幣原喜重郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
幣原 喜重郎
しではら きじゅうろう
Kijuro shidehara.jpg
幣原喜重郎の肖像写真
生年月日 1872年9月13日
出生地 日本の旗 日本 大阪府茨田郡門真一番村
没年月日 1951年3月10日(満78歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
出身校 帝国大学法科大学 卒業
前職 外務官僚
所属政党 (無所属→)
同和会→)
日本進歩党→)
民主党→)
同志クラブ→)
民主クラブ→)
民主自由党
称号 従一位
勲一等旭日桐花大綬章
男爵
法学士(帝国大学・1895年
配偶者 幣原 雅子
サイン ShideharaK kao.png

日本の旗 第40代 衆議院議長
任期 1949年2月11日 - 1951年3月10日

内閣 幣原内閣
任期 1945年10月9日 - 1946年5月22日
天皇 昭和天皇

内閣 濱口内閣
任期 1930年11月14日 - 1931年3月10日

内閣 第1次吉田内閣
任期 1947年5月3日 - 1947年5月24日

内閣 第1次吉田内閣
任期 1946年6月15日 - 1947年5月24日

その他の職歴
日本の旗 初代 第一復員大臣(兼任)
1945年12月1日 - 1946年5月22日
日本の旗 初代 第二復員大臣(兼任)
1945年12月1日 - 1946年5月22日
日本の旗 第43-44代 外務大臣
1929年7月2日 - 1931年12月13日
日本の旗 第40-41代 外務大臣
1924年6月11日 - 1927年4月20日
日本の旗 衆議院議員
1947年4月26日 - 1951年3月10日
日本の旗 貴族院議員
1926年1月29日 - 1947年4月25日
日本の旗 第2代 日本進歩党総裁
1946年4月23日 - 1947年3月31日
テンプレートを表示

幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう、1872年9月13日明治5年8月11日) - 1951年昭和26年)3月10日)は、日本外交官政治家位階従一位勲等勲一等爵位男爵。 

外務大臣(第40414344代)、貴族院議員内閣総理大臣臨時代理内閣総理大臣第44代)、第一復員大臣初代)、第二復員大臣初代)、復員庁総裁初代)、副総理衆議院議員衆議院議長(第40代)などを歴任。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

大阪府門真一番村(現・門真市)の豪農の家に生まれた。兄・は教育行政官、台北帝国大学初代総長。大阪城そばにあった官立大阪中学校から、第三高等中学校(首席卒業)を経て、1895年明治28年) 帝国大学法科大学卒業。

戦前[編集]

1921年10月24日ワシントン会議にてロバート・ウッズ・ブリス(左から1人目)、ロバート・クーンツ(左から3人目)、加藤寛治(右から3人目)、田中国重(右から2人目)、アンドレ・ブリュースター(右から1人目)と
タイム1931年10月12日号の表紙に掲載された幣原

1915年大正4年)に外務次官となり、ワシントン会議においては全権委任をつとめる。外務大臣になったのは1924年(大正13年)の加藤高明内閣が最初であった。以降、若槻内閣(1次2次)、濱口内閣憲政会立憲民政党内閣で4回外相を歴任した。

彼の1920年代自由主義体制における国際協調路線は「幣原外交」とも称され、軍部の軍拡自主路線「田中外交」と対立した。ワシントン体制に基づき、対米英に対しては列強協調を、民族運動が高揚する中国においては、あくまで条約上の権益擁護のみを追求し、東アジアに特別な地位を占める日本が中心となって安定した秩序を形成していくべきとの方針であった。そのため、1925年(大正14年)の5・30事件においては、在華紡(在中国の日系製糸会社)の中国人ストライキに対して奉天軍閥張作霖に要請して武力鎮圧するなど、権益の擁護をはかっている。

