入間県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

入間県(いるまけん)は、1871年明治4年)に武蔵国北部を管轄するために設置された。現在の埼玉県の大半、東京都多摩地方の一部にあたる。

概要[編集]

現在の埼玉県のエリアでは、明治政府戊辰戦争下で政情を掌握し武蔵知県事が管轄できた地区の1つとして(主に天領知行所)、大宮県1869年3月10日(旧暦明治2年1月28日)にまず誕生する。明治天皇はそれに先立ち大宮の氷川神社などに行幸している。続いて版籍奉還により川越藩忍藩岩槻藩の各藩主知藩事になる。 同年11月2日(旧暦9月29日)、大宮県は浦和県に変更される。1871年8月29日(旧暦明治4年7月14日)に廃藩置県川越県の他、忍県岩槻県が誕生する。こうして現在の埼玉県内には川越県・忍県・岩槻県という幕藩体制での旧城下町と浦和県の合計4県が出揃った。

同年12月25日旧暦11月14日)に川越県を除く3県は合併して埼玉県(旧埼玉県)となる。最大の人口・版図を有した川越県のみ、品川県の一部を吸収して入間県となった。入間県の県庁は川越城本丸に置かれたが、旧埼玉県の県庁は岩槻と定められたものの、岩槻は岩槻城の本丸を幕末に焼失して適当な建物がなく、先行した浦和県の県庁舎が置かれていた浦和宿・鹿島台の本陣を当面の仮県庁とした。また忍藩の領地で忍県だった熊谷は、大里郡なので埼玉県ではなく入間県になった。

こうして、現在の埼玉県には入間県と旧埼玉県という2つの県が生まれた。

入間県と埼玉県[編集]

3県が合併したものの、旧埼玉県は武蔵国全22郡の内、埼玉郡、それに足立郡の北部と葛飾郡の一部分という3郡だけであり、埼玉という県名も岩槻と忍のあった一郡名である埼玉郡から取られた(1878年郡区町村編制法で二分され岩槻の「南埼玉郡」と忍の「北埼玉郡」になる)。葛飾郡は江戸時代の寛永年間までは全域が下総国であった。

一方の入間県は武蔵国の全22郡の内、大半の14郡(下記参照)から成り、武蔵国の東端に偏頗した旧埼玉県の2.5倍に達する広大な面積で、県西部・県北部・秩父地方などから構成された。大区小区制で旧埼玉県には24区が設けられたが、広大な入間県は実に11大区94小区に分けられた。

1874年明治7年)の埼玉県師範学校(現在の埼玉大学教育学部の前身)や埼玉県立学校の創設など仮県庁の浦和の思惑で進む旧埼玉県に対し、一方の入間県は、1873年明治6年)6月15日県令河瀬秀治が兼務していた群馬県(第一次群馬県)と合併して熊谷県となり、さらに巨大な区域に拡大した。

旧入間県の区域は1876年明治9年)8月21日の熊谷県の解体で、今度は旧埼玉県と合併されたが、埼玉県という名称のまま、地域的にも人口的にも大(旧入間県)が小(旧埼玉県)に吸収される形で今日の埼玉県が出来上がった。新埼玉県誕生時の人口は896,107人、戸数168,820戸であった。 現在の「埼玉県民の日」(11月14日)もこの入間県と合併した今の新埼玉県の誕生日ではなく、忍県・岩槻県・浦和県が合併した旧埼玉県の誕生した日(旧暦の11月14日)となっている。

この太政官布告による「明治9年の合併(第2次府県統合)」は問題を山ほど抱えた合併で、旧長野県筑摩県(現在の松本市など)吸収、旧静岡県浜松県吸収、旧福岡県小倉県(現在の北九州市など)吸収、など今日まで決して消えたとは言えない地域間の連綿とした不平等や軋轢をあちこちで生むことになる。廃藩置県は、伝統的に育まれた(封建制での)地域社会の独自性や固有の文化を、新政府の一方的な中央集権政策で不自然に破壊したとも言える。こうした全国各地の反発から1883年(明治16年)5月9日の太政官布告で富山県佐賀県宮崎県が独立・置県することになる。

新生・埼玉県でもその後、1884年明治17年)には秩父事件が起こるが浦和の県庁は対応に失敗する。1887年明治20年)3月10日、埼玉県知事(前年に県令から名称変更)は内務大臣熊谷への県庁の移転を内申する。12月には県庁の移転を求める大規模な運動が熊谷など旧入間県で発生し大きく揺らいでいく。江戸時代を通して武蔵国一の大藩であった川越も商業力を発揮して、1878年明治11年)12月17日に県内最初の銀行で県下唯一の国立銀行である第八十五国立銀行を開業させるなど浦和を優越していく。そうした状況であったが、1890年明治23年)9月25日勅令公布で浦和は初めて正式な県庁所在地とされる。

しかし7年後の1897年明治30年)、府県制が実施に移され自治体としての埼玉県が確立し、初の埼玉県会議員選挙が行われることとなると、大規模な県庁移転運動が県内全域で再燃する。そして12月25日、県庁を旧入間県の熊谷に移転する建議が県会で正式に可決される。しかし、これは内務省に「不可」として却下される。

