大島理森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大島 理森
おおしま ただもり
生年月日 1946年9月6日(67歳)
出生地 青森県八戸市
出身校 慶應義塾大学法学部
前職 毎日新聞社社員
所属政党 自由民主党大島派
称号 衆議院永年在職議員
法学士(慶應義塾大学・1970年
親族 父・大島勇太郎
叔父・夏堀源三郎
公式サイト 自民党 衆議院議員 大島 理森(おおしま ただもり)WEBサイト

内閣 第1次小泉第1次改造内閣
任期 2002年9月30日 - 2003年4月1日
議員会館 衆議院第2議員会館812号室

内閣 第2次森内閣
任期 2000年7月4日 - 2000年12月5日

日本の旗 第32代 環境庁長官
内閣 村山改造内閣
任期 1995年8月8日 - 1996年1月11日

選挙区 旧青森1区→)
青森3区
当選回数 10回
任期 1983年12月19日 - 現職
元首 青森県

選挙区 八戸市選挙区
当選回数 2回
任期 1975年4月23日 - 1980年6月
テンプレートを表示

大島 理森(おおしま ただもり、1946年9月6日 ‐ )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(10期)、番町政策研究所会長、自民党青森県連会長。大島派領袖、青森県議会議員(2期)。

閣僚としては、国務大臣環境庁長官第32代)、文部大臣第128代)、国務大臣科学技術庁長官第61代)、農林水産大臣第34代)を歴任。

党務では、自民党国会対策委員長(第45・49代)、自由民主党幹事長(第44代)、自由民主党副総裁(第12代)を歴任。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

青森県八戸市尻内町出身。衆議院議員などを歴任した夏堀源三郎は叔父にあたる。青森県立八戸高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業し、法学士号を持つ。大学卒業後は、毎日新聞社に勤務した。

政界入り[編集]

青森県議会議員を経て1983年第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以降10回連続当選(当選同期に田中直紀熊谷弘二階俊博野呂田芳成衛藤征士郎田中秀征尾身幸次北川正恭町村信孝伊吹文明自見庄三郎野呂昭彦中川昭一鈴木宗男甘利明など)。新聞社出身としてスパイ防止法案に反対するなど当初はハト派的姿勢が強かったが、一方で気配りの政治家として知られる。

河本敏夫の側近であった。また、田名部匡省(2010年引退)・田名部匡代親子との「八戸戦争」で地元・八戸市の政界を二分している。

自民党国会対策委員長を2度務め、通算での在任記録は歴代1位。国対委員長時代に築いたパイプにより、党内外に幅広い人脈を持つ。野中広務古賀誠との交流で知られたが、清和政策研究会にも太いパイプを持つ。高村派誕生時には河本系の議員を率いて大島グループ独立(及び他派との合流)も噂されたが、高村正彦への派閥移譲に尽力し、名実ともに派のナンバー2となる。

小泉政権[編集]

国対委員長としての働きも評価されて小泉内閣では農林水産大臣として再入閣したが、2002年10月の就任後、様々な疑惑が取りざたされたため、2003年4月1日に辞任した[1]

具体的には、以下の疑惑が問題とされた。

  • 政策秘書が、公共工事などに絡み、口利き料を得ていたとされる疑惑(下記参照)。
  • 医療技術専門学校設立をめぐる口利き疑惑。
  • 国会答弁に際し衆議院法制局に想定問答集の作成を依頼したとされる疑惑。

安倍政権[編集]

第1次安倍改造内閣に絡み、麻生太郎幹事長との人脈から、自民党国会対策委員長に就任。安倍総理退任後の自民党総裁選では、明確な意思表示を避けながらも麻生への支持を匂わせた。

福田政権[編集]

福田康夫内閣組閣、党人事刷新に当たり、国対委員長としての力量を買われ留任、参議院で野党過半数というねじれ国会に臨むことになった。テロ新法審議の最中に守屋武昌防衛事務次官に絡む山田洋行事件が発覚。11月15日の参議院外交防衛委員会の証人喚問で山田洋行の宮﨑元伸との宴席に額賀福志郎財務大臣(当時)が同席していたと答弁し、額賀に疑惑が浮上した際には党として額賀の行動を調査し、民主党の追及に対して、額賀と宮崎が宴席に同席していない証拠を提示するなどして反論した。

