村田省蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
村田省蔵
むらた しょうぞう
Murata Shozo.jpg
生年月日 1878年9月6日
没年月日 1957年3月15日
出身校 高等商業学校一橋大学の前身)
前職 大阪商船(現商船三井)社長
称号 勲一等瑞宝章

内閣 第2次近衛内閣
第3次近衛内閣
任期 1940年 - 1941年

内閣 第2次近衛内閣
第3次近衛内閣
任期 1940年 - 1941年
テンプレートを表示

村田 省蔵(むらた しょうぞう、1878年9月6日 - 1957年3月15日)は日本実業家政治家

来歴・人物[編集]

東京府尋常中学校(東京都立日比谷高等学校の前身)、国民英学会を経て、1900年高等商業学校一橋大学の前身)卒業。1952年社団法人如水会理事長

1900年大阪商船(商船三井の前身)入社。同副社長等を経て、1934年同社長就任。1939年貴族院議員1937年日中戦争の勃発に伴い、海運の戦時体制確立を主張し、海運自治連盟を結成して、自ら理事長に就任した。

1940年逓信大臣鉄道大臣1942年大日本帝国陸軍第十四軍(フィリピン占領軍)最高顧問、1943年初代駐フィリピン特命全権大使1945年運輸省顧問等を歴任も、1946年公職追放及びA級戦犯容疑にて巣鴨拘置所入所。

1951年外務省顧問、1954年比島賠償会議担当特命全権大使。昭和研究会委員、日本国際貿易促進協会初代会長、大阪ロータリークラブ初代副会長等も務めた。国貿促会長として1955年訪中、周恩来首相と会談して信頼関係を築き、同年結ばれた日中貿易協定に日本側委員長として調印した。

逓信大臣時代に電力国家統制を手がけ、日本発送電・八配電会社体制を実現させた。また海の記念日(のち海の日)を創設した。


公職
先代:
勝正憲
日本の旗 逓信大臣
第47代:1940 - 1941
次代:
寺島健
先代:
松野鶴平
小川郷太郎
日本の旗 鉄道大臣
第20代:1940
第22代:1941
次代:
小川郷太郎
寺島健