伍堂卓雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
伍堂 卓雄
ごどう たくお
Takuo Godō.jpg
生年月日 1877年9月23日
出生地 日本の旗 日本 東京府
没年月日 1956年4月7日(満78歳没)
出身校 東京帝国大学工科大学造兵学科

内閣 林内閣
阿部内閣
在任期間 1937年2月2日 - 1937年6月4日

内閣 林内閣
阿部内閣
在任期間 1937年2月2日 - 1937年6月4日
1939年8月30日 - 1940年1月16日

内閣 阿部内閣
在任期間 1939年8月30日 - 1939年10月16日
テンプレートを表示

伍堂 卓雄(ごどう たくお、1877年明治10年)9月23日 - 1956年昭和31年)4月7日)は、日本政治家実業家、海軍造兵中将東京府士族[1]。正三位。工学博士[1]

生涯[編集]

東京府士族伍堂卓爾の長男[1]

広島県中学校東京府尋常中学校二高を経て、1901年(明治34年)に東京帝国大学工科大学造兵学科卒業。その後海軍造兵中技師や海軍大学校教官などを経て、1924年大正13年)に呉海軍工廠長となり、同年海軍造兵中将進級。

1928年(昭和3年)、南満州鉄道(満鉄)によって朝鮮に設立が予定されていた昭和製鋼所の準備のため満鉄顧問となり、ドイツに派遣され、研究や設備の調達に当たった[2]。 翌年、京城府に設立された昭和製鋼所の社長、ならびに満鉄理事となる[2]。1937年(昭和12年)には林内閣商工大臣鉄道大臣となり、同年貴族院勅選議員に勅任される。

1938年(昭和13年)には日本商工会議所会頭と東京商工会議所第7代会頭に就任。翌年、多くの同郷出身で構成されたため「石川内閣」「阿部一族」などと皮肉られた阿部内閣でも商工大臣兼農林大臣に就任した。当時まだ満州にあった岸信介の商工次官への起用を、前任次官の村瀬直養の強い反対を押し切って決定した。1942年(昭和17年)には日本能率協会会長、1945年(昭和20年)には軍需省顧問に就任している。

戦後A級戦犯容疑で一時巣鴨プリズンに拘留されるが、間もなく釈放され後に日本能率協会会長に復帰した。

編著書[編集]

著書
  • 『工業用金属材料学』博文館、1903年。
  • 『伸びゆく独逸 - ナチス・経済の実相を視る』日本評論社、1938年。
  • 『東の日本・西の独逸』金星堂、1938年。
編著
  • 『国防資源論』日本評論社、1938年。

家族・親族[編集]

伍堂家[編集]

石川県金沢市東京都
  • 妻・(東京、山田亦介四女)[1]
明治17年(1884年)7月生[1] - 没
大正7年(1918年)3月生[1] - 没
  • 女・英子[1]
明治45年(1912年)1月生[1] - 没
明治39年(1906年)1月生 - 平成5年(1993年)12月没

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録. 第10版』(昭和9年)上巻コ九四
  2. ^ a b 解学詩「昭和製鋼所の変遷 (2)」(翻訳・松田周治)『立命館経済雑誌』第38巻1号、立命館大学経済学部、1989年

外部リンク[編集]

公職
先代:
小川郷太郎
八田嘉明
日本の旗 商工大臣
第14代:1937 - 1937
第18-19代:1939 - 1940
次代:
吉野信次
藤原銀次郎
先代:
櫻内幸雄
日本の旗 農林大臣
第16代:1939 - 1939
次代:
酒井忠正
先代:
前田米蔵
日本の旗 鉄道大臣
第14代:1937 - 1937
次代:
中島知久平