津名郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
兵庫県津名郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域)

津名郡(つなぐん)は、兵庫県淡路国)にあった

郡域[編集]

1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、淡路市の全域および洲本市の大部分(鮎屋、池田、池内、宇原、桑間、下加茂、上加茂、下内膳、奥畑、五色町上堺、五色町下堺より南西を除く)にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

律令制のころの郡衙は現在の淡路市郡家にあったと推測される。1640年ごろに稲田氏洲本城入りし、徳島藩陪臣として淡路国を所領とした。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
津名郡 9座(大1座・小8座)
淡路伊佐奈伎神社 -イサナキノ 名神大 伊弉諾神宮 兵庫県淡路市 淡路国一宮 [1]
伊勢久留麻神社 イセクルマノ
石屋神社 イハヤノ
築狭神社 ツキサノ
賀茂神社 カモノ
由良湊神社 ユラノミナトノ
志筑神社 シチクノ
岸河神社 キシカハノ
河上神社 カハカミノ
凡例を表示


近世[編集]

志筑畑村、竹谷村、■志筑中田村、北谷村、古宮村、■佐野村、■興隆寺村、■育波村、■蟇浦村、■上山村、■来馬村、■釜口村、■浦村、■楠本村、■白山村、■谷村、■河内村、■小田村、■中持村、■岩屋浦、■下田浦、■仮屋浦、■机南村、■机浦[1]、■轟木村、■大川村、■平林村、■江崎村、■長畠村、■仁井村、■久野々村、■畑村[2]、■黒谷村、■大坪村、■田野尻村、■斗ノ内村、郡家中村、多賀村、桃川村、郡家浜村、郡家浦[3]、尾崎村、北山村、柳沢村、草加北村、草加中村、草加南村、高山村、深草村、都志本村、入野村、山田中村、葛尾村、吉田村、都志宮村、米山村、万歳村、別所村、小山田村、栢野村、塔下村、鮎原上村、鮎原中村、鮎原下村、田所村、鳥飼下村、鳥飼上村、広石下村、広石中村、広石上村、広石北村、宇谷村、南谷村、三野畑村、角川村、鮎原西村、下物部村、上物部村、小路谷村、由良浦、内田村、畑田村、中津川村、相川村、千草村、塩屋村、炬口浦、厚浜村、市原村、安坂村、宇山村、塩尾浦、中川原村、二ツ石村、安乎中田村、宮野原村、安乎下村、上畑村、山田原村、下司村、塩田里村、■志筑浜村、■志筑浦[4]、■生穂浦[5]、■中ノ内村[5]、■野田尾村、下大町村、上大町村、檜原下村、先ノ郷村、井手村、下川井村、上川井村、遠田村、■志筑池ノ内村、■王子村、室津村、■舟木村、三木田村、■大谷村、■長沢村、鳥飼中村、洲本城下[6]、■石田村、遠田新村、■神田原村、檜原上村、江井浦[7]

近現代[編集]

町村制以前[編集]

  • 明治10年頃 - 机浦・石田村が合併して富島村となる。(1町55村6浦)
  • 明治12年(1879年1月8日 - 郡区町村編制法の兵庫県での施行により、行政区画としての津名郡が発足。「津名三原郡役所」が洲本城下に設置され、三原郡とともに管轄。

町村制以降[編集]

