渡辺国武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渡辺国武

渡辺 国武(渡邊 國武、わたなべ くにたけ、1846年3月29日弘化3年3月3日) - 1919年大正8年)5月11日)は、日本官僚政治家子爵。旧姓は小池。第2次伊藤内閣大蔵大臣逓信大臣第4次伊藤内閣の大蔵大臣を歴任した。兄は伯爵 渡辺千秋

生い立ち[編集]

1846年(弘化3年)3月3日信濃国諏訪郡東堀村(後の長野県岡谷市)に諏訪高島藩士の家に生まれた。父政徳は、武士の子が桃の節句に生まれたのでは具合が悪いということで藩庁に端午の節句の5月5日生まれと届けている。両親と早く死別したため、兄の千秋とともに祖母の手によって養育された。10歳の時にコレラにかかるが一命を取り留める。その後、藩校長善館に入り読書や武芸に精進する。当初、同じ信州出身の兵学者佐久間象山に学ぼうと考えたが、象山が暗殺されたため江戸藩邸に勤務しながらフランス語などを学ぶ。1868年明治元年)京都御所の警備のため藩主諏訪忠礼に従い上洛する。たまたま渡辺が門の警衛に当たっていたときに大久保利通が鑑札無しで御所に入ろうとしたことを拒否したことが機縁となり、その職務忠実ぶりで目をかけられるようになる。

大久保利通に登用される[編集]

1871年(明治4年)廃藩置県の後、伊那県出仕となる。大久保は当時伊那県知事で同郷の永山盛輝を通じ、千秋、国武兄弟を東京に呼び出して民部省勤務とする。1873年(明治7年)大蔵省租税寮7等、ついで6等出仕となる。渡辺は大蔵卿大隈重信、租税頭松方正義地租改正局総裁の大久保の下、地租改正に取り組む。

征韓論をきっかけに自由民権運動が全国に澎湃とすると、1876年(明治9年)渡辺は高知県に権県令として派遣される(当時の高知県は現在の徳島県域も含む)。渡辺は内務卿となった大久保にあえて細かい現地の情報を伝えることはせず、1877年(明治10年)西南戦争が勃発し高知県も西郷軍に呼応して挙兵する動きを押さえることに成功する。1878年(明治11年)高知県令に昇るが、翌1879年(明治12年)高知県内の郡合併が内務卿の許可なく行われたとして責めを負って辞任する。

大蔵省復帰[編集]

渡辺国武

渡辺は京都に引きこもり、その間、英語、フランス語、ドイツ語を学ぶとともに一切経を読破する。1881年(明治14年)明治十四年の政変によって渡辺に期待をかけていた松方正義が参議大蔵卿になり、そのこともあって福岡県令に就任し官界に復帰する。1882年(明治15年)松方によって大蔵省に戻り、調査局長、1886年(明治19年)主計局長を経て、1888年(明治21年)大蔵次官に就任する。

蔵相就任[編集]

1892年(明治25年)品川弥二郎内相による選挙大干渉によって第1次松方内閣は総辞職した。その後を襲って第2次伊藤内閣が成立する。伊藤博文首相は、組閣に当たり維新の元勲の総出で内閣を組織したが、大蔵大臣には松方前首相の就任が有力視される中で、下馬評を覆す形で渡辺が起用された。1892年11月、第4帝国議会に政府は予算案を提出する。総選挙に勝利した野党は予算案に反対し、軍艦新造費全額削減と予算案の11パーセント減額修正を求め対立する。このときは明治天皇が6年間御内帑金30万円を下賜し建艦費に充てるという和協の詔勅を発布されたため、政府野党ともに矛を収めた。

1900年(明治33年)伊藤博文が立憲政友会を結成すると渡辺は政友会創立委員としてこれを助けた。同年第4次伊藤内閣の蔵相に就任する。渡辺は緊縮財政のため、官業中止、事業の延期、酒税、砂糖税増税を実施しようとする。衆議院は大隈重信の憲政本党の賛成で通過するが、貴族院の反対にあい、明治天皇の詔勅で危機を脱した。しかし、明治34年度および明治35年度予算案編成に当たり、緊縮財政を主張して現在行われているものも含めた全ての公債発行事業の停止を提案した。政府・政友会は緊縮予算の必要性については認めていたが、そのために地方から政友会の代議士に寄せられていた陳情を星亨原敬が必死に押し留めて現在行われている公債発行事業の完成を優先すると言う党内合意を取り付けた直後の提案であった事から、これに対しては旧憲政党系閣僚だけではなく、西園寺公望金子堅太郎末松謙澄ら官僚系閣僚からも非難を受けて閣内で孤立した。第4次伊藤内閣は閣内不統一で総辞職することとなった。このとき渡辺は辞表を奉呈を拒否し、伊藤に辞表撤回を求めたが、衆寡敵せず。内閣総辞職後に諭旨免官となった。

晩年[編集]

閣内不統一を引き起こしながら、辞表を拒否したことで渡辺は失脚し、事実上政界引退を余儀なくされた。それでも欧米を外遊後、日露戦争前後では対露強硬論を主張、戦争後もポーツマス条約反対を主張した。その後脳卒中の発作を起こし一命を取りとめ、以後麻布の屋敷や伊豆の別荘で静謐な晩年を送った。1919年5月11日死去。73歳。

渡辺は生涯独身を通したため、兄・千秋の三男・千冬を養子に迎えた。千冬衆議院議員貴族院議員司法大臣を歴任している。因みに、孫・は初代財務官を務めた。

渡辺が独身であった理由として、鳩山和夫の夫人で鳩山一郎の母親、鳩山春子に失恋したためと伝えられている。

外部リンク[編集]


公職
先代:
松方正義
松方正義
松方正義
日本の旗 大蔵大臣
第2代:1892 - 1896
第4代:1896 - 1896
第9代:1900 - 1901
次代:
松方正義
松方正義
西園寺公望
先代:
黒田清隆
日本の旗 逓信大臣
第4代:1895
次代:
白根専一