本人のブログでは、「弥栄」を「いやさか」と書いている[193]。)

日常生活・金銭面に関する批判[編集]

総理在任中の麻生は、マスコミから「庶民感覚がない」と批判的な報道が繰り返し行われた[194]

政府要人との会食に高級バーを使用[編集]

麻生は政財界の要人と帝国ホテルのバーなどで会合を行っていたが、メディアからは「庶民の感覚と懸け離れた贅沢をしている」と非難の対象となった[195]。麻生は「高級料亭、毎晩、みたいな話で作り替えている。引っかけるような言い方はやめろ」「普通の店に行くとSPマスコミの影響で営業妨害になる」と反論したが、スポーツ新聞などを中心に『逆ギレ』と評され、さらに激しい非難を受けた[196][197]

カップラーメンの値段が分からない[編集]

10月28日の参院外交防衛委員会民主党牧山弘恵から、カップ麺1個の値段を質問され、「最近買ったことがないんでよく知りませんけれども、昔最初に日清が出したときに、たしかえらい安く出たなというのがあるんですが、あのとき何十円(1971年カップヌードルの当時の小売希望価格は約80円)かで、今400円ぐらい? 最近それを自分で買ったことが余りないので、その値段を直ちに言われても。随分いろいろ種類が出てきていることは知っている」と答えた。この麻生の答弁はマスコミから「庶民感覚がない」と批判的な報道がなされた[198]

豪華な邸宅[編集]

福岡県飯塚市に約2万坪の邸宅を構える[199]ほか、渋谷区神山町に、マスコミからは「麻生御殿」と呼称された[200]敷地面積2400平方メートルの邸宅を所有しており[201]、これらの邸宅が格差社会の象徴として非難する左翼団体が麻生の私邸で集団示威行為を行い、逮捕される事件も発生した。

その他の批判[編集]

  • 毎日新聞の金子秀敏は、小沢一郎が「今円高だから、済州島を買っちまえ。」と発言し、韓国から非難を受けた件[202] について、麻生が「こういう発想はとてもじゃないけど私には出てこない」と発言したことについて「もしかして麻生首相は、済州島の領有権を買うと勘違いしているのではないか。だとすると、発言した方より勘違いした方のレベルが気になる。小学生レベルの常識もないのではないか」と批判している[203]
  • 2008年12月15日、参院決算委員会で、ペンのキャップを口にくわえて原稿に目を通している姿が放送され、「首相の資質」を疑問視する報道がなされた[204]
  • 民主党の藤田幸久麻生鉱業が戦時中に連合国捕虜を虐待したと主張し、麻生に同意を求めたが、麻生が「当時4~5歳で認識するには早すぎる」と返答したため、藤田は国会議員会館で『麻生鉱業捕虜使役問題に関する報告会』を開き、「麻生首相は“当時、4歳だった自分は何も知らない”と事実の確認を拒否してきたが、生存者(捕虜労働者の)と遺族は麻生首相の謝罪と個人賠償を望んでいる」と謝罪と賠償を要求した[205]
  • 舛添要一は、一緒に大阪市内で街頭に立つ予定だった2007年7月22日、同席を拒否。麻生太郎が去った後に登場し、「21日に党本部に『麻生氏は演説に来るな』とお願いしたのに勝手に来た。バカとは一緒にやりたくないから」などと語った。また、横浜市での街頭演説では「ああいう発言をして、総理大臣になれると思っているのか」と批判を繰り返した[206]

その他・逸話[編集]

内閣総理大臣就任以前[編集]

  • 2003年平成15年)の小泉内閣時の総務大臣就任記者会見の場で、ITの発達で役所から書類がなくなり、「地方自治体を含め中央官庁を、IT、いわゆるフロッピーで(コンピュータ同士を)繋ぐ」「フロッピー1枚で(役所の仕事を)全部できるようになる」という趣旨の発言をした[207]。なお、これは時代遅れで認識不足を指摘する文脈で採り上げられる[要出典]が、当時においてインターネットからの電子申請も官庁によっては採用されつつあったものの、従前からのフロッピーディスクによる申請の方が盛んであり、首相就任時点でも総務省の無線局に関する各種申請[208]や厚生労働省の医薬品等申請[209]、郵便局の郵便振替事務[210]など多数が現役か調達途中であり、また役所が調達するパソコン本体にもFDD搭載が要件とされていたこと、インターネット回線や電子証明書の普及遅れもあった。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 麻生包囲網が自民党やマスコミを席巻していた2007年9月16日自民党総裁選渋谷駅前の街頭所見発表では、開口一番「最近、少々キャラが立ちすぎて、古い自民党の方々に、あんまり評判の良くない麻生太郎です」と自嘲気味に語り始めた[216]
    • 同日、秋葉原での街頭演説では、熱心な麻生の追っかけが出てきた際に「追っかけにしても、ストーカー並にこっちの行動が出てくるのでビックリした…」と述べた[217]
    • 「治安の良さは日本のブランド」としており、日本は世界的に治安が良い国という認識を持っている。街頭演説でも同様の主張をしている[217]
    • 10月6日フジテレビ系列の情報番組であるハッケン!!でのインタビューで「2ちゃんねるに時々書き込みをしている。新聞より核心を突いてくる」と公言。これは2ちゃんねるユーザーの間でも話題になった[218]
  • 2008年(平成20年)

内閣総理大臣就任後[編集]

  • 2008年9月、「総理大臣公邸に入居するのは解散総選挙を行った後」としており、総理大臣任命後も自宅から通勤していた。総理が自宅(東京都渋谷区)から官邸へ通勤するのは、宮沢喜一以来15年ぶり。
  • 10月26日には総理総裁後初めて、秋葉原駅前にて自身3度目の街頭演説を行った。その際2008年6月8日に起こった秋葉原無差別殺傷事件を取り上げ、「世の中が暗くなっている」と話し、「明るい世の中にしよう」と呼びかけた。また、麻生は中小企業、零細企業、地方銀行について触れ、従業員最低賃金を上げることや、非正規雇用正規雇用にし、その際の負担は政府が賄うということを話し、就任当時から語っている景気対策の必要性を訴えた[224]
  • 11月10日放映の中国テレビCCTVに出演し、「私の家は貧しかったので子供の頃は、高校まで弁当ではを食べていました」と発言した。
  • 11月19日、都内のホテルで開かれた私立幼稚園PTAの全国大会で挨拶した麻生は「家庭でしつける力がなくなってきた」と指摘したうえで、「じいさん、ばあさん、やかましいおやじさんの存在が薄くなってきたせいもあって、幼稚園で何とかしろと負担が掛かってきている。しつけるべきは母親だ」と批判した[225]。麻生は大会を「幼稚園の教員による会合」と勘違いしていたとされ、会場に園児の母親が多数出席していることに気づくと、批判のトーンを弱めている[226][227]
  • 動画サイトニコニコ動画内の自民党公式チャンネルにおいて、ニコニコ動画のマスコットキャラクター「ニコニコテレビ君」を、麻生の顔文字である「(゜⊿゜)」に置き換えた「タロビ」というキャラクターが生み出され、ユーザー内で話題となった[228]。のちにユーザーからも使用され始めたほか、現在でも自民党公式チャンネルにて引き続き使用されている。また、麻生自身もニコニコ動画の自民党公式チャンネルの企画にてタロビと対面した。
  • 携帯電話の着信メロディに君が代を登録しており、先述のニコニコ動画の企画にて麻生自身が紹介したほか、2009年(平成21年)4月23日衆議院・海賊対処・テロ防止特別委員会の際に新藤義孝が紹介した。
  • 日本のソフトコンテンツ産業の向上のために、平成21年補正予算に「国立メディア芸術総合センター」の構想を練るものの[229]民主党鳩山由紀夫衆議院本会議で『巨大国営マンガ喫茶』と批判し、派閥の身内である河野太郎からも『箱モノ建設だ』と批判され、マスメディアも批判した[要出典]。のちの民社国連立政権では、この構想や予算が消滅した。

