竹下内閣 (改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹下改造内閣
内閣総理大臣 第74代 竹下登
成立年月日 1988年(昭和63年)12月27日
終了年月日 1989年(平成元年)6月3日
テンプレートを表示

竹下改造内閣(たけしたかいぞうないかく)は、竹下登が第74代内閣総理大臣に任命され、1988年(昭和63年)12月27日から1989年(平成元年)6月3日まで続いた日本の内閣である。

前の竹下内閣改造内閣である。

概要[編集]

1988年(昭和63年)12月24日消費税導入を柱とする税制改革法案が成立した。また、リクルート事件の影響により、前の竹下内閣の閣僚が責任を追及される場面も増えていた。そこで、人心一新を図って内閣改造を行い、発足した新内閣が竹下改造内閣である。しかし、わずかひと月の間に、リクルートとの不適切な金銭問題を指摘された2大臣が辞任する(長谷川峻原田憲)こととなった。

また、翌1989年(昭和64年)1月7日には昭和天皇崩御し、皇太子明仁親王皇位を継承。翌1月8日改元されて「平成元年」となったため、昭和平成の両時代をまたぐ内閣となった。

結果的には前述の消費税導入やリクルート事件への世論の反発で、末期には内閣支持率が5%前後と歴史的な低支持率を記録。1989年6月に退陣に追い込まれ宇野内閣へと引き継がれた。

この竹下改造内閣の在任期間中のトピックスとしては、

が挙げられる。

国務大臣[編集]

職名 氏名 所属 備考
内閣総理大臣 Takeshita small.jpg 竹下登 衆議院
自由民主党
竹下派
法務大臣 Replace this image JA.svg 長谷川峻[1] 衆議院
自由民主党
安倍派
Replace this image JA.svg 高辻正己[2] 非国会議員
外務大臣 Sosuke Uno 1977.png 宇野宗佑 衆議院
自由民主党
中曽根派
大蔵大臣 Replace this image JA.svg 村山達雄 衆議院
自由民主党
宮澤派
文部大臣 Replace this image JA.svg 西岡武夫 衆議院
自由民主党
(宮澤派)
国立国会図書館連絡調整委員
厚生大臣 Koizumi 2010 cropped.png 小泉純一郎 衆議院
自由民主党
(安倍派)
年金問題担当
農林水産大臣 Replace this image JA.svg 羽田孜 衆議院
自由民主党
(竹下派)
通商産業大臣 Replace this image JA.svg 三塚博 衆議院
自由民主党
(安倍派)
運輸大臣 Replace this image JA.svg 佐藤信二 衆議院
自由民主党
(竹下派)
新東京国際空港問題担当
郵政大臣 Replace this image JA.svg 片岡清一 衆議院
自由民主党
(中曽根派)
労働大臣 Replace this image JA.svg 丹羽兵助 衆議院
自由民主党
河本派
建設大臣 Replace this image JA.svg 小此木彦三郎[3] 衆議院
自由民主党
(中曽根派)
Takeshita small.jpg 竹下登[4] 衆議院
自由民主党
(竹下派)
自治大臣 Replace this image JA.svg 坂野重信 参議院
自由民主党
(竹下派)
国家公安委員会委員長 Replace this image JA.svg 坂野重信 参議院
自由民主党
(竹下派)
内閣官房長官 Keizo Obuchi.jpg 小渕恵三 衆議院
自由民主党
(竹下派)
総務庁長官 Replace this image JA.svg 金丸三郎 参議院
自由民主党
北海道開発庁長官 Replace this image JA.svg 坂元親男 参議院
自由民主党
(河本派)
沖縄開発庁長官 Replace this image JA.svg 坂元親男 参議院
自由民主党
(河本派)
防衛庁長官 Replace this image JA.svg 田沢吉郎 衆議院
自由民主党
(宮澤派)
経済企画庁長官 Replace this image JA.svg 原田憲[1] 衆議院
自由民主党
(竹下派)
Replace this image JA.svg 愛野興一郎[5] 衆議院
自由民主党
(竹下派)
科学技術庁長官 Replace this image JA.svg 宮崎茂一 衆議院
自由民主党
(宮澤派)
環境庁長官 Replace this image JA.svg 青木正久 衆議院
自由民主党
(中曽根派)
国土庁長官 Replace this image JA.svg 内海英男 衆議院
自由民主党
(竹下派)

内閣官房副長官・内閣法制局長官[編集]

職名 氏名 所属等
内閣官房副長官 小沢一郎 衆議院自由民主党竹下派
内閣官房副長官 石原信雄 元自治事務次官
内閣法制局長官 味村治 東京高等検察庁検事長

政務次官[編集]

前内閣の政務次官が1988年12月28日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b リクルート社からの政治献金発覚により辞任。
  2. ^ 1988年12月30日就任。
  3. ^ 衆議院議院運営委員長就任のため辞任。
  4. ^ 臨時代理、1989年6月2日就任。
  5. ^ 1989年1月25日就任。

外部リンク[編集]