2008年初頭の、ガソリン国会に絡み与党内で検討された「つなぎ法案」については、つなぎ法案に慎重な福田康夫首相の意を汲み、アジア・アフリカ問題研究会結成以来、親交の深い河野洋平衆議院議長に斡旋を要請。両院議長斡旋案による与野党合意に至ったが、この合意でガソリン暫定税率維持法案が期限までに可決できず、1ヶ月間ガソリン税が下がり、ガソリン料金が乱高下する事態を招いた。

麻生政権[編集]

2008年11月、麻生総理大臣の「ホッケの煮付け」発言に対して、「そのようなものは存在しない」と指摘した(ホッケの煮付けは実在はするが一般的なものではない)[2][3]。12月1日、自民党国対委員長としての通算在職日数が1128日となり、中川秀直を抜いて歴代1位となった(連続在職日数は中川が1位である)。

2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙青森3区から出馬。青森県建設業協会の推薦を受け[4]、次点の民主党元職・田名部匡代との票差が367票という大接戦を制し、9選。なお、テレビ朝日系と日本テレビ系の選挙速報では、大島の選挙区での落選が伝えられており、大島はこれを受けて支持者に対するお詫び会見まで行ったが、後に誤報だったことが判明した。

谷垣執行部入り[編集]

2009年9月29日、前日に自民党総裁に就任した谷垣禎一の下で国対委員長から転じて幹事長に就任した(後任の国対委員長には谷垣と同派閥の川崎二郎が就いた)。就任当初は鳩山由紀夫内閣の高支持率の前に国会運営でも押され気味で、与党の強行採決を許し、審議拒否戦術も結局は空振りに終わり、平将明ら中堅・若手議員からはテレビ出演時の大島の顔が「怖い」などと苦言を呈され[5]、執行部の人心一新を求める声が絶えないなど苦境が続いた。しかし、翌年にかけて民主党の支持率が低下していく一方で、自民党は地方選挙で地道に勝利を収めていったため、求心力を維持した。7月11日、菅内閣の下で行われた第22回参議院議員通常選挙では、参議院一人区に的を絞った選挙戦術や公明党との選挙協力が奏功し、自民党が改選第1党となりねじれ国会をもたらす勝利を成し遂げた。

2010年9月9日副総裁への就任が決定。参院選で勝利した大島の交代には異論があったが、若手からの世代交代論とのバランスを取る形で、副総裁への昇格という形が取られた(後任の幹事長は石原伸晃)。このため、選挙対策や国会対策の実務においては、引き続き大島の意向が強く働き、実際選挙準備や与野党協議を巡って大島の動きが報じられることが多かった[6]。特に東日本大震災以後の与野党協力の気運の中で、民主党の実力者であった仙谷由人らと大連立を視野に入れた協議を断続的に行っていたが、実現には至らなかった[要出典]

2012年10月には副総裁を退任。新たに副総裁となった高村正彦と入れ替わる形で番町政策研究所会長となり、大島派が発足した。青森県から派閥領袖が出るのは平成研究会津島雄二に続き2人目である。

政策[編集]

外国人参政権反対[編集]

2010年1月12日、民主党が成立を目指す外国人参政権について「各県の議会などで反対の意見書が数多く出ている[7]。今の時点で明確な結論は出ていないが、そういう声を尊重しながら議論したい」と述べ、慎重な姿勢を示した[8]。なお、大島は2009年の時点で外国人参政権について「主権にかかわる問題だから党議拘束なしには抵抗感を持つ」と述べており、外国人参政権については党議拘束をかける可能性を示唆している[9]

2010年4月17日、永住外国人への地方選挙権付与に反対する集会に出席し、「(外国人参政権に)断固反対し、(法案成立)阻止を約束する[10]」「日本の主権、国民固有の権利を守るために我が党は断固反対だ[11]」「外国人参政権に反対し、皆さんとともに戦うことを誓う」と述べた[12]