内閣総理大臣辞任後[編集]

漫画についてのエピソード[編集]

漫画好きであり、マンガ・ポピュラー音楽・食べ物などのサブカルチャー文化の影響力が、日本国の安全保障、防衛にも繋がるとの持論がある[237]。特に好きな漫画として『ゴルゴ13』を挙げている。2005年の外務大臣就任後は文化外交価値観外交自由と繁栄の弧を重視し、2007年には国際漫画賞を創設した[238]。これに関する批判は少なからずあるものの[239][240][241][242] 、漫画文化のよき理解者として紹介されることも多い[要出典]

外務大臣として[編集]

漫画好きであることは外国の首脳にも知られており、ポーランドの外務大臣から現地(ポーランド語)版の『犬夜叉』を寄贈されている[243]

内閣総理大臣として[編集]

  • 2008年(平成20年)10月26日、総理総裁として初の秋葉原での街頭演説後に秋葉原UDXで開かれた「秋葉原エンタまつり2008」の特別ステージにさいとうたかを弘兼憲史と共にゲスト出演[250]。司会を兼任した弘兼からの「“わが青春のこの一冊”はなんですか?」との問いに対し「ここにいるお二方の作品を挙げるとアレなので」と前置きした上で本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』を挙げ、「7年間くらい毎週買ってましたね。そして単行本も集めたんですが、単行本を買って集めた初めての作品ですね」と返答した[250]。『ゴルゴ13』については、「冷戦が崩壊したときには物語は終わってしまうんじゃないかと思ったんですが、新しいシナリオがあってサラリーマンの意識の先を行っているので、大人が読めるマンガになっていると思います」と述べた[251]。また、「いま、映画やドラマの原作はマンガ発のものが多くなってきていると思いますが、マンガのほうが発想が豊かだからでしょう。そんなマンガ産業をもっと育てていこうと二階氏とも話していますよ」と述べた[251]
  • 2008年11月に行われた日本とロシアの首脳会談にて、麻生はロシア連邦大統領ドミートリー・メドヴェージェフドラえもんに登場する道具「タケコプター」を贈っている。メドヴェージェフは麻生の贈り物に喜び、「ロシア語説明書はないのか」と尋ねたという[252][253]。メドヴェージェフの妻であるスヴェトラーナ・メドヴェージェワと長男のイリヤは、ドラえもんが大好きだという。

その他[編集]

家族・親族[編集]

両親
兄弟
妻子
他家
遠縁の親戚

家系[編集]

麻生家の紋違い釘抜き
  • 麻生百年史 〈麻生グループ〉 によると、「麻生家は今では菩提寺の川島正恩寺が消失し、過去帳なども灰に帰したためその記録も残っていないのが残念だが、同家に伝わるところによると大化の改新六四五)で活躍した藤原鎌足の血筋を引き、藤原一族の流れをくんでいるといわれている。そして麻生家の名前の由来をたどると先祖が遠賀郡麻生郷に花の屋敷を築いた縁からその地名をとり麻生姓を名乗ったという。この地方には鎌倉室町のころから麻生の姓を名乗る一族がいる。このように麻生家は古い士族の末裔であったが、いつのころからか村を治める庄屋(今でいう村長)になっていった。」という。
  • 鈴木幸夫著『閨閥 結婚で固められる日本の支配者集団』(1965年)58頁によると、「もともと麻生家は、福岡の土豪である。太賀吉の祖父・太吉の代に、祖父伝来の土地から、石炭を発見、貝島炭鉱の貝島太助から事業上の手ほどきを受けた。また貝島の紹介で、井上馨候に接近、採掘権などの法的手続きを有利にした。学問、毛並み、幸運に恵まれなかった麻生太吉は、もっぱらそのタフな心臓と、負けん気で、ついに九州三大石炭財閥の一つにのしあがった。太吉は徹底したワンマン型のつわものであり、太賀吉はその三代目である。」という。
  • 神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 39頁によると、「もともと麻生家は、福岡の大庄屋で、太賀吉の祖父・太吉の代に先祖伝来の土地から石炭が採掘され、九州三大石炭財閥(他は貝島家、安川家)の一つにのしあがった。太吉は石炭のみならず、鉄道、電気、金融まで手を広げ、それらは後の国鉄九州電力福岡銀行の基となっている。」という。
野田勢三郎
 
 
 
 
野田健三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野田宏一郎
野田昌宏)ひらけ!ポンキッキの生みの親
 
 
 
 
 
 
 
 
ツヤ子
 
 
鈴木俊一
 
 
 
 
 
 
 
 
鈴木善幸
(首相)
 
 
千賀子
 
加納久宜
 
加納久朗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
八重子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏子
 
 
 
 
麻生太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
麻生太賀吉
 
 
麻生次郎
 
 
 
 
 
麻生賀郎
 
麻生太吉
 
麻生太郎
 
 
 
 
 
 
雪子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
 
 
 
 
竹内綱
 
吉田茂
(首相)
 
 
吉田健一
 
 
相馬和胤 相馬家第33代当主
ミングオブジャパン社長)
 
 
 
 
 
 
 
 
吉田正男
 
 
旦子
 
 
 
 
 
 
 
 
雪子
 
 
江子
 
 
 
 
 
 
 
大久保利通
 
牧野伸顕
 
 
 
 
桜子
 
 
荒船清彦 (駐スペイン大使)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信子
 
 
 
 
 
三島通庸
 
峰子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王
 
 
 
 
 
 
 
 
利武子
 
 
寬仁親王
 
 
瑶子女王
 
 
 
 
 
 
麻生泰
麻生社長)
 
 
 
 
 
 
英子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
 
 
 
秋月種英 武見太郎
日医会長)
 
 
武見敬三
 

著作[編集]

