玉澤徳一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
玉澤 徳一郎
たまざわ とくいちろう
生年月日 1937年12月16日(76歳)
出生地 岩手県宮古市(旧下閉伊郡田老町
出身校 早稲田大学大学院政治学研究科修了
前職 富士大学助教授
所属政党 自由民主党

日本の旗 第28-29代 農林水産大臣
内閣 小渕内閣第2次改造内閣
第1次森内閣
任期 1999年10月5日 - 2000年7月4日

日本の旗 第56代 防衛庁長官
内閣 村山内閣
任期 1994年6月30日 - 1995年8月8日

選挙区 旧岩手1区→)
比例東北ブロック
当選回数 9回
任期 1976年 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

玉澤 徳一郎(たまざわ とくいちろう、1937年12月16日 - )は、日本政治家

衆議院議員(通算9期)、防衛庁長官第56代)、農林水産大臣第28代第29代)を歴任した。

概要[編集]

岩手県下閉伊郡田老町(現在の宮古市)出身。岩手県立盛岡第一高等学校を卒業後、早稲田大学第二政治経済学部政治学科に入学。大学では早稲田大学雄弁会に所属。雄弁会の一期上に森喜朗、一期下に小渕恵三がいた。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了、政治学修士。学生時代から左翼が大嫌い(当時は学生運動の嵐の真っ只中)であることを公言していた。

奥州大学講師富士大学助教授海部俊樹の秘書を経て、1976年第34回衆議院議員総選挙で初当選。自民党清和政策研究会に属し、族議員(国防族、農林族)の重鎮と目されていた。2000年の農林水産大臣在任中に口蹄疫が発生し、対応にあたった。2000年の衆院選で現職農相ながら落選した。2003年の衆院選で返り咲き当選。

2007年夏に玉澤が代表を務める政党支部の領収書を偽造して重複計上した2004年分の政党支部虚偽記載問題が発覚。同年9月3日に責任を取る形で同党を離党し無所属となった[1]。無所属となったために2007年自由民主党総裁選挙に参加できなかった。政党支部領収書偽造問題では政党支部会計責任者職務代行であった公設秘書が政治資金規正法違反や有印私文書偽造・同行使の罪で訴追され、懲役1年6月執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。

自民党離党後も自民党の派閥清和政策研究会で活動を続け、2008年9月25日、自民党に復党した。2009年7月21日衆議院解散に伴い政界を引退。

愛称は「玉ちゃん」。選挙などの際には旧字体の「澤」でなく、画数の少ない「沢」を用い「玉沢徳一郎」と表記されることが多い。

社団法人日米平和・文化交流協会の理事を務める。議員時代は日韓議員連盟などに所属した。

来歴[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

議会
先代:
大石千八
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1986年 - 1987年
次代:
菊池福治郎
公職
先代:
中川昭一
日本の旗 農林水産大臣
1999年 - 2000年
次代:
谷洋一
先代:
神田厚
日本の旗 防衛庁長官
1994年 - 1995年
次代:
衛藤征士郎