女性宮家[編集]

女性宮家に反対[13]

選択的夫婦別姓制度[編集]

選択的夫婦別姓制度導入に反対[14]

献金[編集]

東京電力からの献金[編集]

東京電力や関連企業がパーティー券購入額の目安として、東京電力が政治家の電力業界での重要度を査定しランク付けしていた上位10議員の内の1人であったことが報じられた。議員秘書等から依頼に応じパーティー券を購入し、一回あたりの購入額を政治資金収支報告書に記載義務のない20万円以下にして東電からの資金の流れが表面化しないようにしていた[15]

不祥事[編集]

政策秘書の公共工事口利き疑惑[編集]

2002年に、政策秘書が公共工事などに絡み数千万円の口利き料を得ていたとの疑惑が浮上した。政策秘書は八戸市民病院八戸赤十字病院、JR八戸駅駅舎のほか町村などの工事にも絡み、「営業手数料」などの名目で口利き料を得ていたとされる[16]。事務所は「本人からは『心配ない。きちっと対応したい』という連絡があった。事務所としての対応もこれから詰めていく」とコメントしていたが、2003年3月の農林水産大臣辞任へと繋がった[17]

想定問答作成依頼[編集]

元秘書による資金流用疑惑に関して、大島が答弁に備え衆院法制局に想定問答の作成を依頼したとされる[16][17][18]。大島は協力を求めたことは認めたものの、「答弁作成の依頼はしていない」と否定。衆院法制局は「国会答弁で使われると認識していなかった」と釈明している。野党からは「法制局の公正中立や三権分立に反する」と批判された[18]

エピソード[編集]

  • 父の大島勇太郎は、長年にわたり青森県議会議員を務め、青森県議会議長などを歴任した。また、叔父の夏堀源三郎も衆議院議員として活動した。
  • 2003年の第43回衆議院議員総選挙直前に公共事業受注企業から1300万円の献金を受けていたと日本共産党は主張した[19]
  • 河本直系として三木派の流れを汲み、番町政策研究所の領軸を務めている。町村派麻生太郎安倍晋三などの党内保守派との関係も総じて良好である一方、公明党創価学会とも蜜月関係にある。
  • 八戸市議会議員の藤川優里参院選出馬が取り沙汰された際、八戸市を地盤に持つ大島も積極的に擁立に向けて動いたが、結局藤川は立候補しなかった[20][21]
  • 前述の副総裁就任後、大島の部屋を訪ねた河野太郎に対し、大島は「君が早くやめろやめろというものだから、今度は陽も当たらない部屋に押し込められることになったぞ。オレと一緒に悪役商会にでも入ったらどうだ。」と軽口を叩いたという[22]

略歴[編集]