共著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 麻生産業から分社した麻生セメントは、麻生と社名変更している。現在の麻生ラファージュセメントは、麻生から更に分社化した麻生セメント(2代目)が社名変更したもの。
  2. ^ JOC - オリンピック歴代日本代表選手全記録
  3. ^ Sports-reference.com profile:Taro Aso
  4. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト
  5. ^ 父方の祖父の名前も“麻生太郎”である
  6. ^ 『麻生太郎の原点 祖父・吉田茂の流儀』 79-80頁
  7. ^ 麻生太郎外務大臣に聞く=日伯関係、百周年、デカセギ=本紙が単独インタビュー ニッケイ新聞 2007年8月17日。また、麻生太郎の従兄弟に当る人物がブラジルに移民していたことも近年になって判明した。麻生総理の従兄弟とついに接触! 学移連出身だった忠氏 「人生一度だけ!」と熱弁 ニッケイ新聞より 2008年12月31日
  8. ^ この採掘事業を開始したのは、麻生太郎の父親である麻生太賀吉と実弟で専務の麻生典太だったと言われており、同国のダイヤモンド採掘を長らく支配していたイギリス人とレバノン人以外の人に掘ってもらいたい、という現地の意向から麻生家に鉱区が提供されたと麻生典太は語っていたと言われる。その後、同国での内戦勃発に伴って麻生家は事業から撤収した。『No.34 ブラッド・ダイヤモンド』 最首公司のホームページ および、ダイヤモンド・ロードを行く 最首公司著 講談社(1970)より
  9. ^ 2006年1月19日に日本記者クラブにて行われた 外務大臣演説シエラレオネのダイヤモンド採掘業での経験について発言しているほか、当時製作されたニュース映画にも現地の事業を指揮する麻生太郎本人がインタビューに答えて登場している。
  10. ^ 毎日新聞』2004年5月14日 東京朝刊
  11. ^ 当時の毎日新聞では、「華麗なる落選」という見出しで麻生の落選を報じていた。
  12. ^ 麻生太郎 『とてつもない日本』 新潮社 、2007年、107−108頁
  13. ^ 「絶好調」安倍政権のアキレス腱はあの男…」 MSN産経ニュース(産経新聞)の記事。2013年2月9日配信、2013年3月15日閲覧。
  14. ^ 型にはまらず頂点へ=オタクの雄、失言癖も-麻生氏」 時事通信社の記事。2008年9月22日配信、2013年3月15日閲覧。
  15. ^ 松本純 (2008年2月19日). “松本純の国会奮戦記2008年2月”. 2008年2月18日. 松本純. 2010年7月22日閲覧。
  16. ^ “日本の新聞はなぜ麻生財務相の外遊スタイルが変だと書かないのか”. (2013年2月18日). http://gendai.net/articles/view/syakai/141000 2013年2月21日閲覧。 
  17. ^ a b c “麻生前首相も秋季例大祭の17日に靖国参拝”. 産経新聞. (2009年10月20日). オリジナル2009年10月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091029024230/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091020/stt0910201752011-n1.htm 2010年1月12日閲覧。 
  18. ^ 靖国に弥栄あれ
  19. ^ 側近の議員である松本純がウェブサイトで説明している。[要出典]
  20. ^ “麻生首相、退任記者会見、最後は笑顔 首相周辺「これだけまじめな政治家はいない」”. 朝日新聞. (2009年9月16日). オリジナル2009年12月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091203160051/http://www.asahi.com/politics/update/0916/TKY200909160033.html 2012年5月16日閲覧。 
  21. ^ “【政治部デスクの斜め書き】まもなく開く「パンドラの箱」 不信の原因は「自民の姑息さ」”. MSN産経ニュース. (2009年8月29日). オリジナル2010年11月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101118055856/http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090829/elc0908291801009-n1.htm 2012年5月16日閲覧。 
  22. ^ サーチナ 2009/05/01(金) 14:31:52 経済・漢字オンチでも外交センスは第一級:麻生首相の訪中 [1]
  23. ^ プレジデント 2013年4月29日号 [2]
  24. ^ 「あざとい金儲けが透けて…」紳助を押さえ断トツ1位は?」、『週刊SPA!』、扶桑社2011年3月2日2011年3月4日閲覧。
  25. ^ 瞬間リサーチ 2012年11月5日 17:07 小泉純一郎氏後の首相6人 最も好印象は麻生氏、最低鳩山氏 [3]
  26. ^ 朝日新聞』 2008年8月23日
  27. ^ 共同通信 2008年9月10日
  28. ^ 『毎日新聞』 2008年9月11日
  29. ^ 消費税論議、経済成長が前提(『夕刊フジ』連載 「日本の底力」 2007年10月26日)
  30. ^ 日本経済新聞』 2008年9月14日
  31. ^ 衆議院予算委員会 2009年1月9日
  32. ^ 読売新聞』 2008年9月13日
  33. ^ 共同通信』 2008年9月13日
  34. ^ 『毎日新聞』 2008年10月30日
  35. ^ 『毎日新聞』 2008年11月27日 麻生のあいさつに「丸投げやめろ」とやじが飛んだとされる一方で「地方分権」を理由に事務を市区町村に委ねたことなどについて政府を批判した民主党幹事長(当時)の鳩山由紀夫は大きな拍手を浴びたと報道した
  36. ^ 時事通信 2008年11月25日
  37. ^ 朝日新聞 2009.08.13 『給付金、思ったより消費を刺激 地域独自策に効果』
  38. ^ 静岡新聞 2009年10月2日 『定額給付金・ETC割引など それぞれに一定の効果』
  39. ^ 紀伊民報 『経済波及効果は101億円 定額給付金の県内消費』
  40. ^ YouTube 【水道民営化】麻生太郎副総理兼財務相が言及 2013年4月19日 G20財務相・中央銀行総裁会議 CSIS戦略国際問題研究所 2014年9月閲覧
  41. ^ 麻生財務相、法人実効税率下げには慎重発言ブルームバーグ2013年06月21日
  42. ^ 5%の法人税下げを、再興戦略の柱に-政府税調の田近委員ブルームバーグ2013/07/18
  43. ^ 「政府税調が法人税率下げへ改革案、恒久財源用意「鉄則」」ニューズウィーク日本版2014年05月16日(金)
  44. ^ 「法人税の15年度下げ、骨太方針に明記 政府・与党 」日本経済新聞2014/6/3 1
  45. ^ 第3の矢成長戦略の一環。
    東洋経済ONLINE アベノミクス「3の矢」でGPIF見直しが再浮上 2013年06月11日
    運用委員を退任させられている小幡績は、テレビ局のインタビューで次のように話している。
    「経済成長戦略自体に、どうも株価を上げることで成長戦略が成功したというような証にしたいという意図がある。端的に言えば、GPIFにもっと日本株を買わせる。あるいはそのストーリーを広めることによって日本株の株価を上げる」
  46. ^ NEWSポストセブン 株上昇を喜ぶ麻生副総理にFP「株価に一喜一憂は素人」と指摘 2013.05.28 16:00
  47. ^ 国内株式アクティブ運用におけるスマートベータ型。野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー株式会社と野村アセットマネジメント。 Chief INVESTMENT Officer Japan’s GPIF Appoints Smart Beta Managers Headlines April 07, 2014
    国内報道では委託先がゴールドマンと野村だけであるかのような書かれ方をしていた。 日経新聞 公的年金、高利回り投資へ ゴールドマンなどに委託 2014/4/2付 情報元 日本経済新聞 朝刊
  48. ^ スマートベータ型の他、伝統的アクティブ運用では、
    インベスコ・アセットキャピタル・インターナショナルナティクシス・アセット日興アセットマネジメントフィディリティみずほ投信投資顧問ラッセル・インベストメントJPモルガンDIAMアセットマネジメント、他2社。
    国内パッシブ運用のTOPIX担当では、先のみずほとDIAMの他、三井住友信託銀行三菱UFJ信託銀行ブラックロックが運用している。 GPF 国内株式運用受託機関の選定及びマネジャー・ストラクチャーの見直しについて 2014
  49. ^ 短期資産は資産構成から外された。2012年12月末から変更までの運用内訳は国内債券60.14%、国内株式12.92%、外国債券9.82%、外国株式12.90%、短期資産4.23%であった。
    Bloomberg GPIF:内外株25%に倍増、国内債35%に引き下げ-新資産構成 2014/10/31 19:35 JST
    朝日新聞 国債引き下げ電撃発表、GPIF理事長「日銀と連携ない」 2014年10月31日20時22分
    時事ドットコム 年金運用、株式投資を倍増=国内債券は大幅減 2014年10月31日
