渡部篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 渡部 篤
生年月日 1952年4月12日(62歳)
出身地 日本の旗福島県会津若松市
出身校 駒澤大学経営学部
学位・資格 経営学士
前職 福島県議会議員
世襲
選出選挙区 福島4区
当選回数 1回
所属党派 自由民主党(津島派)
ウェブサイト 元衆議院議員 渡部あつしのホームページ
テンプレートを表示

渡部 篤(わたなべ あつし、1952年4月12日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。福島県会津若松市出身。

略歴[編集]

福島県立若松商業高等学校駒澤大学経営学部卒業。衆議院議員八田貞義の秘書を務める。

30歳で会津若松市議会議員に当選し2期、福島県議会議員を4期務めた。2005年第44回衆議院議員総選挙自由民主党公認で出馬し、福島4区では敗れたが、比例東北ブロックで復活し初当選した。

2007年6月14日ワシントン・ポストに掲載されたアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を求める広告「THE FACTS」の賛同者に名を連ねた[1]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙には自民党の公認と公明党の推薦を受けて福島4区に出馬したが、比例復活もならず落選した[2]

次期総選挙には立候補せず政界を引退することを表明した[3]

著書[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]