名東県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

名東県(みょうどうけん)は、阿波国讃岐国淡路国を範囲とした。範囲は、当初は現在の徳島県および兵庫県淡路島であったが、長らく香川県も含まれていた。県庁所在地は徳島1871年12月26日に設置され、1876年8月21日に廃止された。

概要[編集]

県名は、県庁が置かれた名東郡徳島(現在の徳島市)の郡名に因む。約4年9か月だけ存在した。

県の領域は変動したが、その過半の期間(約2年7か月)は、阿波国・淡路国・讃岐国の3国を領域とした。初期(約1年3か月)と末期(約11か月)には、阿波国・淡路国の2国のみから構成され、これは旧徳島藩の領地と一致していた。

沿革[編集]

管轄地域[編集]

国・郡
1871
1871 1871

1873
1873

1875
1875

1876
1876

1880
1880

1888
1888

現在
淡路国 津名郡(一部) 徳島藩 兵庫県 名東県 兵庫県
津名郡(残部)
三原郡
徳島県
阿波国 高知県 徳島県
讃岐国 (略) 香川県 香川県 愛媛県 香川県

歴代知事[編集]

関連項目[編集]

先代:
徳島県阿波国および淡路国の一部)
兵庫県の一部(淡路国津名郡
香川県(第1期)
行政区の変遷
1871年 - 1876年
次代:
高知県(阿波国)
兵庫県(淡路国)
香川県(第2期)