  50. ^ この10月から、GPIFは国内株式での運用比率の目安を12%から20%台半ばに大幅に引き上げる方向で調整していた。麻生財務相との協議を経て塩崎恭久厚生労働相が決定すると報じられた。 日経新聞 公的年金、国内株運用20%台半ばに 大幅上げへ調整 2014/10/18 2:00 情報元 日本経済新聞 電子版
    ・従来の上限は18%だった。 日経新聞 公的年金、株式運用の上限撤廃 20%台に拡大へ 2014/8/10 2:00 情報元 日本経済新聞 電子版
    ・塩崎は安倍首相の経済政策「アベノミクス」相場に乗って約2年で約2800万円の含み益を得ていた。 しんぶん赤旗 塩崎厚労相は“株長者”/年金の株運用拡大を主張/消費税10%へ「好景気」演出 2014年9月22日 9時33分
    出典には塩崎の保有銘柄も書かれている。GPIFの保有銘柄は書かれていない。
    ・21日、塩崎厚生労働相は記者会見でGPIFが日本株の目安を20%台半ばまで引き上げるとの報道について「全く知らない」としており、「有識者会議や成長戦略にのっとって議論してもらっている」と述べた。 公的年金運用、日本株買い増しを 伊藤・政策研究大教授日本経済新聞 2014年10月21日
  51. ^ しんぶん赤旗 年金削減に歯止めを 2014年10月16日(木)
  52. ^ 佐々木憲昭 年金の安全運用逸脱、積立金の株投資を批判【14.06.03】 この時点で外国株式が15%運用されている。佐々木の質疑に麻生が応じている。 YouTube 年金の安全運用逸脱、積立金の株投資を批判 2014/07/18 に公開
  53. ^ 週刊ポスト2013年6月28日号では、株価下落による資金の目減りまで懸念されている。 NEWポストセブン 安倍政権 高い支持率維持のため「国民のカネ」に手をつけた 2013.06.18 16:00
  54. ^ 第一生命の永濱利廣は、「株安に伴って日本株の占める比率が所定の数値を下回ると、その調整のために買いを入れることになります。言わば、下がれば下がるほど買うロジックなので、結果的にGPIFは市場の安定化装置的な役割を果たしているのです」と述べる。 WebYenSPA! 株買支 毎日400億円の怒涛の買いで日経7000円を維持!?〈その1〉 2014年10月閲覧
  55. ^ 麻生太郎「とてつもない日本」(新潮新書)154ページ~
  56. ^ 上久保誠人「「平和と繁栄の弧」+「戦略的互恵関係」 安倍自民党総裁の国際戦略を再評価する」
  57. ^ 朝日新聞デジタル2012年12月29日「麻生副総理、新年ミャンマー訪問 経済協力強化を協議へ」
  58. ^ http://www.mitsuhashitakaaki.net/2012/12/28/se-3/
  59. ^ 産経新聞 2010.4.5 18:17 馬総統と会談へ 訪台の麻生前首相 - 産経新聞(2010年4月9日のアーカイブ)
  60. ^ “【インド政治】麻生・シン両首相、戦略的協力関係の前進で合意” (日本語). インドニュース (インドチャネル). (2008年10月23日). http://news.indochannel.jp/news/nws0000866.html 2008年10月23日閲覧。 [リンク切れ]
  61. ^ “[インド]シン首相 訪日日程を終了、安全保障協力で成果” (日本語). サーチナ. http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1024&f=politics_1024_004.shtml 2008年10月23日閲覧。 
  62. ^ マンモハン・シン・インド首相の訪日” (日本語). 外務省. 2008年10月23日閲覧。
  63. ^ 『読売新聞』2006年12月14日
  64. ^ 衆議院 (2007年1月26日). “第166回国会 本会議 第2号”. 2007年10月6日閲覧。
  65. ^ 政府、米に小型核保有促す 麻生政権時代「核の傘」堅持狙う - 共同通信 2009/11/23 20:44
  66. ^ 正確には、国家安全保障局国家偵察局国防省情報本部、各軍の情報部、財務省情報部、エネルギー省情報部といったインテリジェンスからの情報を、CIAは独自調査とつき合わせフィルタリングしてから大統領に通している。
  67. ^ 中央公論7月号 〜これが外交の品格だ〜対談 麻生太郎×手嶋龍一 対米、対中、対北朝鮮 日本外交の舵をどう切るのか 麻生はインテリジェンスを尊重することがインテリジェンスの開拓につながるとも考えている。なお、出典中の「民主党のガセメール事件」とは堀江メール問題であり、「シャドー・キャビネットの首相」とは前原誠司を指す。手嶋が提起したこの話題を受けて、麻生はインテリジェンスを相手を貶めるためには使わないことも大切だと述べている。しかし、この問題がインテリジェンスの悪用だったことの論証は出典を読む限り見当たらない。
  68. ^ 満州や日本国内で経済活動をするうえで朝鮮名が不利な場合があったという文脈での発言
  69. ^ “国際交流会議「アジアの未来」2006 麻生太郎外相スピーチ「ネットワーク型アジア」の未来を構想する(外務大臣演説)” (プレスリリース), 外務省, (2006年9月18日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_0526.html 2007年10月6日閲覧。 
  70. ^ 『毎日新聞』 2008年10月2日
  71. ^ 空幕長論文「適切でない」=麻生首相-民主も批判 時事通信2008年11月1日[リンク切れ]
  72. ^ 新党日本(2010年1月2日のアーカイブ)
  73. ^ 衆議院 (2007年2月19日). “第166回国会 予算委員会 第11号”. 2007年10月6日閲覧。
  74. ^ “質問主意書 第171回国会(常会) 答弁書” (プレスリリース), 参議院, (2009年1月31日), http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/171/touh/t171001.htm 2010年1月23日閲覧。 
  75. ^ 時事通信 (平成19年03月11日) "慰安婦決議案、謝罪の必要なし=「日米離間工作」と指摘-麻生外相"[リンク切れ]
  76. ^ 麻生太郎 (2006年8月11日), “靖国にいやさかあれ(新聞投稿)” (プレスリリース), 麻生太郎オフィシャルサイト, http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/060811.html 
  77. ^ 『時事通信』 2008年10月7日
  78. ^ 『読売新聞』 2006年8月4日
  79. ^ 『日本経済新聞』 2008年10月7日
  80. ^ 『時事通信』 2006年3月8日
  81. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト 靖国に弥栄(いやさか)あれ
  82. ^ 『日本経済新聞』 2008年9月15日
  83. ^ 『共同通信』 2006年1月31日
  84. ^ 『日本経済新聞』 2006年5月26日夕刊
  85. ^ “【麻生ぶら下がり】靖国参拝「政治とかマスコミの騒ぎから遠くに置かれてしかるべきもんですよ」(10日夜)”. 産経新聞. (2009年8月10日). オリジナル2009年8月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090813074410/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090810/plc0908102050006-n1.htm 2010年1月31日閲覧。 
  86. ^ “【主張】靖国神社参拝 指導者の務めはどうした”. 産経新聞. (2009年8月12日). オリジナル2009年8月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090814133349/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090812/plc0908120315002-n1.htm 2009年10月2日閲覧。 
  87. ^ “麻生前首相が17日に靖国神社一般参拝”. 日刊スポーツ(共同通信社). (2009年10月20日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20091020-557665.html 2010年1月12日閲覧。 
  88. ^ 野田聖子「政治が変わる、女性が変える」
  89. ^ 政策CPプロジェクト - 衆議院選挙2005プログラム
  90. ^ “「ゲンより禁止すべき成人向け漫画がある」麻生副総理”. 朝日新聞. (2013年8月27日). http://www.asahi.com/politics/update/0827/TKY201308270216.html 2013年8月27日閲覧。 
  91. ^ 日韓協力委員会 概要
  92. ^ 神政連レポート -意(こころ)- No.171 より
  93. ^ 正論 (2008年8月1日). “「麻生幹事長」打診 きょう内閣改造 町村長官留任へ”. 産経新聞社. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月17日閲覧。
  94. ^ 毎日新聞. (2008年9月3日). オリジナル2008年9月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080905192538/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080903k0000m010069000c.html 2012年5月16日閲覧。 