1926年(大正15年)に蒋介石国民革命軍率いて行った北伐に対しては、内政不干渉の方針に基づき、アメリカとともにイギリスによる派兵の要請を拒絶。しかし、1927年(昭和2年)3月に南京事件が発生すると、軍部や政友会のみならず閣内でも宇垣一成陸相が政策転換を求めるなど批判が高まった。こうした幣原外交への反感は金融恐慌における若槻内閣倒閣の重要な要素となった。

1930年(昭和5年)にロンドン海軍軍縮条約を締結させると、特に軍部からは「軟弱外交」と非難された。1931年(昭和6年)夏、広東政府の外交部長陳友仁が訪日し、張学良を満洲から排除し満洲を日本が任命する政権の下において統治させ、中国は間接的な宗主権のみを保持することを提案したが、幣原外相は一蹴した。その後、関東軍の独走で勃発した満州事変の収拾に失敗し、政界を退いた。幣原外交の終焉は文民外交の終焉であり、その後は軍部が独断する時代が終戦まで続いた。

なお、濱口内閣時代には、濱口雄幸総理の銃撃による負傷療養期間中、宮中席次の規定により次席であった幣原が内閣総理大臣臨時代理を務めた。立憲民政党の党員でなかった幣原が臨時代理を務めたことは野党立憲政友会の批判の的となり、また同じく批判されたロンドン条約については天皇による批准済みであると国会答弁でしたことが天皇への責任転嫁であると失言問題を追求された[1]。その際の首相臨時代理在任期間116日は最長記録である。

第2次若槻内閣の総辞職以降は表舞台から遠ざかっていたが、南部仏印進駐の頃に近衛文麿に今後の見通しを訊かれ、「南部仏印に向かっている陸軍の船団をなんとか呼び戻せませんか?それが出来ずに進駐が実現すれば、絶対アメリカとの戦争は避けられません」と直言した逸話が残っている。

戦後[編集]

1945年10月9日幣原内閣の閣僚らと

第二次世界大戦が終結し、吉田茂の後押しもあったといわれるが、戦後に内閣総理大臣に就任。当時引退済みで、本人は首相に指名されたことを嫌がって引っ越しの準備をしていたが、昭和天皇じきじきの説得などもあり政界に返り咲いた。幣原の再登場を聞いた古手の政治記者が「幣原さんはまだ生きていたのか」と言ったという逸話が残るほど、当時の政界では忘れられた存在となっていたが、親英米派としての独自のパイプを用いて活躍した。ただし、吉田が幣原を首相に推したのは吉田の政治的な地位作りのためであったともいわれている。

GHQの占領政策に基づき憲法草案を作るが、保守的な幣原の草案はGHQに拒否される。旧憲法下最後、そして女性参政権が認められた戦後初の総選挙となる第22回衆議院議員総選挙日本自由党が第一党となり総辞職、第1次吉田内閣が発足する。幣原は無任所の国務大臣として入閣(のちに復員庁総裁兼務)。1947年(昭和22年)の第23回衆議院議員総選挙で初当選。日本進歩党総裁となり、民主党の結成にも参加したが、片山内閣社会主義政策を批判して田中角栄原健三郎本間俊一中山マサ小平久雄ら幣原派の若手議員とともに民主自由党に参加、衆議院議長に就任する。内閣総理大臣経験者の衆議院議長は初めてであった(その後も例がない)。1951年(昭和26年)3月10日、議長在任中に78歳で死去。議長在任中の死去であったことから、葬儀は衆議院葬として行われた。

エピソード[編集]

