永井柳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
ながい りゅうたろう
永井 柳太郎
Ryutaro nagai.jpg
1929年(昭和4年)頃
生年月日 1881年4月16日
出生地 日本の旗 日本 石川県金沢区
没年月日 1944年12月4日(満63歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都京橋区
出身校 早稲田大学
オックスフォード大学
前職 評論家
所属政党 憲政会→)
立憲民政党→)
(無所属→)
翼賛政治体制協議会→)
翼賛政治会
称号 従二位
勲一等旭日大綬章
親族 長男・永井道雄文部大臣
孫・鮫島宗明衆議院議員
配偶者 永井次代(三浦徹の長女)

日本の旗 第45代 逓信大臣
内閣 阿部内閣
任期 1939年8月30日 - 1940年1月16日

日本の旗 第17代 鉄道大臣(兼任)
内閣 阿部内閣
任期 1939年8月30日 - 1939年11月29日

日本の旗 第42代 逓信大臣
内閣 第1次近衛内閣
任期 1937年6月4日 - 1939年1月5日

日本の旗 第6代 拓務大臣
内閣 斎藤内閣
任期 1932年5月26日 - 1934年7月8日

選挙区 石川県第1区→)
石川県第1区
当選回数 8回
任期 1920年5月10日 - 1944年12月4日
テンプレートを表示

永井 柳太郎(ながい りゅうたろう、1881年明治14年)4月16日 - 1944年昭和19年)12月4日)は、大正から昭和にかけて活躍した日本政党 政治家憲政会立憲民政党所属。大日本育英会(現:日本学生支援機構)創立者。

来歴・人物[編集]

石川県金沢士族の家に生まれる。石川県尋常中学同志社中学関西学院普通学部を経て早稲田大学を卒業。在学中早稲田大学雄弁会に所属し、同会での演説が大隈重信に認められオックスフォード大学に留学。帰国後は母校の早稲田大学で植民学の教鞭をとる。

1917年(大正6年)の第13回総選挙石川県第1区に憲政会から立候補するが、政友会中橋徳五郎に203票差で敗れる。中橋が大阪9区に回った1920年(大正9年)の第14回総選挙では政友会の米原於菟男を破って初当選した[1]。以後連続8回連続当選。民政党幹事長、斎藤内閣拓務大臣第1次近衛内閣逓信大臣を務め、阿部内閣では鉄道大臣と逓信大臣を兼任した。

大隈と同様、グラッドストンを深く尊敬しており、1922年(大正11年)にはグラッドストンの伝記を著している。またグラッドストンの反帝国主義思想を受け継いで拓相在任中には帝国主義政策の改善にあたった[2]

荘重さを本領とする雄弁家として知られ、歯に衣着せぬ演説で高名だった中野正剛と対称をなした。また敬虔なクリスチャンでもあった。1982年(昭和57年)5月3日放送のNHK特集「昭和の名演説」に出演した長男の永井道雄によると、柳太郎は演説の前には必ず「演説によって一人でも多く良い影響を与えられますように、また一人でも悪い影響を与えませんように」と祈りを捧げていたという。また演説は「お金の代わり」、すなわち金銭によらない選挙を実現するための道具と捉えていたという。

民政党内では親軍派の中心におり、聖戦貫徹議員連盟に参加。近衛文麿主唱の新体制運動にもいち早く呼応し、1940年(昭和15年)には同志議員35名とともに民政党を離党。民政党解党・大政翼賛会合流の先鞭をつけた。

大政翼賛会では常任総務・東亜局長を務めた。1943年(昭和18年)、大日本育英会創立とともに会長に就任。

1944年(昭和19年)12月4日死去。道雄の話では、東京で空襲が本格化する状況下、「国民に申し訳ない」と言い残して永眠したという。

親族[編集]

妻の次代は明治時代に活躍した日本基督教会の牧師・三浦徹の長女である。三木内閣文部大臣を務めた永井道雄は長男、民主党の衆議院議員だった鮫島宗明は孫にあたる。

また西武グループ総帥の堤康次郎とは親戚関係にあり、同グループ役員の永井外吉と柳太郎は従兄弟同士で、外吉の妻・ふさ子は堤康次郎の妹にあたる。

手がけた政策[編集]

語録[編集]

  • 「来たり、見たり、敗れたり」
    1917年(大正6年)の第13回総選挙で落選した際に金沢兼六園内でおこなった敗北報告の演説より(シーザーの戦勝報告「来た、見た、勝った (Veni, Vidi, Vici) 」をもじったもの)。
  • 「西にレーニン、東に原敬
    1920年(大正6年)の初当選後に衆議院で初めて行った演説より(「選挙の天才」原総理率いる政友会が第14回総選挙で地滑り的大勝を収めたことを受けて、原を独裁者レーニンに喩えたもので、永井はこの演説で初に懲罰を受ける羽目になった)。

出典[編集]

  1. ^ 佐久間竜太郎 編『北陸人物名鑑 大正11年版』124頁
  2. ^ 杉原(1995) p.237
  3. ^ 佐和隆光基礎科学の軽視が国を滅ぼす」、『Kei』第67号、ダイヤモンド社、2007年5月、2008年11月26日閲覧。

出典[編集]

外部リンク[編集]