  95. ^ 日本経済新聞 2008年9月11日
  96. ^ 補助金受け650万献金 麻生総務相関連会社”. 共同通信 (2004年8月6日). 2008年9月14日閲覧。
  97. ^ 違法ではないが返金受ける 麻生総務相関連会社”. 共同通信 (2004年8月6日). 2008年9月14日閲覧。
  98. ^ “東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入”. 朝日新聞. (2012年1月8日). http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY201201070496.html 2012年3月28日閲覧。 
  99. ^ しんぶん赤旗 麻生副総理に原発マネー 2014年7月27日(日)
  100. ^ 産経新聞 2008年9月12日
  101. ^ 週刊新潮第53巻第37号 2008年10月2日
  102. ^ a b 週刊現代第50巻第23号 2008年6月21日
  103. ^ a b 「麻生夫人が漏らした悲しみ」、『AERA』第22巻第39号、朝日新聞社2009年9月7日、 21頁。
  104. ^ 新総裁 麻生氏 発言録 しんぶん赤旗
  105. ^ 週刊新潮第53巻第37号 2008年10月2日。なお、同誌は麻生が防衛大臣(当時)の久間章生について「彼の何がすごいかって、あの体型にあの顔、それなのに頭がよいことだ」と発言したと自民党の代議士が証言したとも掲載している
  106. ^ 魚住昭野中広務 差別と権力
  107. ^ 角岡伸彦『はじめての部落問題
  108. ^ 新宿野宿労働者の生活・就労保障を求める連絡会議 (2003年10月29日). “麻生発言 新宿連絡会”. 2007年10月6日閲覧。
  109. ^ 総務省 (2003年10月21日). “麻生総務大臣閣議後記者会見の概要”. 2007年9月24日閲覧。[リンク切れ]
  110. ^ 東京新聞 2008年9月26日 朝刊1面
  111. ^ 共同通信 2008年1月19日配信記事
  112. ^ 日刊ゲンダイ 2008年12月11日掲載記事
  113. ^ 「麻生外相が陳謝――アルツハイマー発言」『朝日新聞』2007年7月21日 34面。
  114. ^ 『毎日新聞』 2007年7月20日
  115. ^ 気違い水(きちがいみず) - 日本語俗語辞書
  116. ^ 2008年8月5日 TBSニュースで報道。
  117. ^ 「自民・麻生氏、ナチス引用し審議促す=「民主を冒涜」鳩山氏反発」”. 時事ドットコム. 時事通信 (2008年8月4日). 2008年10月13日閲覧。 [リンク切れ]
  118. ^ 「麻生幹事長が民主をナチスに例えた?」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ (2008年8月4日). 2008年10月13日閲覧。
  119. ^ 週刊現代第50巻第35号、2008年9月20日
  120. ^ “「豪雨、岡崎だったからいいけど」麻生氏、名古屋駅前の演説で発言”. 中日新聞. (2008年9月16日). オリジナル2008年9月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080928091535/http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008091602000068.html 2012年5月16日閲覧。 
  121. ^ “「豪雨が安城や岡崎だったからいいけど」 麻生氏失言 怒り渦巻く”. 中日新聞. オリジナル2008年9月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080918124846/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080917/CK2008091702000040.html 2008年9月17日閲覧。 
  122. ^ “麻生氏から岡崎市に謝罪文 豪雨めぐる発言で”. 朝日新聞. (2008年9月17日). オリジナル2008年9月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080920013709/http://www.asahi.com/politics/update/0917/NGY200809170001.html 2008年9月17日閲覧。 
  123. ^ 毎日新聞 2008年9月24日 東京朝刊
  124. ^ a b 2008 自民党街頭演説麻生太郎氏アキバで三度目の街頭演説 その1 YouTube動画
  125. ^ 麻生首相の非正規雇用労働者蔑視発言ほか 植草一秀『知られざる真実』
  126. ^ 「給付なんていらない人、いっぱいいる」
  127. ^ “「さもしく1万2千円欲しい人も…」定額給付金で首相発言”. (2008年12月7日). オリジナル2008年12月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081207192910/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081207-OYT1T00088.htm 2012年5月16日閲覧。 
  128. ^ 毎日新聞 2008年11月19日 東京朝刊
  129. ^ 平成20年第25回経済財政諮問会議議事要旨 (PDF)
  130. ^ 2008年11月27日 読売新聞
  131. ^ 産経新聞 2008年11月23日 朝刊
  132. ^ a b 麻生首相:また「問題発言」(2008年12月19日のアーカイブ) 毎日新聞 2008年12月16日
  133. ^ 麻生首相、ハローワークを視察News i TBS[リンク切れ]
  134. ^ 「就職は目的意識ないと」 首相、ハローワークで若者に 朝日新聞 2008年12月20日
  135. ^ 『時事通信』2008年12月25日22時53分配信
  136. ^ 給付金「皆さんに使ってほしいな」首相が辞退期待から転換(2009年1月6日 読売新聞)[リンク切れ]
  137. ^ a b 「失言癖の首相に『相手を傷付けない配慮を』――釈明続き官房長官苦言」「朝日新聞」No.44155、2009年3月24日、4p。
  138. ^ a b 「『日本のスーパースターは天皇陛下だけ』麻生首相が『?』発言」『「日本のスーパースターは天皇陛下だけ」麻生首相が「?」発言 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年6月7日、2009年6月10日のアーカイブ。
  139. ^ 「『世襲がんばれ』首相が都議選応援で立候補予定者の子供に持論?」『「世襲がんばれ」首相が都議選応援で立候補予定者の子供に持論? - MSN産経ニュース産経デジタル2009年6月9日、2009年6月12日のアーカイブ。
  140. ^ a b 「『惜敗期して』麻生首相、都議選応援で言い間違え」『「惜敗期して」麻生首相、都議選応援で言い間違え :東京都議選2009 :特集 :YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2009年6月20日
  141. ^ 「都議選に『惜敗を期す』?=『必勝』を言い間違え-麻生首相」『時事ドットコム:都議選に「惜敗を期す」?=「必勝」を言い間違え-麻生首相時事通信社2009年6月20日
  142. ^ 「麻生首相『都議選は惜敗を期して』――あいさつ言い間違え」『asahi.com(朝日新聞社):麻生首相「都議選は惜敗を期して」 あいさつ言い間違え - 政治朝日新聞社2009年6月20日、6月23日のアーカイブ。
  143. ^ “静岡知事選では麻生首相の応援断る”. スポーツ報知. (2009年6月21日). オリジナル2009年6月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090622110346/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090621-OHT1T00057.htm 2012年5月16日閲覧。 
  144. ^ “麻生首相:高齢者「働くことしか才能がない」…会合で発言”. 毎日新聞. (2009年7月25日). http://megalodon.jp/2009-0725-1415-10/mainichi.jp/select/seiji/aso/archive/news/2009/07/25/20090725k0000e010033000c.html 2010年5月21日閲覧。 
  145. ^ “麻生首相言っちゃった“キョ〜烈高齢者侮辱発言””. スポーツニッポン. (2009年7月26日). http://web.archive.org/web/20090726231342/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/07/26/01.html 2010年5月21日閲覧。 
  146. ^ 「『金ないなら結婚しない方がいい』=麻生首相が発言、河村官房長官は釈明」『時事ドットコム:「金ないなら結婚しない方がいい」=麻生首相が発言、河村官房長官は釈明時事通信社2009年8月24日
  147. ^ 「首相『金ないなら結婚勧めず』発言――官房長官が釈明」『NIKKEI NET(日経ネット)2009年8月27日のアーカイブ』日本経済新聞社2009年8月24日
  148. ^ Japan PM in gaffe on poor couples
  149. ^ Japan's PM makes poor marriage gaffe