外交官当時の幣原
  • 「幣原」という語彙は欧米人、とくに英語圏の人間にとっては発音しづらいものであったらしく、或る日、幣原は外国人記者から英語で次の様な質問をされた。
記者:「閣下。貴方のファミリーネームは『シデハラ』なのですか?それとも『ヒデハラ』なのですか?」
幣原:「私(男性)は、『ヒーデハラ(Heデハラ)』で、家内(女性)は『シーデハラ(Sheデハラ)』です。」
外交官出身なために英語に詳しく、旺盛なユーモア精神の持ち主でもあった幣原は、このように答えたという。周りの者は仕方が無いので追従笑いでごまかしたそうである。
  • 英語に関しては、まず英字新聞を和訳しその和訳文を再び英訳することを繰り返し学習したという。
  • 幣原は書道や文章に優れていることで外務省内には知られており、幣原が外務大臣だったときに次官を務めていた吉田茂は、省内の文書が次官の決裁後に大臣である幣原の下に届けられると、幣原が文面を全て校正してから決裁をすることを知って、「大臣の所に行った文書は書き直されてしまうのだから、大臣の決裁を貰ってからでないと次官の決裁は出せない」と皮肉を述べたところ、この話が幣原に伝わってしまい、暫くの間二人の仲は険悪になったと言われている。だが、東久邇宮内閣総辞職後にマッカーサーから後任総理について尋ねられた時、世間から忘れ去られていた幣原をマッカーサーに推挙したのは吉田であったという。
  • 経歴や行動からクエーカークリスチャンであったという説が有力だが判然としていない。

家族・親族[編集]

幣原喜重郎は幣原新治郎の次男として生まれた。新治郎の長男、つまり喜重郎の兄にあたる幣原坦(幼名・徳治郎)は東洋史学者で教育行政官[2]。坦の次女・澄江は農芸化学者古在由直の長男・由正に嫁いだ[2]。由正・澄江夫妻の長男が「コザイの式」で知られている天文学者古在由秀であり[2]、由正の弟、すなわち由直の次男がマルクス主義哲学者古在由重である[2]。古在由秀は最後の東京天文台(国立天文台の前身)台長及び国立天文台の初代台長を務め「星の手帖」(既に廃刊)の編集委員としても知られており、2009年平成21年)には文化功労者に選ばれている。また坦の孫にあたる幣原廣は弁護士で、古在由秀の従弟にあたる。第二東京弁護士会所属であり、副会長経験あり。多数の委員会活動に関与しているため、弁護士会では「多重会務者」などとと呼ばれている。

幣原喜重郎の妻・雅子は三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の四女。したがって喜重郎は加藤高明(春路夫人が弥太郎の長女)や岩崎久弥(弥太郎の長男、三菱財閥3代目総帥)、木内重四郎(磯路夫人が弥太郎の次女)らの義弟にあたる[3]。ただし春路・久弥・磯路の3人は弥太郎の正妻・喜勢が産んだのに対し雅子は妾腹の出である。したがって雅子は春路・久弥・磯路の異母妹にあたる。喜重郎・雅子夫妻は3人の男子をもうけた。長男・道太郎は元獨協大学教授、次男・重雄は元三菱製紙勤務、三男・平三は夭折。なお幣原内閣で大蔵大臣を務めた渋沢敬三も磯路の婿にあたる姻戚である[3]。渋沢敬三は渋沢栄一の孫にあたり、日銀総裁や大蔵大臣を務める傍ら、日本における民俗学の発展に多大な貢献をした学者でもある。また、1947年岩崎家との縁から、財団法人東洋文庫の理事長に就任し、三菱財閥解体をうけて運営危機に陥った同文庫を翌年に国立国会図書館支部として維持させることに成功した。戦前より続く日本の東洋学研究の中心であった同文庫を解散の危機から救ったその功績は今日少なからず評価されている。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
古在由直
 
 
古在由重
 
古在豊樹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清水貞幹
 
豊子
 
 
古在由正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
古在由秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
熊沢善庵
 
妙子
 
 
澄江
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原顕
 
幣原廣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原坦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原幸秀
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原新治郎
 
 
 
 
 
 
 
幣原元
 
和子
 
 
幣原和寿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原喜重郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原匡
 