1.上灘村 2.由良町 3.洲本町 4.物部村 5.潮村 6.千草村 7.中川原村 8.安乎村 9.塩田村 10.志筑町 11.中田村 12.生穂村 13.佐野村 14.釜口村 15.来馬村 16.浦村 17.岩屋町 18.仁井村 19.富島村 20.浅野村 21.育波村 22.室津村 23.尾崎村 24.郡家村 25.多賀村 26.大町村 27.江井村 28.山田村 29.都志村 30.鮎原村 31.広石村 32.鳥飼村(紫:洲本市 赤:淡路市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・淡路市。(2町30村)
    • 上灘村(単独村制。現・洲本市)
    • 由良町(由良浦が単独町制。現・洲本市)
    • 洲本町(洲本城下[10]が単独町制。現・洲本市)
    • 物部村(単独村制。現・洲本市)
    • 潮村(潮浦が単独村制。現・洲本市)
    • 千草村 ← 築狭村、小路谷村(現・洲本市)
    • 中川原村 ← 細石村、安田村、清水村(現・洲本市)
    • 安乎村 ← 平安村、平安浦、豊秋村(現・洲本市)
    • 塩田村(塩田浦が単独村制)
    • 志筑町(志筑村が単独町制)
    • 中田村 ← 中田村、阿知岡村
    • 生穂村 ← 大谷村、生穂村、長沢村
    • 佐野村 ← 佐野村、興隆寺村
    • 釜口村(単独村制)
    • 来馬村 ← 仮屋浦、久留麻村
    • 浦村 ← 浦村、中山村、楠本村
    • 岩屋町 ← 岩屋浦、箙村
    • 仁井村 ← 常盤村、仁井村、野島村、小田村
    • 富島村(単独村制)
    • 浅野村 ← 浅野村、斗ノ内村
    • 育波村 ← 育波村、黒谷村、生田村
    • 室津村(単独村制)
    • 尾崎村 ← 尾崎村、遠田村
    • 郡家村(単独村制)
    • 多賀村 ← 河合村、井谷村、多賀村
    • 大町村 ← 大町村、木曽村
    • 江井村 ← 垂井村、柳沢村
    • 山田村 ← 山田村、草香村
    • 都志村 ← 都志村、万歳村(現・洲本市)
    • 鮎原村 ← 吉田村、相原村、河上村、神陽村(現・洲本市)
    • 広石村(単独村制。現・洲本市)
    • 鳥飼村 ← 鳥飼村、鳥飼浦(現・洲本市)
  • 明治29年(1896年7月1日 - 郡制を施行。郡役所が洲本町に設置。
  • 明治25年(1892年1月22日 - 仁井村の一部(野島村・常盤村)・岩屋町の一部(箙村)が分立して野島村が発足。(4町29村)
  • 明治42年(1909年1月1日 - 洲本町・物部村・潮村が合併し、改めて洲本町が発足。(4町27村)
  • 明治45年(1912年3月1日 - 来馬村が町制施行のうえ改称して仮屋町となる。(5町26村)
  • 大正3年(1916年6月1日 - 千草村の一部(小路谷村)が洲本町に編入。
  • 大正5年(1918年)4月1日 - 千草村が洲本町に編入。(5町25村)
  • 大正12年(1923年)4月1日(7町23村)
    • 郡会が廃止。郡役所は存続。
    • 江井村が町制施行して江井町となる。
    • 郡家村が町制施行して郡家町となる。(7町23村)
  • 大正13年(1924年
    • 4月1日 - 富島村が町制施行して富島町となる。(8町22村)
    • 6月1日 - 都志村が町制施行して都志町となる。(9町21村)
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年
  • 昭和8年(1933年)4月1日 - 洲本町が三原郡加茂村大野村を編入。
  • 昭和15年(1940年2月11日 - 洲本町が市制施行して洲本市となり、郡より離脱。(10町19村)
  • 昭和22年(1947年1月20日 - 上灘村が洲本市に編入。(10町18村)
  • 昭和30年(1955年
    • 3月22日 - 仁井村・野島村・富島町・浅野村・育波村・室津村が合併して北淡町が発足。(10町13村)
    • 3月31日(8町9村)
      • 中川原村・安乎村・由良町が洲本市に編入。
      • 尾崎村・郡家町・多賀村・江井町が合併して一宮町となる。
    • 4月1日 - 塩田村・志筑町・中田村・生穂町・佐野町・大町村が合併して津名町になる。(6町6村)
  • 昭和31年(1956年
    • 4月1日(5町3村)
      • 山田村が一宮町に編入。
      • 釜口村・仮屋町・浦村・岩屋町が合併して淡路町が発足。
    • 9月30日 - 都志町・鮎原村・広石村・鳥飼村が三原郡堺村と合併して五色町が発足。(5町)
  • 昭和36年(1961年6月19日 - 淡路町の一部(下田・河内・白山・浦・谷・中持および仮屋・久留麻・楠本・釜口の各一部)が分立して東浦町が発足。(6町)
  • 平成17年(2005年)4月1日 - 津名町・淡路町・北淡町・一宮町・東浦町が合併して淡路市が発足し、郡より離脱。(1町)
  • 平成18年(2006年)2月11日 - 五色町が洲本市と合併し、改めて洲本市が発足。同日津名郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 記載は机浜村。
  2. ^ 記載は机畑村。
  3. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。石高は郡家浜村に含む。
  4. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。石高は志筑浜村に含む。
  5. ^ a b 生穂中ノ内村1村として記載。
  6. ^ 記載は津田村。本項では便宜的に1町に数える。
  7. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  8. ^ 公的資料では43村浦となっているが、一部で郷帳類で2村浦を1村として扱っているものを反映しているとみられる。
  9. ^ 稲田家の北海道開拓費を兵庫県が負担したことによる。
  10. ^ この時点では洲本山下町、洲本馬場町、洲本汐見町、洲本内通町、洲本細工町、洲本漁師町、洲本大工町、洲本船場町、洲本水筒町、洲本外通町、洲本幸町、洲本常盤町、洲本築地町、洲本川傍町、洲本上清水町、洲本下清水町、洲本紺屋町、洲本下屋敷町が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]