  150. ^ Aso on the defensive again with gaffe ahead of vote
  151. ^ 延命治療「死にません、なかなか」=麻生副総理が発言、すぐに撤回
  152. ^ 「さっさと死ねるように」暴言に抗議 京都年金者組合
  153. ^ 産経新聞「朝日が日本を国際社会の笑い物に…歪曲された麻生発言」(2013.8.5)[4]
  154. ^ ドイツのヒトラー政権は全権委任法などの制定によってワイマール憲法を死文化していったため、事実上破棄したに等しいが、同憲法そのものを形式上は破棄していない。また、それに代わる新たな成文憲法を制定することもなかった。したがって、史上「ナチス憲法」なる名称の成文憲法が存在した事実はない。ただ、憲法は英国のように不文法の形で成立することもあり、当時のナチス体制および、全権委任法を始めとするナチス法全体をもって「ナチス憲法」への改変と表現する[要出典]ことはできる。
  155. ^ ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演
  156. ^ 『麻生副総理 改憲でナチス引き合い、都内の講演で語る』
  157. ^ 『ナチスの手口学んだら・・・憲法改正で麻生氏講演』
  158. ^ 『改憲「狂騒、狂乱の中で決めるな」・・・麻生副総理』
  159. ^ 『改憲「狂騒、狂乱の中で決めるな」・・・麻生副総理』
  160. ^ 『憲法改正でナチス引き合い/麻生副総理、都内の講演で』
  161. ^ 『「護憲と叫べば平和が来るなんて大間違い」麻生副総理』
  162. ^ 『ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生副総理が発言』
  163. ^ 『麻生副総理の憲法改正めぐる発言要旨』
  164. ^ 8月2日付け朝日社説『麻生氏の発言 立憲主義への無理解だ』
  165. ^ [5]
  166. ^ 『麻生氏失言 改憲論議への影響避けよ』
  167. ^ Japan Deputy PM Taro Aso retracts Nazi comments
  168. ^ Japan Minister’s ‘Weimar Constitution’ Comment Draws Fire
  169. ^ Japan’s Aso Refuses to Resign Over Nazi Comment
  170. ^ Taro Aso, Japan's Deputy Prime Minister, Says Tokyo Could Learn From Nazis' Tactics
  171. ^ 2013年7月30日 Simon Wiesenthal Center to Japanese Vice Prime Minister: Which 'Techniques' of the Nazis Can We 'Learn From'"?[6]
  172. ^ 『ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生副総理が発言』
  173. ^ 日韓、閣僚発言巡り非難合戦
  174. ^ 韓国、麻生副総理の発言を批判「多くの人を傷つける」
  175. ^ 中国外務省、麻生氏発言を批判
  176. ^ 麻生氏、講演での「ナチス例示」発言を撤回
  177. ^ 麻生氏ナチス肯定発言の集中審議 野党が改めて求める
  178. ^ 麻生副総理:ナチス発言、ドイツで批判
  179. ^ 2009年12月01日 (報道発表)ラジオ・オピニオン2009<“喜・怒・哀・楽”別パーソン・オブ・ザ・イヤー>- NAB LOCAL [7][リンク切れ][8][リンク切れ]
  180. ^ 11月23日、ペルー・リマでの記者会見
  181. ^ "「予算を国会に出せない内閣」 〜選挙も断念。政策も断念〜". 時事放談. TBSテレビ. 2008年11月30日放送.
  182. ^ 毎日新聞 2010年5月9日 東京朝刊「反射鏡:今再び、首相公選制への誘惑オリジナルの2010年5月13日のアーカイブ
  183. ^ 朝日新聞 2008年11月10日22時9分 「村山談話をフシュウ?」首相誤読 議事録は「踏襲」(藤田直央)[9][リンク切れ]
  184. ^ 日刊スポーツ 2009/03/14 麻生首相の無知が久々に炸裂!「ずかい」2009年3月17日のアーカイブ
  185. ^ 共同通信 2009/07/24 23:34 「国民の程度」低い? 細田幹事長発言、直後に謝罪 [10]
  186. ^ 肥留間正明の芸能斜め斬り 麻生首相原稿に仮名を振ってもらえ 内外タイムス 2008年12月24日 閲覧
  187. ^ 地元議員からも首相批判 選挙区の地盤沈下
  188. ^ 小学校の太郎ちゃん
  189. ^ ついに出た“阿呆”太郎という週刊誌の見出し (ゲンダイネット)[リンク切れ]
  190. ^ 2009年4月12日 中日新聞 社説 リーダー不在の不幸 週のはじめに考える
  191. ^ 誤読連発の麻生は「読字障害」? 養老孟司氏が分析 ZAKZAK 2008/11/26
  192. ^ ZAKZAK 「弥栄」を「いやさかえ」…祝賀で首相、やっちゃった~ [11]
  193. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト "靖国に弥栄(いやさか)あれ" [12]
  194. ^ “麻生首相:就任1カ月 有名ホテルなどで連夜の会合”. 毎日新聞. (2008年10月22日). オリジナル2008年10月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081025044738/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081023k0000m010091000c.html 
  195. ^ 東京新聞:あのホテルにも行っては:私説・論説室から(2008年10月26日) オリジナルの2008年10月29日のアーカイブ
  196. ^ 麻生首相逆ギレ、ホテルでの飲食「安い」 日刊スポーツ 2008年10月23日
  197. ^ 麻生首相Vs報道陣ブチ切れ!夜会合批判で サンケイスポーツ 2008年10月23日(2008年10月26日のアーカイブ)
  198. ^ “カップ麺四百円…金満家首相は庶民感覚ゼロ”. スポーツニッポン. (2008年10月29日). オリジナル2008年10月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081029215726/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2008/10/29/01.html 2012年5月16日閲覧。 
  199. ^ 麻生豪邸、土地代だけで62億円!?5候補お宅を査定(2008年9月15日時点のアーカイブ) ZAKZAK 2008年9月13日
  200. ^ "麻生御殿"は別世界 一等地の高台に洋館 47NEWS 2008年10月28日
  201. ^ “別世界「麻生御殿」 敷地2400平方メートル 地価は50億円”. 東京新聞. (2008年9月29日). オリジナル2008年10月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081001003656/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008092902000245.html 2012年5月16日閲覧。 
  202. ^ 小沢氏「済州島買っちまえ」発言に韓国、非難ごうごう 2009/03/13(金) 12:35:11 サーチナ [13]
  203. ^ 毎日新聞 2009年3月19日 東京夕刊 早い話が:(済州島)妄言批判という佞言=金子秀敏
  204. ^ 日刊スポーツ (2008年12月16日) 麻生首相のくわえキャップ姿が生中継 [14]
  205. ^ 中央日報 - 麻生首相の父、炭鉱で朝鮮人を強制労働させる [15]
  206. ^ J-CASTニュース 2007年7月24日 舛添氏、麻生外相に「バカとは一緒にやりたくない」
  207. ^ 2003年 麻生太郎 総務大臣就任記者会見 - YouTube
  208. ^ 総務省 電波利用ホームページ|FD申請実施の背景・2011年12月も現役。
  209. ^ 厚生労働省医薬食品局審査管理課 医薬品・医薬部外品・化粧品及び医療機器承認・許可関係 FD申請・2011年12月も現役。
  210. ^ 振替MTサービス‐郵便局・2011年12月も現役。これよりも古いMT申請も継続。
  211. ^ 麻生太郎・秋葉原にて演説 1/2 - YouTube
  212. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト (2006年9月19日). “有楽町での街頭演説(2006年9月17日)”. 2010年5月18日閲覧。
  213. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト (2006年9月19日). “浅草での街頭遊説等(2006年9月18日)”. 2010年9月24日閲覧。
  214. ^ 旧麻生鉱業炭坑に外国人捕虜、厚労省が公文書開示[リンク切れ]讀賣新聞12月19日
  215. ^ “外務大臣会見記録(平成19年1月)” (プレスリリース), 外務省, (2007年1月16日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_0701.html#2-E 2007年10月6日閲覧。 
  216. ^ YouTube動画 2007自民党総裁選 麻生太郎氏渋谷にて演説
