渡辺勝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渡辺勝三郎

渡辺 勝三郎(わたなべ かつさぶろう、1872年2月12日明治5年1月4日) - 1940年昭和15年)9月24日)は、日本内務省官僚岡山県井原町(現井原市)出身。

経歴[編集]

岡山藩士小姓格、渡辺徳一郎の三男として生まれる。岡山中学早稲田専門学校共立学校第一高等学校を経て、1896年(明治29年)7月、帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。内務省に入り内務属となり県治局に配属。同年11月、文官高等試験に合格。奈良県参事官広島県参事官、福島県書記官和歌山県香川県の各第一部長兼第三部長、香川県・京都府の各内務部長などを歴任。

1908年明治41年)7月から1914年大正3年)4月まで徳島県知事を務め、内務省地方局長に転じた。1917年大正6年)12月から1919年(大正8年)4月まで新潟県知事、同年4月から1921年(大正10年)5月まで長崎県知事をそれぞれ務めた。

1922年(大正11年)11月より横浜市長を務め、関東大震災後の復興につとめた。市長退職後の1925年(大正14年)から1928年昭和3年)まで東洋拓殖株式会社総裁を務めた。その後、1936年(昭和11年)4月、高松宮家別当、1937年(昭和12年)に宮中顧問官に就任。

親族[編集]

  • 妻 渡辺ミサオ(松本三郎陸軍軍医監の娘)
  • 渡辺次郎(内務省官吏)

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。