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第156回国会 予算委員会 第15号
  2. ^ 近藤大介 (2008年11月10日). “麻生首相:ホッケは煮付け?焼き物?…なじみ薄露呈”. 毎日新聞. http://megalodon.jp/2008-1110-2150-48/mainichi.jp/select/seiji/news/20081111k0000m010089000c.html 2010年9月10日閲覧。 
  3. ^ “「ホッケの煮付け」と首相 メニューで浮世離れ露呈”. 47NEWS (共同通信社). (2008年11月10日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111001000917.html 2010年9月10日閲覧。 
  4. ^ 毎日新聞 2009年8月6日 地方版[リンク切れ]
  5. ^ “自民・大島氏「顔が怖い」”. 産経新聞. (2010年3月3日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100303/stt1003031943012-n1.htm 2010年10月10日閲覧。 
  6. ^ “シナリオなき「ねじれ政局」”. 毎日新聞. (2010年10月7日). http://mainichi.jp/select/seiji/forum/special/news/20101007org00m010028000c.html 2010年10月19日閲覧。 
  7. ^ 福井悠介、渡辺志帆、野村雅俊 (2010年1月8日). “外国人参政権、14県議会が反対 「保守」掲げ自民主導”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/politics/update/0108/TKY201001070489.html 2010年1月12日閲覧。 
  8. ^ “参政権法案、自民・大島氏は反対姿勢”. 産経新聞. (2010年1月12日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100112/stt1001121315003-n1.htm 2010年1月12日閲覧。 
  9. ^ “なぜ今、参政権法案?与野党に波紋、暗躍する推進派 党議拘束外しで急進展も (2/2ページ)”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2009年11月6日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091106/stt0911062212011-n2.htm 2010年3月26日閲覧。 
  10. ^ “「拒否権発動する」亀井氏、外国人参政権反対集会で表明”. asahi.com(朝日新聞. (2010年4月17日). http://www.asahi.com/politics/update/0417/TKY201004170211.html 2010年4月18日閲覧。 
  11. ^ “亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」”. YOMIURI ONLINE(読売新聞. (2010年4月17日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100417-OYT1T00637.htm 2010年4月18日閲覧。 
  12. ^ “外国人参政権「日本滅ぼす」=都内で反対集会-国民新の亀井氏”. 時事ドットコム(時事通信社. (2010年4月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041700274 2010年4月18日閲覧。 
  13. ^ 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  14. ^ 公式ページ
  15. ^ “東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入”. 朝日新聞. (2012年1月8日). http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY201201070496.html 2012年3月28日閲覧。 
  16. ^ a b “大島農水相の辞任 疑惑の幕引き許されない かばい続けた首相の責任重大”. しんぶん赤旗. (2003年4月1日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-04-01/02_04.html 2010年1月13日閲覧。 
  17. ^ a b “小沢事件をエラソーに批判する自民党幹部の前科違反疑惑”. 日刊ゲンダイ. (2010年1月21日). http://news.livedoor.com/article/detail/4560690/ 2010年1月21日閲覧。 
  18. ^ a b 『西日本新聞』 2003年4月4日
  19. ^ “首相ら19人に違法献金? 選挙中に、共産が調査”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年2月7日). http://www.47news.jp/CN/200302/CN2003020701000487.html 2013年4月23日閲覧。 
  20. ^ “「美人市議」の擁立断念 参院選で自民、本人固辞”. 産経新聞. (2010年4月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100430/stt1004301235007-n1.htm 2010年10月28日閲覧。 
  21. ^ “「怖すぎる幹事長」が説得失敗”. 産経新聞. (2010年4月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100430/stt1004302254013-n1.htm 2010年10月28日閲覧。 
  22. ^ http://www.taro.org/2010/09/post-808.php/河野太郎ブログごまめの歯ぎしり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
武部勤
日本の旗 農林水産大臣
第34代:2002年 - 2003年
次代:
亀井善之
先代:
中曽根弘文
日本の旗 文部大臣
第128代:2000年
次代:
町村信孝
先代:
中曽根弘文
日本の旗 科学技術庁長官
第61代:2000年
次代:
町村信孝
先代:
中曽根弘文
日本の旗 総理府原子力委員会委員長
第61代:2000年
次代:
町村信孝
先代:
宮下創平
日本の旗 環境庁長官
第32代:1995年 - 1996年
次代:
岩垂寿喜男
先代:
藤本孝雄
日本の旗 内閣官房副長官 (政務担当)
1990年 - 1991年
次代:
近藤元次
議会
先代:
甘利明
日本の旗 衆議院予算委員長
2005年 - 2006年
次代:
金子一義
先代:
中川秀直
日本の旗 衆議院議院運営委員長
1999年 - 2000年
次代:
藤井孝男
党職
先代:
山崎拓
自由民主党副総裁
第12代:2010年 - 2012年
次代:
高村正彦
先代:
細田博之
自由民主党幹事長
第44代:2009年 - 2010年
次代:
石原伸晃
先代:
古賀誠
二階俊博
自由民主党国会対策委員長
第45代:2000年 - 2002年
第49代:2007年 - 2009年
次代:
中川秀直
川崎二郎
先代:
高村正彦
番町政策研究所会長
第4代:2012年 -
次代:
現職