  217. ^ a b 2007自民党総裁選・麻生太郎氏再び秋葉原で演説2/2 - YouTube
  218. ^ 麻生太郎氏「2ちゃん、時々書き込む」産経新聞』2007年10月9日のアーカイブ
  219. ^ 麻生太郎閣下の松本純先生を応援する演説 1/2 - YouTube
  220. ^ “記入例「麻生太郎」変更へ 誤解招くと川崎市麻生区”. 47NEWS (共同通信社). (2008年9月3日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090301000317.html 2010年3月3日閲覧。 
  221. ^ 2008自民党総裁選 麻生太郎氏渋谷にて再び演説 - YouTube
  222. ^ “【自民総裁選】総裁候補が自己分析 「ひと言多い」麻生氏に、「太陽に吠えろ」の石原氏”. 産経新聞. (2008年9月16日). http://web.archive.org/web/20080922154424/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080916/stt0809162123012-n1.htm 2008年12月13日閲覧。 
  223. ^ 2008自民党総裁選 麻生太郎氏大宮にて演説 - YouTube
  224. ^ YouTube LDPchannel
  225. ^ “しつけるべきは母親=幼稚園PTA大会で麻生首相”. 時事通信社. (2008年11月19日) 
  226. ^ “首相 教員会合と勘違い?PTA大会で親批判”. スポーツニッポン. (2008年11月19日). http://megalodon.jp/2008-1120-1900-00/www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20081119066.html 2010年3月28日閲覧。 
  227. ^ “先生と勘違い?保護者大会で首相「親で苦労してるでしょ」”. 読売新聞. (2008年11月20日) 
  228. ^ 麻生自民党チャンネルのキャラクター「タロビ」人気に-麻生首相も対面 赤坂経済新聞 2009年5月19日
  229. ^ “メディア芸術の国際的な拠点の整備について(「国立メディア芸術総合センター(仮称)」構想について)” (プレスリリース), 文化庁, (2009年5月14日), http://www.bunka.go.jp/oshirase_other/2009/mediageijutsu_090514.html 2010年5月15日閲覧。 
  230. ^ “中川昭一氏 哀惜の会 “盟友”が弔辞”. 十勝毎日新聞. (2009年10月16日). http://www.tokachi.co.jp/news/200910/20091016-0003039.php 2012年10月11日閲覧。 
  231. ^ 20100414-麻生太郎(為公会パーティー挨拶) - YouTube松本純channel
  232. ^ “たけし、麻生前首相に同情「一番運が悪かった総理」”. msn産経ニュース. (2010年4月19日10:26). オリジナル2010年4月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101111015614/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100419/tnr1004191034003-n1.htm 2010年10月4日閲覧。 
  233. ^ J-NSC 設立総会 麻生太郎最高顧問就任挨拶(2010.6.9) - YouTube・LDPchannel
  234. ^ “「売国やめよ」中川昭一さん偲ぶ会で菅政権に批判続々”. 夕刊フジ (msn産経ニュース). (2010年9月29日21:04). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100929/stt1009292109008-n1.htm 2010年10月4日閲覧。 
  235. ^ “「オレだったらそこで撃つのにな!」と麻生太郎氏が上機嫌でマスコミ陣に語ったこととは?”. シネマトゥデイ. (2010年9月29日22:02). http://www.cinematoday.jp/page/N0027260 2010年10月4日閲覧。 
  236. ^ “麻生特派大使のブラジル大統領就任式参列(概要)” (プレスリリース), 外務省, (2011年1月4日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/1/0104_03.html 2011年2月13日閲覧。 
  237. ^ PeaceMedia 防衛シンポジウム2007in京都レポート
  238. ^ “外務省:「国際漫画賞」の創設について” (プレスリリース), 外務省, (2007年5月22日), http://www.mofa.go.jp/Mofaj/press/release/h19/5/1173498_804.html 2010年4月9日閲覧。 
  239. ^ “宮崎駿監督、麻生首相の自称「漫画好き」に苦言”. フランス通信社. (2008年11月20日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/entertainment-others/2541223/3544143 2010年3月24日閲覧。 
  240. ^ “首相のマンガ好き「恥ずかしいこと」 宮崎駿監督発言でネット大混乱”. ジェイ・キャスト. (2008年11月21日). http://www.j-cast.com/2008/11/21030823.html 2010年3月24日閲覧。 
  241. ^ 「『ゴーマン』『愚か者』の代償 麻生太郎ひとりぼっち 総力取材 永田町の『裏切り』と『暗闘』」、『週刊文春』2008年12月11日号、文藝春秋2008年12月4日
  242. ^ 『週刊新潮』第53巻37号(2008年10月2日)
  243. ^ 自著『とてつもない日本』p.168(新潮新書、2007)
  244. ^ “在サマーワ連絡事務所より サマーワ「キャプテン翼」大作戦 -給水車が配る夢と希望- その1” (プレスリリース), 外務省, (2006年4月12日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iraq/renraku_j_0412a.html 2010年3月24日閲覧。 
  245. ^ 麻生太郎、秋葉原にて演説 1/2 - YouTube
  246. ^ “外務省:「国際漫画賞」の創設について” (プレスリリース), 外務省, (2007年5月22日), http://www.mofa.go.jp/Mofaj/press/release/h19/5/1173498_804.html 2010年4月9日閲覧。 
  247. ^ “国際漫画賞―国際漫画賞発足に寄せて―” (プレスリリース), 国際漫画賞, (2007年5月2日), http://www.manga-award.jp/index2.htm 2010年4月9日閲覧。 
  248. ^ 時事通信 2007年4月29日
  249. ^ “漫画談議でたじたじ メキシコ訪問の麻生氏”. 産経新聞. (2007年8月18日). http://megalodon.jp/?url=http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070818/ssk070818003.htm&date=20070818212654 2010年1月7日閲覧。 [リンク切れ]
  250. ^ a b 伊藤真広 (2008年10月27日). “エンタまつりに首相登場! 漫画家らとマンガ論を語る(1)”. ASCII.jp. 2011年6月29日閲覧。
  251. ^ a b 伊藤真広 (2008年10月27日). “エンタまつりに首相登場! 漫画家らとマンガ論を語る(2)”. ASCII.jp. 2011年6月29日閲覧。
  252. ^ “ドラえもん、日ロ友好に一役=大統領にラジコン贈呈-麻生首相”. 時事ドットコム (時事通信社). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008112300120 2008年11月23日閲覧。 [リンク切れ]
  253. ^ “麻生首相 メドベージェフ・ロシア大統領の息子にドラえもんの玩具を贈り日ロ友好を演出”. nikkansports.com (日刊スポーツ). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20081123-432708.html 2008年11月23日閲覧。 
  254. ^ 麻生太郎 コミックを語る”. ビッグコミックオリジナル 増刊号 (2003年7月2日). 2007年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
  255. ^ 麻生太郎外相デジハリで講演、曰く「『勇午』読まずして外交を語るなかれ」 garbagenews.com 2006年5月13日
  256. ^ “「よく笑った。残念」=赤塚不二夫さん死去で-自民・麻生幹事長”. 時事通信. (2008年8月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200808/2008080200396&rel=y&g=soc [リンク切れ]
  257. ^ 麻生太郎著 『自由と繁栄の弧』 P.296〜P.305 「やっぱり読んでいたんですね 直撃! ローゼンメイデン疑惑?」 (取材・構成 石塚良太) ISBN 978-4-3440-1333-9