 
岩崎弥次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原道太郎
 
幣原隆太郎
 
幣原慎一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥太郎
 
雅子
 
 
幣原重雄
 
 
今西健策
 
 
幣原幸二
 
 
 
 
 
 
 
美和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原平三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倶子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幣原章二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎久弥
 
岩崎彦弥太
 
岩崎寛弥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木内重四郎
 
 
木内良胤
 
木内昭胤
 
木内孝胤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木内信胤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
磯路
 
 
渋沢敬三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜勢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢雅英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤高明
 
 
登喜子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
悦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春路
 
 
 
 
 
 
岡部長衡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡部長景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡部長発
 
岡部長職
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡部長章
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
櫻井房記
 
須美
 
 
妙子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎毅太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥之助
 
 
岩崎輝弥
 
 
岩崎英二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎俊弥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後藤象二郎
 
早苗
 
 
岩崎小弥太
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作[編集]

※ただし刊行時期が、占領下(読売新聞社、1951年)であるため、戦後についての執筆部分の信頼性には、疑問の声もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 田中義一
  • 日本国憲法第9条(発案者をめぐる議論)
  • フリーメイソン - 総理大臣時代に「日本人にもフリーメイソンを」という当時の運動に理解を示した[4]
  • 岩崎家 - 三菱の創業者一族。幣原家と姻戚関係にある。
  • 中西輝政 - 幣原を「第一級の戦争責任を日本国民に対して負うべき人物」と批判している[5]
  • 三島由紀夫 - 幣原について、「世界恐慌以来の金融政策・経済政策の相次ぐ失敗と破綻は看過されてゐる」[6]、「不忠の臣」と述べ[7]、小説『英霊の聲』の中でも批判している。

脚注[編集]

  1. ^ 井上寿一『政友会と民政党』2012年、中公新書、p114
  2. ^ a b c d 新・未知への群像 古在由秀氏 1 - インターネット・アーカイブ内のページ
  3. ^ a b 『閨閥 新特権階級の系譜』 「三菱財閥」創業家・岩崎家 大財閥“三菱王国”を築いた岩崎一族の系譜 394-407頁
  4. ^ 島田四郎ほか「見えざる日本の支配者フリーメーソン」頁043-044 徳間書店 2010年
  5. ^ 「中華文明の本能を見誤った幣原喜重郎こそA級戦犯」『歴史の嘘を見破る-日中近現代史の争点35』 文春新書 2006年
  6. ^ 三島由紀夫二・二六事件について』(週刊読売 1968年2月23日号に掲載)
  7. ^ 三島由紀夫林房雄との対談)『対話・日本人論』(番町書房、1966年。夏目書房で新版、2002年)

外部リンク[編集]


議会
先代:
松岡駒吉
日本の旗 衆議院議長
第40代:1949年 - 1951年
次代:
林譲治
公職
先代:
東久邇宮稔彦王
日本の旗 内閣総理大臣
第44代:1945年 - 1946年
次代:
吉田茂
先代:
日本の旗 国務大臣副総理
1947年
次代:
芦田均
先代:
創設
日本の旗 復員庁総裁
初代:1946年 - 1947年
次代:
笹森順造
先代:
下村定(陸軍大臣)
日本の旗 第一復員大臣
初代:1945年 - 1946年
次代:
吉田茂
先代:
米内光政(海軍大臣)
日本の旗 第二復員大臣
初代:1945年 - 1946年
次代:
吉田茂
先代:
松井慶四郎
田中義一
日本の旗 外務大臣
第40・41代:1924年 - 1927年
第43・44代:1929年 - 1931年
次代:
田中義一
犬養毅
党職
先代:
町田忠治
日本進歩党総裁
第2代:1946年 - 1947年
次代:
民主党
第43代
東久邇宮稔彦王
44
1945年 - 1946年
第45代
吉田茂

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛

寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一

濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎

阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂

片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮

三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹

宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎

安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦

Emblem of the Prime Minister of Japan.svg