日本有数の広大な川幅・河川敷を有する荒川の両岸では歴史的にも生活・文化圏を異としており、浦和との繋がりが全く無く江戸東京との結びつきが中心で、「埼玉」という名称に無関係であり違和感のある荒川西岸では、埼玉県からの離脱を求める声が続くことになる。武蔵国の先進地域を自負してきた入間郡比企郡秩父郡児玉郡などは特に「反埼玉」感情が強い。また、県庁はそうした荒川西岸の地域を一貫して冷遇していく。歴史ある新座郡(現在の朝霞4市など)は1896年明治29年)3月29日、橋が1つも無く渡し舟しかなかった荒川の対岸にある浦和の北足立郡に編入され消滅する。旧新座郡地方は、昭和になっても埼玉県からの離脱・東京府への編入の請願を繰り返し出していくことになる。

城下町官幣大社門前町・歴史的に交通の要衝である大宿場町などが「県都」に指定されるのが常であった。最大の城下町・川越、門前町・大宮中山道最大の宿場町・本庄がそれに該当する。しかし、埼玉の場合、中山道の宿場町ではあったが規模・人口は県内の宿場の中でも狭小で過疎の宿でしかなかった浦和宿を県都としたことから、県は他県に例を見ない県庁都市偏重行政を一貫して推し進め、地場産業や地元資本のない浦和を育成した。技術的観点から鉄道の分岐点が大宮に置かれたことや、県内相互を連絡する東西交通網の発達が遅れたこともあり、浦和を中心にした県造りが高コストとなったばかりでなく、「埼玉県の歴史は浦和の歴史」と揶揄される歪な公共投資は、県内で複雑な軋轢を生む結果となった。旧入間県域と旧埼玉県域の軋轢のみならず、隣接する大宮や川口においても浦和に対し現在まで強い不平等感を連綿と抱くこととなる。昭和初期に至っても、埼玉県内で最大の人口を擁する都市は、歴史と地場産業の蓄積がある川越で次いで熊谷であった。市制施行もその順番で、旧入間県の諸都市が自力で旧埼玉県域の諸都市を大きく先行していく。当時、市制施行の目安となる人口に及ばない浦和と大宮は合併協議を続けたが纏まらず、それぞれ周辺の村を吸収して市制を施行した(浦和は県内4番目、大宮は5番目の市制施行)。しかし関東大震災後の東京都心からの人口移動を契機に、浦和は東京のベッドタウンとして本格的な人口増加を迎え、戦後の高度経済成長期には国鉄沿線の旧埼玉県域の川口・浦和・大宮の人口が旧入間県域の諸都市を凌駕し、旧入間県域の諸都市の相対的地位は著しく低下した。浦和・大宮・与野2001年平成13年)に合併し県内唯一の100万都市であるさいたま市となり、川口も2011年平成23年)に鳩ヶ谷を合併し50万都市になるなど旧埼玉県域主要都市の都市化が進む一方で、旧入間県域には川越や秩父にかつての栄華を偲ばせる町並みや祭事など有形無形の文化遺産が多く残り、埼玉県を代表する主要な観光地となっている。

終戦直後の1948年昭和23年10月25日、県庁職員の放火により浦和の県庁舎の大部分が焼失すると、その後3日のうちに大宮と熊谷が県庁の誘致に乗り出し激しい誘致合戦が起こった。特に大宮は1950年昭和25年)の「県庁復興対策特別委員会」の決戦投票まで浦和と争った。 明治4年の太政官達で正式に県庁とされた岩槻は奇怪なことに、2005年平成17年4月1日にさいたま市に併合されるまで、一度も県庁所在地になることはなかった。

純粋な公選となった戦後の埼玉県知事でも、大沢雄一(葛飾郡)、栗原浩(埼玉郡)、畑和(埼玉郡)、土屋義彦(埼玉郡)と続き、上田清司を唯一の例外として、東部の旧埼玉県を生地・居住地とする知事が続いた。

鉄道という公共交通という観点からみても、旧入間県域は私鉄東武東上線西武池袋線、ならびに西武新宿線沿線が中心であり、JR京浜東北線埼京線沿線の旧埼玉県域とはかなり趣が異なっている。それ故、旧埼玉県と旧入間県との間を鉄道で移動するには、池袋など東京都に行かなければならない場合がある。

沿革[編集]

管轄地域[編集]

歴代知事[編集]

  • 1871年(明治4年)11月13日 - 1872年(明治5年)9月2日 - 参事・小笠原幹(前秋田県参事、元福井藩士
  • 1872年(明治5年)9月2日 - 1873年(明治6年)2月7日 - 権令・沢簡徳(元幕臣
  • 1873年(明治6年)2月7日 - 1873年(明治6年)6月15日 - 県令・河瀬秀治(群馬県県令を兼務。元宮津藩士)

関連項目[編集]

先代:
川越県
行政区の変遷
1871年 - 1873年
次代:
熊谷県
神奈川県多摩郡