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
福田康夫
日本の旗 内閣総理大臣
第92代:2008年 - 2009年
次代:
鳩山由紀夫
先代:
岡田克也
日本の旗 国務大臣副総理
2012年 -
次代:
現職
先代:
城島光力
日本の旗 財務大臣
第17代:2012年 -
次代:
現職
先代:
中塚一宏
日本の旗 特命担当大臣金融
第21代:2012年 -
次代:
現職
先代:
町村信孝
日本の旗 外務大臣
第137・138代:2005年 - 2007年
次代:
町村信孝
先代:
片山虎之助
日本の旗 総務大臣
第3・4・5代:2003年 - 2005年
次代:
竹中平蔵
先代:
額賀福志郎
日本の旗 経済財政政策担当大臣
第2代:2001年
次代:
竹中平蔵
先代:
田中秀征
日本の旗 経済企画庁長官
第53代:1996年 - 1997年
次代:
尾身幸次
議会
先代:
牧野隆守
日本の旗 衆議院外務委員長
1991年 - 1993年
次代:
伊藤公介
党職
先代:
福田康夫
自由民主党総裁
第23代:2008年 - 2009年
次代:
谷垣禎一
先代:
中川秀直
伊吹文明
自由民主党幹事長
第40代:2007年
第42代:2008年
次代:
伊吹文明
細田博之
先代:
亀井静香
自由民主党政務調査会長
第44代:2001年 - 2003年
次代:
額賀福志郎
先代:
結成
為公会会長
初代:2006年 -
次代:
現職
その他の役職
先代:
島村宜伸
日本会議国会議員懇談会会長
第2代:1997年 - 2003年
次代:
平沼赳夫
91
福田康夫
92
2008年 - 2009年
93
鳩山由紀夫

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛

寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一

濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎

阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂

片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮

三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹

宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎

安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦

Emblem of the Prime Minister of Japan.svg